OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
最新の記事
軽量化
at 2017-09-11 11:36
タイヤ交換
at 2017-09-06 08:23
ぶっ壊れた
at 2017-09-04 13:23
再度タイムアタック
at 2017-08-26 11:53
タイムアタック
at 2017-08-12 14:26
ハンドリムの小径化
at 2017-08-02 11:51
レースに向けて改造
at 2017-08-01 10:42
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

<   2008年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧


歩兵隊の活躍?

トロロは消えてくれたけれども その下には非常に硬くて手で引っ張っても千切れないヒゲ苔とバロニアが繁茂している



ヒゲ苔は成長がそんなに早くないのとトロロと違ってサンゴを覆うように生えてくる訳ではないので そんなに意地になって除去するつもりも無いのですが 過去にヤドカリ大量投入で綺麗になった事があるので今回もヤドカリの大量投入をしてある







以前はあっと言う間に殆どを食い尽くしてくれたのですが今回は そうはいかない様子で なんとなく食べてるような食べていないような という感じ
以前は1本1本ハサミで引き千切って食べてるのを確認できたのですが 今回はよくわからない



ヤドカリは全然詳しくないので、今回のヤドカリも前回と同じところで捕ってきて 見た感じ前回と同じ種類のヤドカリを捕ってきたつもりですが・・・・・



まあ、少しづつ減ってる気がするので このまま放置してみようと思う



バロニアはいまのところ手立てが無いので しばらく放置です ここ数ヶ月増減無しなので 増え出したら考える事にします


それから・・・・
造波装置に関しては とりあえず1案目の構想はできたし パーツは揃ったので明日から製作に入る事になります



まずは何をどこで、どう動かせば大きな波が立つのか? というところからやります!!
1つ目の案は水を閉じ込めた100φの塩ビ管を太鼓焼きみたいな形にして 水面で上下させて水面から持ち上げたり沈めたりの繰り返し
ストロークを7~8センチで動かす事で1回のストローク毎に550cc分の水をポンプでぶち込むのと同じ動きになるはず
1ストロークが1.5秒前後になりますのでONにする時間は0.75秒という事で逆算すると 45リッター/分 くらいのポンプで動かしてるのと同等なはず



TUNZEのポンプの流量がどれくらいか知りませんが そんなに強くないのではと思ってます



計算上はそうなりますが 実際はどうだろう?



やってみないと判らないので とりあえずやってみる!!


[PR]

by masax7790 | 2008-11-29 23:30

トロロ藻について

実はマーシャさんから聞かれて・・・・・



トロロの事なのですが 家では強力に繁茂していたのが ほぼ消えてしまいました



それも ぴったり雪風さん、あやのさんのスイハイに合わせて無くなりました
賢いトロロだったのかも知れませんが・・・・・

来られる1ヶ月前にはトロロ地獄のような水槽で



e0359523_12323194.jpg



それも枯れ始めだったので 千切れたトロロがミドリイシの枝に引っ掛かってミドリイシも嫌がるし こんなの見られたら最悪だ、と思っていたのですが 枯れはじめて日に日に減ってきていたので そのまま放置しておりました
その間、トロロのカスだらけで本当に汚い状態でしたが
スイハイに合わせて綺麗に無くなってくれましたので 実はほっと一安心という状態だったんです



これは雪風さんにも言うのを忘れてましたが そんな状況でしたし
実はヒヤヒヤものだったんです



でも なぜ消えたのかが判りません



以前からトロロに関しては 出る時期、出ない時期がありましたが 特に何をしたと言うのがありません



今回は逆にいろいろな事が重なってるので これまた判りません



やった事を列挙すると



・ヤドカリの大量投入
・スキマーをフルパワーに切り替えた
・嫌気タンクを完全に止めた
・レフジュームをセットした



どれもトロロを消そうとしてやった訳ではないですが、この中で可能性が高いと思われるのはスキマーをフルパワーにした事と嫌気を止めた事かな
と言うのは あとの2つは始めた時点で既にトロロが枯れ始めていたように思うからです



でもなぜだろう 普通はトロロなど栄養塩が多いと出易いと言われるけれども 硝酸塩は上がってます
リン酸塩は測っていないので、と言うか0.1ppm以下はレッドシーでは計れないので上がったか下がったか判らないですし 上がりも下がりもする理由は特にありません
でもトロロは消えていきました



以前から思ってる事ですが 本当の栄養塩は硝酸塩、リン酸塩以外で強い力を持ったものが存在するはずだと・・・・・
あるいは やはり硝酸塩、リン酸塩のバランスか?



ただ一つ言える事は家の水槽ではと言う事ですが、栄養塩に関係なく トロロが繁茂するときはSPSの調子は悪くなる

逆にシアバクが出る時は どちらかと言うとSPSの調子は上がる、SPSではないがハナガササンゴもそんな気がする



このトロロもシアノバクテリアと同じで簡単そうに見えるが、非常に難しい
トロロは邪魔者扱いしてるので 無くなればそれでOKですが もし好き好んで育てるとしたら これはサンゴより数段難しいと思う!! これはシアバクも同じで 豪快に繁茂していたシアバクも突然消えて無くなりました



以前 tetsuoさんからシアバクを育ててると言うのを聞いた事がありますが このトロロも育てる気になったとすれば難しいだろうと思います



この辺が解明できれば 大きく飛躍できるような気がしますが 学者でもない限り無理だろうな!!



最後に シアバクもトロロも一般的に言われる栄養塩が多いと どうのこうのと言うのは違うという事だけは確かだと感じます。


[PR]

by masax7790 | 2008-11-29 06:00

WaveBox(機械式)作製準備!!

物理式のウェーブボックスの作成も設計はできあがり作製も徐々に進んでいるところでしたが いろいろ考えると 周期の調整はできるものの 微調整が難しい事や正確さに欠ける事など できない事では無いけれども無理に物理式を実現するよりも 苦手な領域ではありますが 電気を使ってコントロールする方向に変える事にしました
やはり造波装置は周期が命で これが狂えば どんなに大きな力を加えても波は立たないし 逆に小さな力でも周期がぴったりと合えば大きな波を立てる事ができるんです

この周期をぴったりと合わせる事が簡単で、合わせた後で狂わない事が大切だと思ってきたわけです



またそれと、まずは水流を使って波を作るのでは無く 水中で円盤を上下動させる(子供の頃お風呂で遊んだ様に) 超原始的な方法でやってみる事にしてみます
これだと構造も調整も極簡単にできるはず!!
これはWaveBoxとは呼ばないか?・・・Boxじゃない!!

WaveMachineだな!!
日本語のほうが似合うか? 造波装置かな



これは家の水槽の波の周期を知る為に 手で水を上下させて周期を測っている時に 単純にこの動きを機材にさせればいいじゃないか!! という単純な発想です
これなら大きい小さいは別として波が立つのは確実です

やっぱり私は原始人です!!



そんな感じで方向転換です



電気関係の部品など全然苦手でしたので 電気のエキスパートでもある、リンク頂いている   だにさんところの掲示板で使う電子パーツの事も教えてもらい 全て注文しました
上手く届けば週末から作業に取り掛かれます



だにさん、つっちさん、membraneさん ありがとうございました!!



予算は上がりましたが(既に1.5万円) 上手くいけば やっぱり安いです
あと3千円もあればできるはず
とにかくTUNZEより大きい波を作る事が目標です!!



もし これができたら もう作るものはない!!
妙にやる気が出てきましたよ~~独り言ですが


[PR]

by masax7790 | 2008-11-28 07:00 | WaveBox(造波装置)作製(自作)

少し復活してきたか

ここ数ヶ月 非常に悪い状態が続いていて 無敵のミドリイシまでも剥げ上がりかけていましたが ようやく状態が上向きになってきた様です



e0359523_12323072.jpg

これは最悪の状態の時
成長点が完全に無くなり 枝先まで色が乗っているのと画像では分かり辛いですが 青味が抜けて完全な茶色になってます



e0359523_12323015.jpg

現在
やっとそれぞれの枝先に成長点ができてきましたし 茶色に少し青味が乗って 色としてはダークグレーっぽくなってきました



このミドリイシは何があっても 平気な顔をして成長を続けていたサンゴですが 余程状態が悪かったのでしょう
早く、剥げた部分に共肉が巻いてほしいものです



それと トロロがほぼ完全に消えました 大量にヤドカリを投入した時期と重なりますが ヤドカリが綺麗にした訳では無いはずです



ライブマッドの効果が出たか、それとも単純に状態が上がってきたのか


[PR]

by masax7790 | 2008-11-27 08:14

自然光

家の水槽は南向きの大きな窓の横に置いてあって 太陽が低くなる10月頃から春までの間は午前中だけ太陽光が水槽に射し込みます 斜め横からの照射なので 水槽の1/3くらいしか当りませんが やはり直射日光が入るのはサンゴにとっては良い様ですし 太陽光が射し込んで光ってるサンゴは元気そうに見えます



e0359523_12322958.jpg





















e0359523_12322911.jpg





e0359523_12322945.jpg


[PR]

by masax7790 | 2008-11-26 07:00

サージバケット完成

e0359523_12322832.jpg



とりあえずサージバケットが完成しました



排水から出る泡は warioさんから それも面白いのではという意見から それもそうだという事で あえて消す事を考えずに そのまま泡だらけの水を吹き出す事にしてみました



吹き出す泡がギラギラして結構綺麗で 視覚的に面白くなりましたので ちょっと気に入ってます



ミドリイシなどは気泡を嫌うというのは結構昔から言われていたので(体験はありませんが) この気泡がどうなるかと思ってましたが 今のところミドリイシも御機嫌なようで問題無い感じです



ただ やはり水面上に飛び散る水滴は凄いもので 家の水槽はフランジ上を塩ダレ防止の為に20センチ取ってますが飛び越えて 塩ダレするかもというところです



これが水槽の為になるかは これからです!!



それから 23日の日曜日は雪風さんとあやのさんが 遠路はるばる家 の水槽を見に来て下さいました



こんなレベルの低い水槽を見て頂くのは恥ずかしい限りで、今まで長く海水魚をやってきて 実際に海水魚をやってる人に水槽を見てもらったのは 実は今回が初めての事でしたので ちょっと緊張しましたが 雪風さんもあやのさんも お会いするのは初めてでしたが 人当たりが良くて感じの良い お二方でしたので ほっとしましたし 実際に海水魚をされている方とお話する事ができて楽しい時間を過ごす事ができました



雪風さん あやのさん 遠いところ ありがとうございました



今度、来られる時は妻と子供もレイアウトしておきますね!!


[PR]

by masax7790 | 2008-11-25 12:20 | サージバケット(間欠水流装置)(自作)

カクレクマノミ ブリード総集編

★卵





★孵化直後





★孵化後1日





★孵化後4日





★孵化後8日





★孵化後9日





★孵化後10日





★孵化後13日





★孵化後14日





★孵化後15日





★孵化後16日





★孵化後19日





★孵化後21日





★孵化後23日







ブリードとしては これで完了と言う事にしときます


[PR]

by masax7790 | 2008-11-22 09:00 | カクレクマノミ ブリード

カクレクマノミ ブリード完了



カクレクマノミが孵化して23日



ほぼ完成形になりました



目標の20匹も達成できて 満足です



この20匹のカクレをこれから どこで育てようかと思ってましたが 半分近くを あやのさんに引き取って頂く事にしました



遠い過去(10年以上前)にもカクレのブリードをやってましたが 最高で4匹残せただけでしたので自分で言うのもなんですが 上達したようです



★極秘資料

e0359523_12322626.jpg




[PR]

by masax7790 | 2008-11-21 14:26 | カクレクマノミ ブリード

ウェーブボックス考案 物理式

サージバケットを作りながら壁にぶち当たり いろいろ考えてる中で



一休さんみたいに・・・・・チ~~ン



ちょっと待てよ!! 



トイレのタンクみたいにフロートを使えば 音も無く 出始めの泡も無いのが作れるんじゃないか?



でも今のも、殆ど作ったから 最後まで作ってから第2弾を考えようと思い 大まかな作りだけ考えていた



しかし・・・・・・



また、ちょっと待てよ!!



フロートを使うなら、もっと短い周期の流れも作れるんじゃないか?(今のは普通で30秒、短くても10秒くらい)
もし作れるなら、もし2~3秒くらいの周期が作れるならウェーブボックスが作れないか?
2~3秒周期くらいでON、OFFする流れが作れて 周期を思うようにコントロールできるように作れば できる筈だ~~~っ



私の苦手な電気式でなくて物理式のウェーブボックスです

私は原始人なので難しい電気のコントロールは考える気にもならない!!
長年いろんな方法を考えていて 良い方法が思いつかなかった事ですが



出来そうな気がしてきた
いろんな事を計算しないといけませんが ざっと計算したところ不可能では無さそうな気がしてきました



いや、きっとできる!!!



できる筈だ



できないといけない!!~~~~TUNZEに負けないのが5千円で



でも まだいろいろ考える必要があるのと 今作っているのを まずは仕上げないと・・・



と言う事で いつもの事ですが 何時になるかは分かりませんが・・・・・



適当に聞き流しておいてください・・・・・・・独り言です


[PR]

by masax7790 | 2008-11-19 17:50 | WaveBox(造波装置)作製(自作)

サージバケット作成 その1


e0359523_12322474.jpg































































これは元の設計図



サージバケットの製作ですが 7割がた完成して機能としては思った様に作動した
でも サイフォン管の上部に付ける管(スイッチング管と名付ける)から水が抜けた後に吸い込むエアの音がデカい



最初は普通に13φの塩ビ管でやってましたが最後にゴボ、ゴボッという鑑賞に堪えられない大きな音がする
そこで、ここをシュウさんの教えて頂いたように末広がりに改良してやってみた すると13φではゴボ、ゴボッいう感じの音だったのがゴボッと1発だけ大きな音がするようになった でも この1発も鑑賞に堪えられる物ではない
そこで 逆にこれをもっと細いチューブでやってみた するとプシュ~となんとか鑑賞に堪えられるレベルには音量が落ちたのですが エアを吸い込み切れないようで 水が止め切れず最下段まで下がって最後にゴボゴボゴボっという感じになる
改良点としてスイッチング管をエアホースクラスの細いチューブに換えて3~5本くらいの複数にして一気に吸い込めないようにもしてみたけど 大して変わらない



普通の干満を作る為のサージバケットとは違い 一気に大量の水を落として水槽を掻き混ぜようとする物ですから サイフォン管も25φの塩ビ管で落差も結構作ってます
ゆっくり落とすようにすれば それも解決できるんだろうけど ゆっくり落としたのでは意味が無い
そのせいで サイフォンを止めるときに吸い込むエアの量も半端ではないようです
スイッチング管を一番負圧のかかるサイフォン管の頂点に付けているのが原因かも知れない
こんなに苦労するとは思っていなかった



結構、難しくなりそうだ



今回のところここまで!!



まだ 排水から泡を抜くのは試運転までできていないので先が長くなりそうな予感!! 


[PR]

by masax7790 | 2008-11-18 19:48 | サージバケット(間欠水流装置)(自作)