OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
◆musashiさん ..
by masaX at 12:43
大変ご無沙汰です おめ..
by musashi at 11:31
◆ミニミニさん あ..
by masaX at 22:13
おめでとうございました。..
by ミニミニ at 20:52
◆王英さん こんにちは..
by masaX at 13:44
ほほえみの裏はギラギラだ..
by 王英 at 23:38
◆はわいさん だは..
by masaX at 15:27
最新の記事
キャスターフォークを作り直す
at 2017-10-22 18:52
8インチ キャスター
at 2017-10-16 13:20
もう一度キャスターについて考える
at 2017-10-06 00:34
今回のレースで気付いた改良点
at 2017-09-27 22:43
レース本番 優勝
at 2017-09-24 17:49
軽量化
at 2017-09-11 11:36
タイヤ交換
at 2017-09-06 08:23
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

ツインウィールキャスター

これまで車椅子を如何に走らせるか?、という事で車椅子用のゴムキャスターをはじめ、インラインスケート用、キックボード用と車椅子のキャスター(前輪)についていろいろ試しながら考えてきた。

普通なら車椅子のメインになってるのは前輪よりも後輪なので「走り」を考えるときにはまず最初に後輪の事を考えるのが普通かと思うけど、後輪については「走り」という事だけを考えた時に、ホイールについては現在使っているスポークタイプのホイール以外にカーボンタイプなども存在するが、カーボンホイールなど価格は目ん玉が飛び出るほど高いが、実際にはスポークホイールより重いのが多かったり、たとえ軽くてもマラソンなどのほぼ一定速度で走るレースの場合はそれほど「走り」が軽くなる訳でも無いので「コスパ」が非常に悪くて考える気にはなれないし、ホイールの性能によってタイムがそれほど変わるものでは無いはずだとも思っている。
またタイヤについても、もう私の中では2種類の選択肢しかなく、その一種類は現在使っているシュワルベの「ライトラン」そして本番のレース用に同じくシュワルベの「シュワルベワン」。「ライトラン」は決して安いタイヤではないが、まだ普通に使う気になれる価格帯だけど「シュワルベワン」はかなり高性能な様だけど普段使いにする気になれる価格ではないので、あくまでもレース本番用にと考えてるけど、どちらにしてももう決まっていて迷いはない。

また、あくまでも私個人の考えだけれども単純に「走り」だけを考えたときに、後輪の性能の違いよりも前輪の性能の違いのほうが何倍も「走り」に差が出ると思っているので、今の私は後輪よりも前輪(キャスター)の性能に意識が向いている。

そして、ここまでのテストの結果として、ある程度整ったアスファルトでの「走り」だけを考えたときに重要なのが
・キャスターの径
・キャスターの硬さ
この2点が非常に重要である事は、おそらく趣味で自転車に乗られる方などは「当たり前」に感じてられる事だと思うけど、もう一つ重要だけど勘違いされ易いのが
・キャスターの接地幅(タイヤの太さ)
この接地幅に関しては、自転車(ロードレーサー)などのタイヤが非常に細い事やインラインスケートのウィールにしてもレース用は尖っていて接地幅が非常に狭い事などから、タイヤはできるだけ細い方がよく走ると考える人も多いけれども、ここは勘違いし易いところで、実は転がり抵抗だけを考えた時には同じ空気圧(硬さ)ならタイヤが太い方が転がり抵抗だけを見れば小さくなるという事。これはタイヤが同じ硬さなら、幅が大きいほどタイヤの変形が小さくなり、変化が小さくなる事によって無駄に消費されるエネルギーが小さくなり結果として転がり抵抗も小さくなるという事で、要するによく走るようになる。
ただ、見落としてはいけないのが、タイヤを太くすれば、それだけ重量が重くなるし、空気抵抗も大きくなる事、そして自転車などの場合では高耐圧で太いタイヤを作るのが難しい事。それも合わせてバランスを考える必要がある。

また、キャスターの硬さに関しても、硬い方がよく走るとは言え、硬過ぎると整ったアスファルトであっても路面の細かい凹凸を拾ってしまって、それが振動となり、その振動がエネルギーを無駄に消費する事になり、結果としては「走り」が悪くなる。

そんなところをいろいろ考えて、一つ目のキャスターの径については6インチ以上は入手困難なため5インチを使う事とし
次のキャスターの硬さとしては、まだ結論は出ていないがインラインスケートの中でも「硬い」と呼ばれる80A以上の硬さのウィールを使えば良い事が分かったけれども、最後がキャスターの接地幅!!

この接地幅についてはできるだけ大きなものを使いたいが、車椅子用ならワイドタイプが有って私も今まで使ってきたけど「走り」は今一だったので、インラインスケートあるいはキックボード用で幅の広い物を探したけれども入手可能な物は見付からず、どれもおよそ23~25mm程度の幅までしかない。
理想としては、今まで使ってきたワイドタイプのゴムキャスターの幅で、硬さがインラインスケート用のウィールの硬さがあれば理想なんだけど、そんな物は存在しないので、存在しなければ自分で作るしかない・・・笑


そして、最終的にいろいろ考えて作ってみたのがこれ↓
e0359523_21034339.jpg
名付けて「ツインウィールキャスター」

インラインスケート用の尖った接地面をディスクグラインダーで研磨して扁平加工したものを2つ合わせて、接地幅を2倍にした。
これで、硬さはインラインスケート用と同じで接地幅はワイドタイプのゴムキャスターよりも広くなった。

当然重量は重くなったし、空気抵抗も大きくなるけど、後輪と違ってどちらも元が小さいのでどれだけ「走り」に影響するのか?
また、操作性はどうか?

とりあえず、まずはいつもの下り坂で実走テスト。


結果としては、キャスターの全幅が大きくなったせいか?、高速時にキャスターのブレが発生するようになり、ブレが発生すると失速気味となったので、キャスターのオフセットを大きくしてみた。
すると、ブレはほとんど発生しなくなったけど、スピードとしては扁平加工したシングルのキャスターの方が少し速い。
もう少し、キャスター角などを調整してみて結果を出すつもりだけど
この「ツインウィールキャスター」は企画倒れになったかもしれない(笑)

[PR]

by masax7790 | 2017-06-25 21:06 | 車椅子 | Comments(0)
<< 良さそうな6インチのキャスター プーケット >>