OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
◆musashiさん ..
by masaX at 12:43
大変ご無沙汰です おめ..
by musashi at 11:31
◆ミニミニさん あ..
by masaX at 22:13
おめでとうございました。..
by ミニミニ at 20:52
◆王英さん こんにちは..
by masaX at 13:44
ほほえみの裏はギラギラだ..
by 王英 at 23:38
◆はわいさん だは..
by masaX at 15:27
最新の記事
キャスターフォークを作り直す
at 2017-10-22 18:52
8インチ キャスター
at 2017-10-16 13:20
もう一度キャスターについて考える
at 2017-10-06 00:34
今回のレースで気付いた改良点
at 2017-09-27 22:43
レース本番 優勝
at 2017-09-24 17:49
軽量化
at 2017-09-11 11:36
タイヤ交換
at 2017-09-06 08:23
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

独り言・・・・

今日は 久しぶりに 独り言・・・・・・・





海水魚やサンゴの飼育 いわゆるマリンアクアリュームを始めて



まず誰もが思うのが どうしたら長期維持できるようになるのか?



というところでしょうが 実はこれは今の時代では 



昔と違って そんなに難しい事ではなくなってきている



昔のようにPCなどが普及していなかった頃は 



街にも海水魚を扱ってるショップはごく少数でしたが



その少ないショップへ通って



ショップで教えて貰うか あるいは 少ない雑誌(TMAなど)などを読んで勉強するか等



海水魚に関する知識をつけるには そんな方法しか無かった上に



その当時の情報は ショップで聞く情報も 雑誌に載ってる情報も 今から考えると



当然ですが正しくない情報が多かったので ショップで聞いたり 



雑誌で読んだりした情報を鵜呑みにせずに どれだけ自分でいろんな事を経験して 



自分の情報として蓄えていくか、



本当に正しい事は何か、という事を見つけていく必要があった





でも たくさんの情報が簡単に入手できるようになった現在では



多くの人から教えてもらう事もできるの上に



間違った情報も昔と比べて少なくなってきたので



経験を積めば ほとんどの人が ある程度の長期維持ができるようになってきました



でも だからといって 今は長期維持している人が それだけ増えたか?



と聞かれると そんなに増えていないような気がする



なぜ??


飼育に関する知識は 今なら どこからでも入手できるし 



デタラメな情報も一時と比べると減ってきた



最近では 実際に海水魚飼育を始めたばかりのビギナーが 



サンゴの飼育まで ある程度できるようになるのに 



5年も10年も掛かってるのは見た事が無いし



多くのビギナーが1~2年もすれば 



ベテラン勢と肩を並べて綺麗にサンゴを育てている気がする



それなのに なぜ長期維持(10年以上)できてる人がそんなに増えないのか?


単なるニモブームで一気に 一時的に海水魚ファンが増えてたのが原因か



とも思ったけれども いやいや それだけでは無いような気がする


では なぜ


ここからは 私の勝手な想像で・・・・・・独り言


生体の飼育は 上でも書いたように そんなにも難しくは無くなったのと



うまく飼えずに いろいろやってるときは ひょっとすると一番楽しい時かもしれない


何か一つ 機材を買って追加してうまくいったら嬉しくなって



もっと良くしたくなるのも当たり前で



小遣いができたら また新しく別の機材を買ったり 同じ物でも上級品に買い換える


すると また 少し状態が良くなる!!



当然、また嬉しくなる



嬉しくなると また次を買う!!(お金を出せば 良い物はいくらでもある)



こんなのは 誰でも当たり前の事で



もし私が 今の時代に始めてたら 私自身が 丸っきり それだったと思うし



きっと破産してたと思う(笑)



これは 機材と言うよりも システムそのものでも同じで



ウェットろ過だったのを ドライにすれば良くなった



ドライをフルドライにすれば もっと良くなった



濾材を前部抜いてベルリンにすれば ミドリイシまで飼えるようになった



ベルリンでは飽き足らずに ZEOvitにしたら サンゴがピカピカになった!!



こんな流れでしょうか・・・・



こうやって 素晴らしい機材やシステムが揃う事になると



生体を維持するのも 簡単になってくる



それまで 維持するのが難しいと思ってた生体が飼えるようになると



それはそれで 当然ですが楽しい



でもでも・・・・・



飼育が簡単になればなるほど 飼育する事の面白さは徐々に感じなくなってくる



上手く飼えてる事の喜びが無くなってくる



そのうち少しずつ飽きてくる・・・・



どんな趣味でもそうですが なかなか うまくいかないから面白い部分もたくさん有って



これがうまくできるようになると だんだん面白さがなくなってくる



でも 飽きてきたからと言っても 水槽の中では可愛い生体が元気で生きてるので



やめるわけにはいかず維持していく事になる


しかし それまでに揃えてきた機材やシステムは維持するだけでも それなりに



手間も掛かるし 当然 費用も掛かる



非常に分かり易いところで ZEOvitなどで考えてみると



本気でやれば 推奨されている飼育法をやっていくだけでも 



相当な量と種類の添加物や試薬が必要で



当然、費用も手間もそれなりに掛かってくる



私のような貧乏性には初めから とても手を出す気になれないけど



でも これが まだ 自分自身が上手くサンゴを飼いきれていない時なら 



たくさん使う添加剤を買うのも楽しいもので 小遣いを全部使っても苦にならないだろうし



状態が良くなりさえすれば 逆により多くを使うほうが楽しさも倍増するかもしれない



掛かる手間も 当然楽しい!!



でも でも


そのうち 簡単に飼えるようになって 維持する事に飽きてきても 



その手間や出費を 楽しく続けられるだろうか?



と考えた時に 



おそらく私なら 続かないだろう、と思う


生き物を飼い始めた人なのだから 多かれ少なかれ生き物に対する愛情は



あるだろうけれども 維持していく事(出費や手間)が 



楽しみではなくて義務感へと徐々に変わってくれば どうだろう??



言い方を換えると 生体を維持するのは非常に簡単で 



すばらしいシステムではあるけれども



同時にキーパー自身の小遣いや気持ちを長期維持するのが大変なシステムだと思える



要は、飼い主(キーパー)を維持するのが難しいシステムだと考えられないか?



そうなんです



私の様な変態は 手を出してはいけないシステムなんです(笑)




昔は 新しく良い機材を買いたくても それ自体が無かったので



生体を買う以外は そんなにも費用は掛からなかったし



いつまでやっても なかなか上手く飼えるようにならなかったので



いつまでも楽しかった



楽しかったというよりも 



「いつか必ず飼ってやる」



という意地の方が強かったかもしれない(笑) 



そうなんですよ



今の時代、このマリンアクアリュームを長期維持するには



生体を長期維持する事よりも キーパーである自分自身を長期維持していく事が



一番大切で 難しい事なんですね


初期投資は良いけれども 単に維持していく事が負担になるようだと続かないので



続けても苦痛にならないように できるだけ手間と費用がが掛からない



シンプルなシステムを作る事が大切だなぁ、と 特に最近 強く感じるところで



それを目指してます!!


要は自分自身を 簡単に長期維持できるようにシステムも含めて組み立てていく事です

お前は長すぎる、なんて言ってるのは誰??(笑)





元気に生きてる魚やサンゴといつまでも楽しく向き合えるシステムがいいです!!






[PR]

by masax7790 | 2011-12-20 22:34 | Comments(0)
<< コラリア4を2発 メガバイト >>