OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
最新の記事
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

キャスターを取り換えてみる

以前に車椅子のキャスター(前輪)をインラインスケートのウィールに換えてみて、まぁまぁ良い感じになってたんだけど、最終的には6インチのゴムキャスターの方が僅かに走りが良い事が分かり、ここ最近はずっと6インチのゴムキャスターを使っていた。
しかし、このゴムキャスターは走りを追求するために私が改造して丸かった接地面を扁平に改造していた為に薄くなっており、また削り落としたゴムの角の部分が弱く、路面の段差などですぐに欠けてしまい、最近はボロボロになってきている(笑)
e0359523_18112875.jpg
ボロボロと言うか、ズタズタと言うか・・・笑

インラインスケートのウィールは素材も固くて丈夫だし、6インチのウィールが有れば嬉しいんだけど・・・
でも、やはりインラインスケートでは5インチまでしか見付からない。
そんな感じに諦めムードになっていた頃、ふと良さそうな物を見つけた。

インラインスケートのウィールとよく似ているけれどもインラインスケート用ではなくて、キックボード用のウィールで、6インチの物が有る事が分かった。

そして取り寄せるために注文したのは良いが、入荷予定が6月の末か7月の頭くらいだとか(笑)
ちょっと遅すぎるので、そのウィールが来るまでの間に、キックボード用のウィールがどんな感じなのかを試すために6インチではないけど、すぐに入荷するであろう5インチのウィールを試しに取り寄せてみた。

e0359523_13245637.jpg
これだとタイヤの部分はゴムではなくて、インラインスケートやスケボーなどと同じ様な樹脂で、ウレタンになるのかな?

価格は1台分(2つ)で3780円
インラインスケートのウィールが練習用(低グレード)で2つで6000円ほどで、上級品(高グレード)だと2つで1万円くらいなんだけど、ほとんどの場合上級品は6つセットでないと買えなくて6つセットだとだいたい3万円くらい(6つも要らんし・・・笑)、車椅子用は今使ってるゴムのキャスターが1台分(2つ)で1万円くらい。

車椅子用が高いのは需要が非常に少ないので、ある意味仕方のない事だとは思う。
でも、キックボードとインラインスケートとどちらの需要が多いのかは分からないけど、価格にえらい差がある。(インラインスケート用の低グレード品が、キックボード用の高グレード品のおよそ2倍の価格。高グレード品同士だと3倍くらいになる)性能で比べても大きな違いは無いように思うんだけど・・・

この価格の差はなんなんだろう・・・?

以前に取り寄せたインラインスケートのウィール(練習用の低グレード品)と比べてみると
e0359523_13284169.jpg
e0359523_13285856.jpg
画像では分かり辛いけど、インラインスケート用は接地面が尖ってるのに対して、キックボード用は接地面が丸い感じ。(種類によっていろいろだけど)
そしてウレタンの固さはインラインスケート用に比べて少し軟らかい(あえて今回、軟らかいのを選んだだけで固いのはいくらでも有る)

とりあえず、まずは簡単に取り付けられるのかどうかを確認する必要があるが、ベアリングのサイズはFrogLegsのキャスターと同じだし取付幅も同じなので、何の改造も必要なく取り付ける事ができるはず。
e0359523_10350001.jpg
FrogLegsのキャスターを使ってる方なら、そのまま取り換えられるし、ノーマルのキャスターを使ってる方でもFrogLegs用のカラー↓
http://www.den-shin-doh.com/product/281
こんなのを買えば、改造しなくてもほとんどのキックボード用のウィールやインラインスケート用のウィールを使う事ができます。
私は「走り」だけを考えて取り換えてますが、FrogLegsのキャスターよりもキックボード用やインラインスケート用のウィールの方が格好も良くて価格も断然安いので、キャスターの交換を考えてる方にはお奨めです!!(ただし、ゴムキャスターのような軟らかいのはあまり無いので乗り心地重視の方にはお奨めしません)

とりあえず、実際に走ってみて、どんな違いがあるのかを感じてみる事にしよう。




[PR]

by masax7790 | 2017-06-07 11:20 | 車椅子 | Comments(0)
<< 実走テスト 新種のヨーグルト >>