OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
最新の記事
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

良さそうな6インチのキャスター

いろいろ探し回っていて、やっと良さそうなキャスターを見つけた。

なぜか「キャスター」と呼ぶのは車椅子の分野だけで、他の分野では「ウィール」あるいは「ホイール」と呼ぶので、私もこれから「キャスター」と呼ばずに「ウィール」と呼ぶようにしよう(笑)
「ウィール」と呼ぶ方がスポーティーだし!!

今回見つけたのはこれ↓(左側の黒い方)
e0359523_20554657.jpg
ベアリングも最初から組み込まれている。

前回見つけたキックボード用の6インチは結局入手する事ができなかったけど、今回見つけたのは「トライク」または「トレイク」と呼ばれる3輪のキックボードのような乗り物のウィールで、6インチ。これは無事に入手できた!!
ウィールの幅も30mmほど有って、インラインスケート用よりも幅が広く、断面の形状もインラインスケート用のように尖っていなくて扁平で真っすぐ走らせるにはかなり理想的な形状。
e0359523_20575676.jpg
ただ、今まで使ってきたインラインスケート用やキックボード用のウィールは取り付け幅が、車椅子用のFrogLegsのキャスターと同じで24mm程度だったので、FrogLegs用のカラーを使えば、そのまま車椅子に装着できたけれども、今回のは取り付け幅が30mmなので少し取り付け方を考える必要があった。
キャスターフォークの幅は40mmなのでウィールの幅の30mmを引くと残りが10mm。
今までのカラーを取り付けるとそれだけでオーバーしてしまうので、ナローキャスター(幅が狭いタイプ)用のカラーを使うと、
e0359523_21010491.jpg
両サイド合わせておよそ7mmなので、残りが3mmになる。残り3mmの幅はワッシャーで埋めれば良い!!

そんなところで、今回も取り付けは難しくは無いはずだったけど
実際にキャスターフォークに組み付けてみると、取り付けボルトを少し締め付けるだけでなぜだかベアリングの回転が重くなる。
ベアリングは始めから組みつけられてるし、ベアリングの間にスペーサーも入ってるのになぜ??
まさか、スペーサーのサイズが合ってないんじゃ?

組み付けられていたベアリングを外して中のスペーサーも合わせて確認してみると、
e0359523_10041742.jpg

e0359523_10042530.jpg
2つのベアリングとスペーサーを合わせて、およそ24ミリ。
e0359523_10074164.jpg
ウィールのベアリング部分の幅が31ミリだし、7ミリほど足りない。
やはりそうなのか??

これじゃ、ボルトを締めればベアリングに横方向の無理な力が掛かって回らなくなるのは当たり前。
このウィールのメーカーなのか?ショップなのか?、私は誰がこのベアリングを組み込んだのかは知らないけど、このベアリングを組み込んだ人はベアリングの間に入れるスペーサーは何のために入ってるのか?を全く理解できていないって事だろう。

本来なら販売しているショップにスペーサーのサイズが間違っている事を説明した方が良いのかも知れないけれども、これを買ったショップはトライクやキックボードの専門店ではなく、ありとあらゆる遊び道具を扱っているだけのお店で、このウィールにベアリングを組み込んでるのはおそらくこのショップではなくて海外からベアリングもスペーサーも組み込まれた状態で送ってきているだろうから、おそらくこのショップにこのスペーサーのサイズが合っていない事を説明しても基本的な事を理解してもらうだけで苦労しそうな気がするのと、もし理解してもらえたとしても、このウィールに合うサイズのカラーを手配する事はまず無理だろうと予想するので、あえてショップには連絡もせず、自分で対処する事にする。

とりあえず改めて取り寄せてみたのが、内径8ミリ、厚み(長さ)20ミリのアルミのスペーサーカラー
e0359523_10083979.jpg
↑これはキックボードなどで使うスペーサーなどではなく、使えそうな物をAmazonで探して取り寄せただけなので、本当は何に使う物なのかは知らない!

これを、厚み(長さ)17ミリが最適なので、ヤスリを当ててほぼ17ミリまで削る。
e0359523_10091818.jpg
ディスクグラインダーも持ってるけど、夜にディスクグラインダーを回すのは近所に気が引けるので、ヤスリを使って手動でえっちらおっちら、ゴシゴシと削りました(笑)

このスペーサーを組み込んでベアリングをはめ込むと完成
e0359523_10121286.jpg
e0359523_12595230.jpg
インラインスケート用にしても、キックボード用にしても、今回のトライク用にしても、どれを取っても車椅子用よりも高性能で格好良くて、しかも低価格です(笑)
ちょっと加工する技術が必要な場合があるのが「玉に瑕」ってところかな。

とにかく、どんな感じか走ってみる。


[PR]

by masax7790 | 2017-07-12 13:16 | 車椅子 | Comments(0)
<< もう一度ツインウィールキャスター ツインウィールキャスター >>