OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
最新の記事
フレーム補強
at 2018-02-13 11:41
ホイールアライメント その2
at 2018-02-09 21:51
ホイールアライメント
at 2018-02-03 12:49
グリップは弱い方が良いのか?
at 2018-02-02 23:12
テストラン
at 2018-01-24 10:40
チューブラータイヤ
at 2018-01-11 21:32
謹賀新年
at 2018-01-04 19:14
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

「激波」をオートウェーバーに

http://masax.blog.eonet.jp/default/2014/04/post-8cc2.html
からの続き


ここまで順調に進んできているオートウェーバーの開発


このオートウェーバーは、今までのウェーブコントローラー「激波」に組み込むのは面倒なので、別の回路で組んできて、完成すれば、「激波」と連結させて機能させるつもりだったので、波の動きを検知してポンプを制御する機能と別に、波に強弱を付ける為の信号をメインの「激波」から受け取って、ポンプの強弱を制御するプログラムを組み込む必要もあった。


しかし、別の回路で組むと、当然機械が一つ増える事になるし、まるっきりの素人作品みたいで、製品としても格好が良くないし、どうせ作るなら、今までの「激波」にオートウェーバーの機能を組み込んだ方が格好が良いので、方向転換して「激波」に組み込んでしまう事を考えてみた。


まずは「激波」のマイコンに追加のプログラムを追加するスペースがあるかどうか?、フラッシュメモリーの空きを見ると、容量の大きなチップで使用率がまだ30%程度なので、余裕でプログラムを入れる事はできる。


また、ジャイロセンサーを組み込む為のポートの空きとか、回路のスペースとか、ハード面を確認してみると、まずジャイロセンサーからの出力を拾って電圧を検知するポートが全てLCDに使っていて空きが無いので、LCDへの配線を1本だけ他のポートへ移設して、その空けたポートにジャイロからの信号を受ける配線を入れる。改造するのは、それだけなので、どって事はない。

ちょうど、ジャイロセンサーが壊れて取り寄せていて、それまで時間ができたので、早速、取り掛かる事にした。


配線をやり直すのは、簡単な事なので、すぐに終わり、次はプログラムを組み込む作業になる。


まずは、どんな風に、元の「激波」にジャイロの機能を組み込んでいくか?、というところからですが、ここは今までの、ノーマルモード、ランダムモード、ナイトモード、ミッドモード、ダブルモード、トリプルモード、周期テストモード に ジャイロノーマル、ジャイロランダム と2つのモードを追加する事にした。こうしておけば、たとえジャイロの機能が壊れても、ボタン一つで今までのタイマーを使ったモードに切り換える事ができるし、壊れたからって回路を繋ぎ直したりする必要もない。


それから、ジャイロ機能を組み込んでオートウェーバーとして稼動させれば、オートウェーバーとして稼働しながら周期の測定も同時に行う事ができるし、その測定した周期のデータを、元のタイマー制御のプログラムに反映させれば、そちらの設定も自動で行う事ができるようになる。


なんか凄いコントローラーができそうになってきた!!


高性能で、しかもACポンプとDCポンプを複数でシンクロさせる事ができる、こんなウェーブコントローラーは世界中探しても、まず存在しないだろう(笑)、なんて、メーカーがこんな物を開発しても商売にならないし、素人の自作でも、こんなどうでも良いような物を作る無駄な労力をつぎ込むバカは世界中探しても他には居らんはずやわ!!


そんな事はどうでも良い、として 


元の「激波」のプログラムを どんどん書き換えていく・・・・・・


少し書き換えてはテストして、これを繰り返してプログラムを組み立てていく 


電気回路のハード面は今でも「ど素人」ですが、プログラムを書く事自体はWindowsアプリケーションのプログラムから始まり、もう20年近くやってるので、どちらかと言うと得意分野!!


とは言え、マイコンのプログラムは、Windowsアプリケーションなどの高級言語のツールを使うのとは違って、高性能なデバッグツールが無いので、デバッグするのが手間が掛かって難しくて、なかなか思うように進まない。


それでも、ねばりと根性で書き続ける・・・・・・


そして、そうやって書き換えてるうちにも、新しく迷案だけじゃなくて、明案も浮かんでくるので、それも書き加えながら進んでいき、5時間以上使ってなんとか書き終えた。


そうこうしてるうちに注文していたジャイロが届いたので、早速セットしてテストしてみる。





よしっ 、動きは完璧だ!!


あとは、これで本当に波が立つのか??


ここからは、本当に水槽に設置するジャイロセンサーを組み立てていきます。



今日はここまで・・・・・・・・・


[PR]

by masax7790 | 2014-04-26 22:33 | WaveBox(造波装置)作製(自作) | Comments(0)
<< オートウェーバー実地テスト オートウェーバーのプログラム その2 >>