OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
最新の記事
仕上げ(改良)
at 2017-07-18 14:39
もう一度ツインウィールキャスター
at 2017-07-16 23:05
良さそうな6インチのキャスター
at 2017-07-12 13:16
ツインウィールキャスター
at 2017-06-25 21:06
プーケット
at 2017-06-23 20:29
実走テスト
at 2017-06-11 12:46
キャスターを取り換えてみる
at 2017-06-07 11:20
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

<   2007年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧


明日から冬休み

e0359523_12232454.jpg
※昨年の12月に3個4000円で買った全然綺麗じゃなかった茶色いヒメシャコガイですが 最近緑色とブルーが乗ってきて ちょっと良い色に変わってきている


最近鉄釘はそのまま放置状態でしたが 少し様子を見てみました
中の釘を出して見てみると硬いサビで包まれてる感じで どうだろうこれでも効果は有るんだろうか?
と言う事で その錆びついた釘を1本だけ使って又、瓶で実験してみた

夜に1時間ほどのエアレーションの後、釘だけ出して朝までエアレーションしてみた
一応、リン酸塩除去能力は残っているようで 元の水が0.1ppmのところ色の濃さが少し薄くなってました
レッドシーのテスターなので数値はわかりませんが 処理能力は残ってるので量でカバーすれば良いのかどうか試してみる事にした
と言う事で 新しい釘を10本追加しておいた

それからバクテリアを添加して全体に調子良くなってきているので 少し上げてきていた硝酸塩をまた下げてみようと嫌気タンクを起動してみた
能力は少し抑え気味の調整にしてみておいた


前にも書いたようにハナガササンゴが元気になってきてポリプを伸ばすようになってきて 知らない間にミドリイシと接触している部分があった
ハナガササンゴなど刺胞毒はないようなものだと思ってたけど ミドリイシの方が負けていて少し剥げてしまってた
とりあえずハナガササンゴには良い環境が出来た様なので 試しに半年ほど前に失敗したコモチハナガサでも入れてみようかとも思ってる

あとミドリイシのチビも成長点の周りに小さなポリプが出来てきたので 枝状に成長し始めたという事で面白くなってきた


話は変わって 明日から冬休みに入りますが今のところ冬休みの課題が見つかっていない
スキマーの作成も考えていたけど 良い案が浮かんでこない
泡を作る方法は大まか決めましたけど 泡と水の接触時間を稼ぐ方法が見つからない
ポンプを使うならスキマーの背を高くするだけでいくらでも稼げるんですが 重力だけを利用する場合は難しい事に気が付いて まだ良い案ができていない
雪でも降ればスキーにでも行くんですが まだ殆ど降っていない様子だし退屈な正月になるかも知れないなという感じです

あと このブログの更新も殆ど出来なくなると思います と言うのも 実は私が自由に使えるパソコンは仕事場にしか無いのです
ですから 冬休み中は殆ど更新できないんです
来年、初仕事は7日です

みなさん、良いお年を・・・・・


[PR]

by masax7790 | 2007-12-27 19:07

捜索願いです

今回はアクアとは関係有りません

ホムラSPさんのブログに記載されていました。
協力したいと思います、宜しくお願いします。

以下の内容です。

ご協力をお願いします。 
 
緊急のバトンです。

横浜市の12歳の男の子が行方不明だそうです。
!みなさんの力をお貸し下さい!   
〓『◆捜索願いです◆』〓
12歳の男の子が、12月6日(木)から行方不明です...

横浜市都筑区東山田 (港北ニュータウン)在住
岩田和輝(いわたかずき)君

皆様の力を貸して下さい。お願いします...

岩田和輝くんは、発達障害があり普通に話しかけると
混乱する可能性があります。  
まず「岩田かずきくんですか?」と聞いてあげてください。 
間違いなく「はい」と答えるそうです。 
「お母さんが来るまで待っていようね」と言ってあげると 
「はい」と言って落ち着くそうです。
「お名前は?」とか「どこからきたの?」など考させるものについては 
混乱する可能性がありますので避けてください。
もし混乱していたらそのままにして、 
警察やママが来るまで後ろから付いていてあげてください。 
本人が「はい」と答えられるような質問をおねがいします。

とのことです。

横浜市都筑区東山田 (港北ニュータウン)の
自宅から行方不明になったということです。
殊に近郊の方は、外出時に心に留めておいてご協力ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
良かったら、この日記をコピーして、貼り付けて日記を書き、
バトンのように回して頂けると、捜索出来る範囲も広がると思いますので、
皆さんご協力を!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

詳しい内容は以下のHPを見てください。
http://ns.mediagate.co.jp/kazukikun/
<連絡先>都筑警察署:生活安全課 TEL;045-949-0110
皆さんのご協力、宜しくお願いします。
[PR]

by masax7790 | 2007-12-26 21:41

換水

e0359523_12232464.jpg

家では復活という初めての快挙を成し遂げたハナガササンゴ
e0359523_12232336.jpg



今回、換水を延期するつもりでいたのですがサンゴたちを見てると どうも水を換えて欲しそうな顔をしてたもんですから日曜日にいつものように200リッターの換水をやりました
あと合わせて バイオダイジェストも届いたので8アンプル投入してみました

換水時にシアバクの吸出しをやってから換水したのですが なぜか昨日朝には吸出し前の状態よりも酷いシアバクの氾濫
いったいなんだろう 換水してシアバクまで元気になったんだろうか? シアバクに関してはより一層分からなくなってきた
シアバクは何を求めてるんだろうか?
まあ、今のところ特に害はないので そんなには気にしてないのですが見た目が良くない・・・

と言う事で 昨日、今度は吸出しじゃなくてパワーヘッドによる吹き飛ばしをやっておいた
今朝見ると これはいつもの事だけど 吸い出した時より吹き飛ばした時のほうが再発し難い

結果、ミドリイシ達はまた元気な顔に戻ってくれた


最近の変化としては いつものように衰退気味でほとんどポリプを伸ばさず根元で開いてた2つのハナガササンゴがどちらも調子が良く復活してきて ほとんど購入当初の状態のようにポリプをしっかりと伸ばすようになってきたし禿げ上がりもない
正直、今までハナガササンゴに関しては好きで結構入れてきてましたが 状態を維持することはほとんどできなくて 時間と共に必ず小さくなったものでミドリイシより難しいとも思ってましたので
今回のように復活してきたのは家の水槽では奇跡のようなものです
これが バクテリアのお陰か硝酸塩のお陰か 又、両方のお陰か これはまだどうだか分かりませんがSPSもLPSもソフトも良くなってるのは確かですので あともう少し様子を見て 先日落としてしまったホソエダミドリイシでリベンジしたい

と言いつつ昨日、スタッドレスタイヤをホイルごと新調してしまったので懐が寒いし しばらくサンゴは買えないよ~~

[PR]

by masax7790 | 2007-12-25 11:14

硝酸塩 その後

e0359523_12233160.jpg


↑これは採集物ですが横から見ても綺麗なブルーに発色していてシャコガイの中では一番のお気に入り

硝酸塩が5ppmあたりまで上がってきた

狙い通りではあるが 今まで硝酸塩が上がる事のないシステムでやってきた私にとっては複雑な心境です
これで良いんだろうかと・・・

でもサンゴはソフト系に限らずSPS系も硝酸塩が0だった時よりも元気な顔をしているのも確かな事で間違ってはいないと思うようにしている
ただ、合わせてバクテリアの投入もしてきたのでこちらの効果も大きいのは確かな事で バクテリアが効いてる状態で且つ硝酸塩がある程度存在する状態が良いのか? 或いはバクテリアが効いている状態なら硝酸塩も無くて良かったのか?
より良い環境を作る為には この辺を確かめていく必要がある

合わせて このまま放っておけばどこまで硝酸塩が上がるのか? ある程度のところで止まるのか
上昇速度が非常に遅いので安定しているようにも見えるし 上がり続けているようにも見える
まあ、硝酸塩に関しては下げるのは簡単な事なので どうにでもできるのでもうしばらくこのまま放っておいてみる
もし、バクテリアを追加しても状態が上がってこなかったら その時は硝酸塩を再度下げてみる方向に進めてみる事にする

とりあえずバイオダイジェスト30本入りを発注してみた
これは初めて使う物ですがwarioさんお墨付きのブツなので商品としては心配はしていない

あと、前に書いたスキマーの製作
これは今、泡の作り方を検討している
ベンチュリーでいくか、ETSSのように物に叩きつける方式でいくか、或いは水面に叩きつける方式でいくか
おそらく直接大型ポンプで送る訳ではないので水面に叩きつける方式が一番効率が良いのではと思っているのと 何となく水に叩きつける方法のほうがマイナスイオンとかの効果が有りそうな気もする
昨日、
あきさんから情報頂いたスキマーはベンチュリーで泡を吸い込んでから水面に叩きつける方式のようで いけそうな気がするし構造的にも簡単です

あきさん 有難う御座いました
おそらく この方式で泡を作る方向になると思います

[PR]

by masax7790 | 2007-12-22 08:20

少し悪巧み

少し悪巧み

特に今必要としてる訳ではありませんが 強力スキマーです(あ、間違った強力な訳ではありません
省エネです)
なぜ、今スキマーかと言うと 最近水槽は様子見ばっかりで特にする事が無くなってきて退屈してきただけなんですが
決して家の水槽が順調で 触るところが無くなったと言う訳ではありません
ただ何か作りたくなってきただけです

いつもの事ですが 普通に市販されているものの真似事は簡単にできますので特にやる気にはなりません
そこで考えたのがポンプを使わないスキマーが作れないか? と 
オーバーフローシステムの方は大なり小なり 本水槽の水面は高い所にあるはずで家でも床から水面までは1.5メートルくらいはあるかな?
この落差を利用してポンプなしのスキマーを作れないかと・・・・

換水の時等にホースで水を吸い出すと結構な勢いで水が出てくる ホースはそんなに太くないので抵抗が結構あるけれども これをVP20くらいの管を使って落とせば無駄なく落差を利用できるのではないかと
泡はどこかにベンチュリーを仕掛ければ出せると思うし落ちてくる水を水面に叩きつけるように落とせば それだけでもいけるかと思う

実はほんの少し前に バクテリアを投入したのですが その時に何か水質に変化があったようで突然スキマーが噴火し出した事がありました
水槽には特に問題はありませんでしたがスキマーから噴出した泡でサンプの水面が泡だらけになりました
家ではオーバーフローで落ちてきた水を全てスキマーに無駄なく通すように下図のように フローパイプの外側にもう一回り大きい塩ビ管を被せていますが
その噴火した時にその外側の塩ビ管の上部から固い泡がたっぷりと盛り上がってたんです
e0359523_12233070.jpg


これを見て閃いたんですが・・・・
現在はスキマーに対して そんなに強い能力を求めていないので泡の質がどうのこうのと言うのは拘っていません
ポンプを使わず稼動できれば 一つポンプを外す事ができるし又循環ポンプに使う事もできる 或いはポンプは取り出して電気代の節約 温度上昇の防止にも繋がる

因みに最近知った事ですが 家の
電気代30000円だそうです
メタハラ合計650W と毎分40リッタークラスのポンプが5台回ってるのと クーラーです
いつも遅く仕事から帰って照明を再点灯して見ていると大奥がすぐに照明を消したがる
「電気代が勿体無い」
私・・
「電気代くらい知れてるわ 俺が出したるわ」って結局私が出してるんですけど・・・ 
大奥・・「ほんまに出してみい いくらかかってるか知ってるか? あんたの小遣い無くなるで」
私・・
「いくらやね?」
大奥・・「最近、電気代30000円越えてるんやで!!」
私・・
「何ヶ月分じゃ?」
大奥・・「アホか!! 1ヶ月分じゃ~~~~~~っ」

私・・
「えっ ほんま?」

と急に大奥に対して弱気になってる今日この頃です これで私の小遣いもバレたようなもんです

最近寒くなってクーラーは止まってますが代わりにヒーターは点いてるし・・・・
あんまり意味が無かった水銀灯も止めて少しは電気代もましになったかな?と思いつつ 電気代がいくらかは怖くて聞けない日々を送ってます

そんなこんなでスキマーをちょっと考え中です



プロテインスキマー作製(考案)http://blog.kansai.com/masaX/150へ 
[PR]

by masax7790 | 2007-12-20 20:35

嫌気タンクを止めて2週間

e0359523_12232987.jpg
※キッカサンゴ
コイツは安定して元気なサンゴですが 大きくなってる様子はないかな?


嫌気タンクを止めて 2週間
硝酸塩が5ppmくらいまで上がってきた
リン酸塩は0.1ppmで安定している
KHは少しCO2を減らしたので11~12あたり

少しづつではあるが硝酸塩が上がってきている 当たり前か?

少しチビミドリイシのポリプの出が悪くなってきているので これが硝酸塩のせいか? 或いはバクテリアの効能が切れてきたせいか?
warioさんに バクテリアは1w~2wで効果が薄れてくると言われてたのですが実際その通りになってきた気がする

これは どちらか確かめる必要があるので 今週末予定の換水は延期して換水せずにバクテリアの添加をしてみようと思う
今回はバイオダイジェストにしてみる事にしたいけど こいつは近くの店に売っていないので どこかで通販する事にしよう

こういうときに本当に便利な世の中になったもので インターネットで全国の店に探しにいけるし
家にも届けてくれる
売る方も大変だろうなって思う ユーザーも全国探して少しでも安い店で買うだろうし 値段を付けるのも大変だろうなって思います

[PR]

by masax7790 | 2007-12-20 08:58

好気

e0359523_12232819.jpg
※これも大切にしてるサンゴで大きさは3センチくらい
これは前に大切にしてるサンゴのところで書いたサンゴの根元に欠片が着いていたもので これもだいぶん大きくなってきた
図鑑を見てアナサンゴモドキだと思ってたけどポリプの出方などから見るとエダコモンのような気がしてきた
エダコモンだとすると丈夫だしどんどん大きくなってくれるはず!


ここからが本題・・・・

当たり前の事ですが 自然界では酸素の存在が非常に重要で 自然界で安定して存在してるものは殆どが酸素によって酸化された後のものだと思っていいんじゃないか
家でいろいろ試してきたシステム、嫌気タンクも鉄釘もリン酸の高度処理も 当然好気濾過も 最終的にはばっ気して返す事で安定した安全な水にする事ができる
自然界でもそうですが嫌気域で発生する硫化水素も酸素があればバクテリアによって酸化されて安全な状態に戻るし
溶け出した鉄も酸素によって酸化されて 安定した状態で沈殿するし
高度処理システムでも最終的には好気状態でバクテリアがリンを吸収する
好気濾過では言うまでもなく酸素が命・・・

と言う事で魚が呼吸するだけじゃなくてあらゆるところで酸素が使われている
と言う事は逆にあらゆるところで酸素不足が起こる可能性もあると言う事に他ならない気がする


少し前から考えてる良いシステムと家のシステムとの違いというところで考えてたスキマーの効能という部分がひょっとしてこれなのか?
一般的にはスキマーに求められている効能としては 排泄物などを分解される前に濾し取って硝酸塩の上昇を抑えるというのがありますが
実はそんな事は二の次で 一番の効能は酸素の供給ではないだろうか?
そんな事を考えるようになってきた
なぜなら 排泄物などを分解される前に全てを濾し取るほどの能力がスキマーには無いような気がする
家のスキマーが非力なせいもあるかも知れないが 例えばデトリタスなどをわざと舞い上がらせたような時でもスキマーでは殆ど除去できない
これはスキマーから出る水をウールマットなどで受けるとすぐにわかる、スキマーからいっぱいデトリタスが出てきますし最終的にスキマーの汚水カップの汚れの量とウールマットの汚れの量を比べると断然ウールマットの汚れの方が多い
何度も循環してる間に除去されるんでしょうが それだと排泄物の分解も始まってしまう
まあ、これも家の非力なスキマーのせいかも知れませんが おおよそ当ってると思う

それじゃなぜベルリンシステムではあんまり硝酸塩が溜まらないのかを考えると
それは一般的にベルリンシステムにはライブロック、底砂を使うから そっちの嫌気域の効能が大きい気がする
それをスキマーのお陰だと思われてるんじゃないだろうかとも思ってる
だから スキマーは硝酸塩が上がらないから良いんじゃなくて 酸素を大量に水槽に送り込む事による生物層の活性化が良いんじゃなかろうか?

最近、嫌気タンクを止めてる状態で10日ほど経ち 硝酸塩は約2.5~5くらいで安定した状態です
逆に言うと わざわざ嫌気タンクを設置しなくても ライブロックだけで嫌気域は作られていて硝酸還元も起こっていると言う事か
まあ、かなり大量に入ってるので そのせいかも知れませんが このままいくと嫌気タンクは必要無かったという事になる
これを確認する為に 今週末の換水の予定を延ばそうと思う 1週間延ばせば嫌気タンクを止めて3週間ということになるので 必要だったかどうかが判断できると思う

[PR]

by masax7790 | 2007-12-18 16:43

シアバクとKH

e0359523_12232780.jpg
※前のブログに出てた綺麗なナガレハナサンゴ、横から見るとこんなんです
全然普通でしょ!!
でも 上から水中撮影するとあんな感じに撮れたんです


KHの急上昇

2週間ほど前に換水してからKHを測った事がなかったので3日前に測ってみた すると9~10 なぜ9~10という表現になるかと言うと KHテスターが勿体無いので本当は5ccで測るべきところを2.5ccで測ってるからです
要は5滴目で色が変わったと言う事です

そこで特に少ない訳ではないけどCO2を2秒1滴だったのを1.5秒1滴に変えておいた
すると昨日、少し勢力が落ちてきていたシアバクが大ブルーミングし始めた
KHを測ってみると13~14、3日ほどでここまで上がっている

シアノバクテリアのブルームはこれが原因だったかもしれないという事で確認の為 リアクターのCO2を3秒1滴に調整してもう少し低いところで安定させてみようと思います

[PR]

by masax7790 | 2007-12-17 12:54

ちょっと息抜き



ちょっと息抜きに水中撮影で撮れた画像を・・・・

綺麗に写ってるのもあるけど本当はこんなに綺麗じゃありませんよ

e0359523_12200113.jpg

e0359523_12232329.jpg

e0359523_12232336.jpg

e0359523_12232464.jpg

e0359523_12194995.jpg

e0359523_12195826.jpg

e0359523_12232454.jpg

e0359523_12195975.jpg

e0359523_12195021.jpg

e0359523_12232503.jpg

e0359523_12232620.jpg

e0359523_12195172.jpg


[PR]

by masax7790 | 2007-12-15 19:51

一番大切にしてるサンゴ

e0359523_12231568.jpg
※家に届いた時の状態
色は残っているけども
ほぼ死んでいた

e0359523_12232185.jpg
※現在の画像
今回、試験的にデジカメで水中撮影してみた
ちょっとまだピントが甘いけど まあまあ便利かな・・

これは今年の7月に入れたミドリイシで品種は不明(典型的な鹿角型)
輸送に時間がかかり過ぎて到着時にほとんどハゲハゲでしたが 水槽に入れて1ヶ月後くらいに枝の先端部に5ミリほどの生き残り部分があるのを発見して その枝だけ折って再生させているサンゴです
今では1センチくらいに成長して 最近では嫌気タンクの縮小とバクテリアの投入をきっかけにイボイボの凹凸がはっきりと出始め 枝の先端になるであろう部分が突出しはじめてきた
色は元々は茶色で先端だけブルー系だったけど家では綺麗なグリーンになってきた 綺麗だけどあんまりこれは嬉しくないし自然の色がいい でも まあ元気ならそれでも我慢しよう

そんな状況から復活してきたサンゴで思い入れもあるんで なんとか大きく育ててやりたいと思ってる
これで5ヶ月間順調に再生してきてるのでいけそうな気がする

今一番小さくて人には気づいてもらえない存在ですが 一番大切にしてるサンゴです
[PR]

by masax7790 | 2007-12-13 16:45