OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
◆はわいさん だは..
by masaX at 15:27
こんにちは~。 シッタ..
by はわい at 14:37
◆王英さん スッキ..
by masaX at 19:26
水槽が、活魚生簀かのよう..
by 王英 at 16:26
◆デトリタスさん ..
by masaX at 08:19
ありがとーございます‼ ..
by デトリタス at 21:29
◆デトリタスさん ..
by masaX at 19:08
最新の記事
次の探索蜂
at 2017-05-26 19:40
熱い探索蜂が来たが
at 2017-05-10 11:51
探索蜂の観察
at 2017-04-29 20:23
オゾナイザー稼動
at 2017-04-24 15:00
リヤキャンバーは無くても良い..
at 2017-04-21 13:02
正弦波インバーター再作製 その4
at 2017-04-17 10:47
今年初の探索蜂
at 2017-04-15 17:22
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

<   2008年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧


GW前半!!


このGW前半!!

特に大した事はしていない
行ったところは潮干狩り

という事で今回の収穫!!

e0359523_12292492.jpg
※主にアオヤギ(バカガイ)と味噌汁サイズのアサリが少々


まあ、今回は大奥から アオヤギを主に捕ってくれ!! という要望もありアオヤギをメインで狙ったので収穫としてはOKというところです

でも風が強くて波も荒く ウェットスーツを着ていたものの寒くて長時間の狩りに耐えられず そんなにたくさん捕れなかった・・・・

このアオヤギという貝は 世間ではバカガイと呼ばれてて 砂を吐かない為に料理がし難く あんまり捕れても喜ばれない貝で そのせいかバカガイと呼ばれてるようです
でも砂の処理だけ しっかりとできれば美味しい貝でもあります

そこで今回 アオヤギの砂の処理方法を公開!!

・まず 大きめの鍋に水を入れ 塩も少々
これを沸騰させる

・沸騰すれば軽く洗っておいたアオヤギをドバっと入れる

・すぐに貝が開き始めるので開き始めた貝から順番にすぐに取り出して 冷たい水を張ったボールに放り込んで冷やす

・冷やした貝の殻を開いて身だけを取り出す
e0359523_12292478.jpg
※爪を押し付けるようにして貝柱も綺麗に剥がす

そしてベロの周りに被ってる皮を裏向けるようにペロンと捲る
e0359523_12292526.jpg
※この皮の内側に砂が貯まっている
今回は砂利系のところで捕ったので あんまり砂を噛んでいなかった!!

そして捲った部分の砂を指で擦って落としながら水流で洗う
e0359523_12292671.jpg
※細かい砂は粘膜に貼りついているので しっかりと指で擦って綺麗に洗ってやる


これで完成
e0359523_12292653.jpg
※あとは焼くなり、煮るなり、そのまま生姜醤油で食べるなり


で、潮干狩りの現場でちょっと捕ってきた貝以外のブツ
e0359523_12293281.jpg
※品種不明
単なるイソギンチャク
触手を伸ばして直径5センチくらい
ピンクでわりと綺麗!!

e0359523_12293247.jpg
※こちらも
これは色が付いていない


_________________

で 話は変わってGW中にもう一箇所!!

鈴鹿サーキット!!
これは子供の要望で なぜかGWには毎年行ってる

まともに動かない足を引きずりながらも結構楽しんできました
でも しんどかったよ~~~

_________________

ここから アクアねた

最近どうもミドリイシの機嫌が悪い気がする
決して死んだり 白化したりする訳では無いけれども機嫌は悪い気がする

スキマーを新設したのと機嫌が悪くなってきたのと時期が重なる・・
とは言え シアバク退治のレッドスライムリムーバーの投入も重なるし その為の硝酸塩の上昇も はたまたその硝酸塩を下げる為に稼動させた嫌気タンクも その上 共肉の剥がれが出ていたナガレハナサンゴの為にストロンチウムとヨウ素の添加も初めていた

だめだ!! いつもの悪い癖が出た!!
さっぱり分からない

ということで できる限り元の状態に戻そうと 添加剤はストップ、嫌気タンクは硝酸塩がほぼ0になるまでだけ回して止める、スキマーはそのまま稼動、時期も重なったので200リッターの換水
という感じにして じたばたせず様子を見ていこうと思います

少し迷路に入ってしまった感じ・・・・・







[PR]

by masax7790 | 2008-04-30 09:33

明日からGW

一昨日 バイオボールを外して鉢底ネットだけにしたスキマーは 特に問題なく順調に汚れを取っている
あとこれから トワさんからも御指摘頂いている 泡の大きさ
この泡の大きさが 小さい方が良いのか 大きいほうが良いのか はたまた いろいろ混ざってる方がよいのか いろいろ試してみようと思います

あ、そうそう 先日トモミさんから頂いたスターポリプが今朝 やっとポリプを出しそうな雰囲気になってきた(まだだけど)のでちょっと一安心です

いつもならサンゴがちょっと開かないくらいでは動じなくて

大奥が
「このサンゴ開かないよ」って言われても
「放っておけ 放っておいたら勝手に開くよ」って返してたんですが

今回は大切な頂き物だったので

家に帰ると大奥に
「スターポリプ開いてたか?」
「んん、まだ」
「ちょっとくらい開いてなかったか?」
「んん」
「よく見たか?」

って こんな感じで久しぶりに緊張感をもってサンゴを見ておりました
でも兆しが見えてきたので ほっ!!


話は変わって 明日からゴールデンウィークで
明日から29日まで と 5月は3~6までが休み!!
まだ そんなに予定は決めてないけど とりあえず明日は潮干狩りの予定で三重県の津まで行きます
一昨年とその前年は結構ハマグリが捕れたんですが 昨年はハマグリは全然捕れず 味噌汁サイズのアサリとアオヤギ(バカガイ)が捕れただけ

という事で今回は「捕ったど~~~~~~~~」と叫べるよう リベンジ!!

あとは 特に予定なし 若狭湾にヤドカリとモズク捕りにでも行くかな?



[PR]

by masax7790 | 2008-04-25 10:08

スキマー インジェクター改良?


一昨日、スキマーのインジェクター上部に鉢底ネットをセットして 昨日、泡の上がり具合を観察してみた

泡の上がり方は変わった感じになったけれども 上がる汚れの質とか量とかは そんなに変化は感じなかった
カラム内面に貼りつくウンコカスは少なくなった様にも思えた
まあ、この方法と前の方法と切り替えるのは簡単な事なので 時間を掛けてゆっくり観察しながら どちらがベストなのか決めていこうと思う

で いろいろ触ってる中で 今回使った鉢底ネット式の場合 ジェットから噴出した水は一番にネットでせん断される訳で その下のバイオボールは不必要なのでは・・・・・

という事で ネットのみの使用でバイオボールを抜いてみた

こんな感じ



このネットを使うならバイオボールは必要なかったようです
スキマーの水面も少し上がったくらいで この方が良さそう・・・

そして今朝



上がる泡は全く問題なし


もうこれ以上細かい泡は必要ないと判断したので 逆に荒い泡を混ぜるほうが良いのかどうか という方向に向かいそうです

_________________


それからデトリタス袋が詰まり気味になってきて膨らんできていたので 掃除しておいた
少し目が荒いものの 結構な汚れが取れている
感じからすると 1週間くらいで詰まりきるかな?という感じなので 3~4日毎に掃除する習慣をつける事にして 硝酸塩も問題なく下がってきているので しばらく使ってみる事にした







[PR]

by masax7790 | 2008-04-24 08:22 | プロテインスキマー作製(自作)

超小型ドライリアクター


今まで 主要なアクア器具を全て自分で作ってきて とうとうポンプ、クーラー以外はメーカー品が無くなってしまった次第で
どの機材も能力的に不足を感じないし かかった費用も研究に使って捨てた材料を全て含めてもメーカー品とは比べ物にならない安価で仕上げてきました

でも どの機材も満足のいく能力にしたかったのと 根本的に水槽が大きかったので サイズはどれも大きめになってしまいました
本当のところは小さいコンパクトサイズで それこそ60センチ規格水槽で使えるサイズの機材を作りたかったのが正直なところなんです
こういうアクアの機材は 大きいサイズよりも小さいサイズを作るほうが材料は安いけど作るのは難しいんです
安定した微量な水流とかは調整が非常に難しいんです

小さいサイズの水槽に対応できてる機材を大きな水槽に対応させるのは 大きく作ればいいだけなんですが 大きな水槽に対応している機材を 小さい水槽に対応させるのは小さく作ればいいだけでは無くて 試しに小さいサイズの機材を作ってみたいところなんですが家には大きい水槽が1個あるだけで 小さい水槽はないし 新しくセットするスペースもないし 何より大奥の認可が下りない

そんな中 リンクして頂いているあきさんが 小型嫌気タンクと超小型ドライリアクターを作成されています
能力もしっかりと出されていて しかもペットボトルなどを多用して費用もかなり低く抑えておられます

ドライリアクターなど理論上は小さくてもいけるとは思ってましたが実際に小さいサイズで作ってみた訳でもなかったので この原理でサイズを小さくして能力が出せるのかどうかは不安でした
でもあきさんが実践して証明してくださいました

超小型ドライリアクターに関してはあきさんの4月21日のブログに載ってます


魚+サンゴ水槽をやる為にスキマー、リアクターを揃えるだけでいくらお金がかかる事かは みなさんご存知の事かと思いますが
これが大きい水槽だと その費用も まぁ仕方がないと思えるかも知れないけども 小さい60センチ規格水槽でやるのに 10万円を超える機材を揃える気には なかなかならないでしょう
でも こんな感じで小さいサイズの機材が簡単に安く作れれば もっともっとマリンアクアリウムが気軽にできるし普及するはず
かと言って 気軽に魚を買って気軽に飼育して小さな命を粗末にする事だけはしてほしくないし それが原始下等生物であっても責任を持って大切に育てる気持ちだけは最低限もっておいて欲しいですが・・・・


そんな感じで 自作の得意な方は ネタの出し惜しみはしないので どんどんネタをパクって小さいサイズでも実践して欲しいし
自作の苦手な方でも やる気さえあれば作り方のアドバイスはいくらでもするので挑戦してみてください

実際に自分でやってみると どれほどアクアメーカーが機材を作るのに ユーザーの立場を考えて作っていないか(能力、価格、メンテナンス性)また知識、技術を出していないか(或いは無いのか)というのが良くわかります

もっと真剣にやってくれっ!!・・・ユーザーは皆真剣なんや!!

その点、カキショウテンさんみたいなお店がどんどんできるといいなって思いますし どんどん頑張ってほしいです(スキマー作製のときはベケヘッド買わなかったけど・・・・・)


_____________________


話は変わって 
嫌気タンクを稼動させて 昨日 本水槽の硝酸塩を測ってみると約5ppmまで下がっていた(一昨昨日は10ppm)
本当はこれくらいで止めればいいんですけど 今回は試しに0まで落としてみる
これは あくまでも試しで 硝酸塩が少しある方が良いのか? 無いほうが良いのか? この辺を確認する為です





[PR]

by masax7790 | 2008-04-23 08:08

スキマーの泡


一昨日、スキマーのインジェクターに鉢底ネットをセットして汚れの泡の上がり具合を見る事にした

これが今朝の様子



これまでは 水面上に上がる泡は大小様々な泡が混ざって上がっていたのですが 改良後は水面のすぐ上から徐々に泡が大きくなりながら上に上がっていく様になったのと スキマーのカラムに着くウンコカスも水面から上にいくにつれて多く着くようになっている
以前は水面上では 上下差はあまりなく一様にウンコカスも着いていた

この状態が良い状態なのか 以前より悪い状態なのか?
これは しばらく見てみないとわからないけど変化が起こった事は確かですし こうしてちょっとの事で泡の質も変わり 汚れの上がり方も変わるんだと
という事は大きさ以外はそんなに違いは無いだろうと思ってたスキマーもメーカーによって機種によって性格が変わるという事だという事だろう

___________________________________

それと 一昨日 増設した嫌気タンクをチェックしておいた

本水槽の硝酸塩は約5ppm~10ppmまで上がっている状態で 嫌気タンクのほうは しっかりと0ppm
増設して60リッターになったので 1日の処理量もおよそ60リッター
システムの全水量が現在およそ550リッターですので 増える硝酸塩が無くなったとしても全水量を処理するのには10日ほどかかる事になる

まあ、嫌気タンクは無くても回るシステムなので硝酸塩を一度下げてしまえば 後は必要なくなる
でも こういう時は やっぱり役に立つのでシステムから完全に外してしまう気にはなれない!!









[PR]

by masax7790 | 2008-04-22 08:17 | プロテインスキマー作製(自作)

トロロ藻のその後

トロロ藻のその後

e0359523_12292059.jpg



以前にキイロタカラガイを20匹投入して はっきり言って食っていたのか食っていなかったのかわからない
ちょっと貝が小さ過ぎたので いつもトロロの近くにはいたけれども この貝と通るところは剥げていくというものでもなく 減ったかなどうかな?って感じでした
それは それでいいんです 決して急いでいた訳でもなかったので

ところが 良い事か悪い事か 最近というかキイロタカラガイを投入してからしばらくして トロロが枯れ始めてきた
一部まだ元気に生えてる部分もあるけど 殆どが薄茶色っぽくなってきてて 徐々に剥がれて少なくなってきて とうとう無くなってしまった

特に何をした訳でもない・・・・・
んん、コーラルグロの投入と重なるか?
それとも レッドスライムリムーバーがゆっくりと効いてきたのか?
確かにレッドスライムリムーバーを投入してすぐにトロロの色は薄くなっていた
それから色は薄くなって少し勢力が減退した感じのまま しばらく維持されていた感じでしたが 1ヶ月ほど経って急速に枯れ始めた

トロロがキイロタカラガイにビビって枯れてきたんだろうか?・・・・んな訳ない

序にヒゲゴケも枯れ始めてきた

でも代わりに バロニア(緑のミズタマみたいな海藻)が元気になって蔓延してきて蔓延し始めたけど これも止まった感じがする

いつも言うけど水槽環境っていうのはやっぱり分からない
栄養塩が特に少なくなった訳でもないし 特に変わった事はしていない
でも 何かのバランスが変わったんだろうな!!

トロロで困ってる人がいたらアドバイスしてあげたいけど さっぱり分からないのが事実です・・・トホホ


あとはシアノバクテリアが出なくなったら ちょっとはマシな水槽になるんだけどなぁ・・・・
また いつ出るか分からないし・・・







[PR]

by masax7790 | 2008-04-21 21:37

サンプの掃除他


先日のシアノバクテリア退治の為か 硝酸塩が5ppm以上まで上昇してきていたので 規模を縮小していた嫌気タンクを30リッターから60リッターにサイズアップして稼動させておいた
この嫌気タンクは 元々90リッターで30リッターのタンクを3個接続していたものなので 30,60,90リッターとホースの繋ぎ方で切り替えられるように作ってある

嫌気タンクは硝酸塩が下がってもしばらく様子を見ながら続けてみようと思ってる・・・善か悪かの判断のために!!

この嫌気タンクに伴って水を追加する必要があったので 残ってた100リッター分の塩を溶かして追加と 合わせて換水と序に 少しデトリタスの貯まっていたサンプを水洗いしておいた


それから スキマーに関して少し気になる事があったので改良してみる事にした
何が気になったと言うと スキマーによっては水槽に手を浸けても泡が下がらないスキマーがある事 それからデトリタスを持ち上げるスキマーも有る事

泡の質によってこの辺が変わる事なのか どうなのか?
家のスキマーも汚れは良く上がっていて 濃度の濃い汚れがしっかりと上がってくるけれども 水槽に手をつけると泡が下がるし 先日の実験でもデトリタスを持ち上げる力は無かった

という事で少し改造!!

e0359523_12290802.jpg
※使ったのはこれ
鉢底ネットを丸く切り抜いたもの


e0359523_12291443.jpg
※これをインジェクターの最上部にセットしてジェットから噴出す水を最初にこのネットで細かく切り刻む方式にしてみた


e0359523_12291419.jpg
※これで泡の大きさが結構揃って小さくなったようだ
水面の上に積もる泡の大きさが小さくて揃った大きさになった


これで細かい泡という点では良くなったけれども このスキマーの作成時にTetsuoさんから御指摘いただいたように スキマーの泡の大きさに関しては 小さければ良いというものでは無いような気がするので しばらく上がる汚れの様子を見てこれで良いのかどうかは判断する事にする







[PR]

by masax7790 | 2008-04-21 08:14

こいつも頑張ってる ミドリイシ


e0359523_12290196.jpg
※品種不明
シャコガイの手前の小さい2つ!!


これは元々 画像左上にあるミドリイシの土台の付け根の部分で左上のミドリイシが皮一枚でくっ付いていた岩からポロっと取れて残った皮の部分です
本当に皮一枚で 全く凹凸もなくペッタンコだったんですが 頑張って成長してきて凹凸も出てきた
ちょっとはサンゴとわかるようになってきた

そんなに調子の良い水槽ではありませんが 中には頑張ってるヤツがいくつか居ます

こんな赤ちゃんみたいなミドリイシが増えてきて 成長した時の事も考えてレイアウトしてるので ガラガラの水槽なんですが 新しく大きなサンゴを入れるスペースが限られてきました


なぜか 家の水槽のサンゴは調子が悪くても死に切れないのか? ほんの少しだけ生き残ってるサンゴが多いです

私といっしょで死神に見放されたヤツばっかりや~~!!!


この赤ちゃんがみんな大きくなったら自然で良い感じが出るんでしょうけど 何時になる事か?

早くても5年はかかるな
まあ こいつらがデッカクなるまで頑張るわ!!

____________________________

で、先日作ったデトリタス袋はシャツと比べて目が荒いのでまだ詰まってこないけど よく考えると スキマーより前に有る訳で ゴミがスキマーに届く前に引っ掛かってしまうし
最高の好気状態のまま 引っ掛かってるのは良くないなぁ

そのせいか低く安定していた硝酸塩の濃度が上がり気味になっている
先日のレッドスライムリムーバーの影響も大きいかもしれないけど・・・
やっぱり 毎日洗うか、デトリタス舞い上げのときだけ使うか という使い方をしないと良くないですね!!
ベルリンシステムのタブーとされる事をやっていた気がする

嫌気タンクをガンガン回してた頃は硝酸塩の心配など皆無の状態でしたが 規模を落とすと やっぱり変化が起こったときには硝酸塩の心配も必要になってくるなぁ と再認識!!
普段は何も心配は要らないけど・・・

という事で このままある程度安定したと判断したら 再度強力嫌気タンクを試しに稼動させてみる事も考えてる
今のままだと 嫌気タンクが悪くて状態が今一だったのか それとも嫌気タンクは決して悪くなかったのかが曖昧なまま終わってしまうので良くないし
やっぱり強力嫌気タンクが悪者だったのか そうじゃなかったのかを正しく判定する必要がある

もし 嫌気タンクが悪さをしないものなら 硝酸塩に関しては無敵のシステムが出来上がる・・・・・はず!!





[PR]

by masax7790 | 2008-04-19 09:42

鉄釘タンクの今


結構長い間 鉄釘タンクに関しては特に問題も起こらなかったので放置状態で稼動させてました

少し以前に鉄釘は放置状態でも溶け続けてる事は確認しましたがリン酸塩除去の効果が継続できてるかどうかは確認していなかった

そこで久しぶりに鉄釘タンクの効果を確認!!

e0359523_12285929.jpg
※画像では分かり難いかな?
左が水槽水、右が嫌気タンクからの排水
大きな差はないものの肉眼でははっきりと違いが確認できる


という事でしっかりと活躍している

今まで鉄釘に関しては徐々に効力が落ちてくるはずだと 人には伝えてきましたが 釘1本あたりの能力は落ちてくるものの 全く無くなる訳ではないので その分、本数を補充すれば問題はないという事を付け加えておきます

因みに現在 家では水量約500リッターで90ミリの鉄釘が50本ほど入ってます(重さだと おそらく300グラム分くらいかな)

良く考えると ずっと放置状態で何の手入れもせずに ちゃんと働き続けていた訳です

メーカー品の吸着剤などは必要微量成分の除去もしてしまう可能性がありますが(知ってる限りではフッ素など) 鉄釘タンクではリン酸塩以外に除去できる成分は殆ど無く 逆に最近注目されている鉄分の添加にもなる

メディアの定期的な交換も必要はなく 鉄釘が溶けて無くなるまで使える訳で おそらく1~2年では溶け切らないと思うし
1~2年間の放置にも耐えられる筈

私の知り得る中で現在、リン酸塩の除去に関してはこれが最良の方法ではないか と再認識した次第です!!

おそらく吸着剤よりも優れている(効能、手間、ランニングコストを総合して)

_______________

話は変わって

昨日、ブログ仲間のトモミさんから頂いたサンゴが無事に元気な状態で届きました

まだ 全開になっていないので 少し遠目からの全景

e0359523_12290071.jpg
※オレンジのアクセントが凄く利いていて感じが良くなった!!

家の水槽を見て足りない色をピタリと当てて入れてもらった感じで
これが私には無い トモミさんの女性の美的センスなんだ!
と感心してる次第!!


個々の画像は調子が上がってきたらまたUPします!!

トモミさん ありがとうございました





[PR]

by masax7790 | 2008-04-18 09:12

デトリタス袋


先日作ったデトリタス袋の生地が綿だった為に1週間でバクテリアに食われてボロボロになってしまった

それで今回はポリエステル100%の生地を通販で取り寄せてみた
現物を見て買った訳ではないので どんなのが来るのか楽しみにしてましたが わりと思った感じの生地が届いた
少し厚手のジャージのような感じでした
綿のアンダーシャツよりも厚いけど少し目が荒いかな?

早速、手芸に取り掛かり袋を作って取り付けてみた

e0359523_12285796.jpg



前回のは目が細かかったので 水を流すと袋が水圧でプ~と膨れてきましたが 今回のは少し目が荒いせいかよく水が貫けるようで膨れてきません
逆にあんまり細かいデトリタスは除去できないと言う事にもなりますが デトリタスが詰まって目が細かくなってから本領を発揮するかも知れないので このまましばらく様子を見ることにするのと パワーヘッドでの巻き上げでどれくらい除去できるのかも見ておかないと意味がない!!!


話は変わって
枯れ始めてたトロロ藻は完全に消え去ってしまった 代わりに蔓延しそうになってたバロニアは少しだけ増えて止まった
固いヒゲゴケは少し減った状態で止まったかな?
e0359523_12285868.jpg



面白い事に特に何もしていないのに水槽内の藻類の生態系が変わったんでしょうね
最近あんまり水質のチェックはしていないので 一度チェックしてみよう
と言ってもいつも測る栄養塩など増える事はあっても減る理由は何もないし

まあ ただ鉄釘タンクなどは結構長い間稼動させたまま放置の状態なので 意外とうまく立ち上がってきたのかも知れないし鉄釘タンクから出る水のリン酸塩は そろそろ測ってみよう
噂でレッドシーから0.02ppmだったかな? 微量のリン酸塩まで測れるテスターがでるらしいですが 早く出てほしい・・・

この頃はリン酸塩を測っても いつも0.1ppmしか出ないので面白くないし リン酸塩に関してはコンマ2桁目の数値が重要なのかな?とも思ってる


それから 今朝、仕事に出てから大奥から トモミさんからのサンゴが無事届いたよって連絡が入りました

まだ見てませんが 今日は帰るのが楽しみです

トモミさん ありがとうございました!!
[PR]

by masax7790 | 2008-04-17 09:30