OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
◆はわいさん だは..
by masaX at 15:27
こんにちは~。 シッタ..
by はわい at 14:37
◆王英さん スッキ..
by masaX at 19:26
水槽が、活魚生簀かのよう..
by 王英 at 16:26
◆デトリタスさん ..
by masaX at 08:19
ありがとーございます‼ ..
by デトリタス at 21:29
◆デトリタスさん ..
by masaX at 19:08
最新の記事
次の探索蜂
at 2017-05-26 19:40
熱い探索蜂が来たが
at 2017-05-10 11:51
探索蜂の観察
at 2017-04-29 20:23
オゾナイザー稼動
at 2017-04-24 15:00
リヤキャンバーは無くても良い..
at 2017-04-21 13:02
正弦波インバーター再作製 その4
at 2017-04-17 10:47
今年初の探索蜂
at 2017-04-15 17:22
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

<   2008年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧


みなさん、良いお年を!!

いよいよ今年も終わりに近付いてきました



今年もアクアに関してはいろいろやってきた年で warioさん始め いろんなブロガーさんの影響を受け 自分としては充実した進歩できた1年だったと感じます



また、産まれて初めてアクアリストにスイハイをして頂く事にもなりました



今年も1年 お付き合いくださってありがとうございました



水槽はなんとか維持できてますが まだまだ満足できる状態ではありませんので また来年も少しでも上向きの状態に持っていけるように いろいろとやっていく事になるかと思います



まずは光の充実かな?



冬休みは明日からになりますので しばらく留守にします



みなさん 良いお年を・・・・・・・


[PR]

by masax7790 | 2008-12-26 21:00

歩兵隊の活躍

トロロは無くなって 残ったのはバロニアと名前は知らないけど硬いヒゲ状の藻



家ではヒゲ苔と言ってますが・・・・・



このヒゲ苔を以前に入れた歩兵隊(ヤドカリ軍団)はかなり綺麗に食べ尽くしてくれた



それを期待して 今回も大量に入れましたが 少しづつは減ってる気もするけどって言う程度で食べてるのか食べてないのか分からないのが正直なところでした



が、



目撃しました!!



4種類ほどいる歩兵隊の中で 家では赤ヒゲと呼んでるヤドカリでケアシホンヤドカリかな?(生体の名前は全然知らないもので)
コイツがヒゲ苔をコツコツ食べてるのを・・・・・







映像では分かり難いが ハサミを引き寄せる時にピクっとなってるのが分かるかな?
1本づつ引き千切って食べてるようです
まあ、でも随分パワーが無い
以前入れたのは1週間もあれば ライブロックがハゲ山になったもんですが



まあ、いいか食べてるのは確かだし・・・・・


[PR]

by masax7790 | 2008-12-26 12:00

嫌気還元の必要性と鉄釘の副作用

2つ大事な事を忘れてた



1つ目はスキマーの必要性と合わせて 嫌気還元の為のDSBであるとか嫌気タンクであるとか この辺もわざわざ設置する必要は無いという事
逆に過度な嫌気還元はマイナス面の方が多いです



この件は何がどういけないのかは分かっていませんが 良くない事だけは確かです



硝酸還元に関しては 充分にライブロックがあれば事足りると判断しました



ここで言うライブロックというのは ショップで売ってる高いライブロックの事ではありません デスロックを水槽内で成熟させたものでいいのです
要は濾材といっしょで 岩もライブロックとして立ち上げればいいと言う事です



ただし 家の水槽も立ち上げて14年ほどになりますので 1から立ち上げて どれくらいの期間でデスロックがライブロックとして立ち上がるのかはわかりません
ただ、元々この水槽を立ち上げた時、その時の師匠の教えでベルリン式は立ち上げる必要が無い、セットした次の日からサンゴも魚も飼えるというのを信じてスタートして 確かに問題なく飼えましたので このライブロックもその内立ち上がるという感覚でいいのかも知れません



そんな感じで嫌気タンクも、いざという時の為に何時でもスタートできる状態で置いておきますが トラブルにならない限り回す事はないでしょう



あくまでも嫌気還元が必要ないという事ではなく しっかりとライブロックがあれば わざわざ厚い底砂や嫌気タンクなどを設置する必要は無いという事で 嫌気域はそこらに勝手に作られると言う事ですので お間違いなく・・・・・



それから2つ目



それは 鉄釘についてですが リン酸塩の除去に関しては間違いなく効果がありますが 副作用が出るのかどうか、よく言われる藻類のブルームなどが起こるのかどうかというのを確認しておりました



この結果としては 副作用は出なかったという結果です



ただ、この鉄釘に関して、釘の材質によっては水槽の崩壊にもなり兼ねないの事実で かなりのダメージを受けられた方もおられます



立ちの悪い事に この釘の材質に関しては買うときに明記して無い場合が殆どで 単に鉄と書いてあっても メッキがあったり有害物質が入っていたりという事もあります



なので この鉄釘の使用に関しては非常に良いものですがリスクもありますので、決してお奨めはしません。


[PR]

by masax7790 | 2008-12-25 07:00

単なる記録 2008/12/25

・記録・



嫌気タンク・完全ストップ(10/26より)
オゾナイザー・OFF
サージバケット稼動
ウェーブマシン(夜だけ停止に変更)
スキマー強度・強めのオーバースキム(まだ最強ではない) 水面最上
リアクター・CO2 1滴/秒 排水 3滴/秒(12/7メンテナンス)
水温・25℃
鉄釘・約50本(スキマーの釘は取り出す)
添加剤・なし
吸着剤・なし
陽光ランプ・集光に変更
換水・12/13 200リッター
硝酸塩・2.5ppm
リン酸塩・?
KH・?
比重・1.025
バイオスコール・(12/13・・250cc添加)



スキマーを強めのオーバースキムにして コエダの夜のポリプの出も戻り成長スピードも上がってきている



切り刻んだハタゴもだいぶん復活してきている
もう少し戻ったら 切り直すつもり



ハナガササンゴ・駄目な感じ


[PR]

by masax7790 | 2008-12-25 06:00 | 単なる記録

今年1年の収穫

今年も1年いろいろとやってきましたが 今年の一番の収穫はスキマーの必要性と添加剤は不要だという結論だと思います



以前から長く嫌気タンクを使った硝酸塩の除去を続けてきた中で硝酸塩はしっかりと抑えられるのに(リン酸塩は抑えてるのが前提)どうもサンゴの調子が上がらない
逆に嫌気タンクを止めてスキマーを使うと 硝酸塩は少々上がりますがサンゴの状態は上がってくるという事を見てきた



この辺の事を検証する為に 嫌気タンクを止めたり、弱めたり、スキマーを止めたり、弱めたりと言う事を繰り返してきました



最終的には嫌気タンクの稼動に拘わらず スキマーを強くするのが一番効果が出るという結論に達しました



嫌気還元では除去されないけれども スキマーなら除去されるもの、それがポイントではと思います
これは硝酸塩やリン酸塩などの一般的に害と言われる物質以外の悪、それを除去するのがポイントなんだろうと思う



昔からスキマーを強くすると 必要微量成分が除去されるのであまり強くしない方が良いという事も言われてきましたが これに関しては違うという結論を出しました
ここは あくまでもリアクターが有るというのが前提ですが
スキマーで必要な成分は除去されないという結論です



これは家のシステムだけを見ての判断ではなく warioさんの水槽の状態とcoral-Paradiseさんからの情報も合わせての結論です
家のシステムでは 添加剤は使わず他の部分は変えずにスキマーの強度だけを変えた場合、強くすればするほど状態は上がりますし それこそオーバースキム気味にする方がより状態が上がるという事です



このスキマーで除去される汚物は嫌気還元では除去されないけれども スキマーにあまり頼らないecoシステムなどの場合、この汚物を海藻などが吸収してるのではと思います



これが今年1年で私が私なりに出した結論です
もちろん これはまた来年1年やってみて覆す事になるかもしれませんが今のところは間違っていないと思ってます



ということで、しばらくスキマーをかなり強め(オーバースキム)の設定で回す事にしました


[PR]

by masax7790 | 2008-12-24 07:00

色上がりか???

★購入直後1週間(購入時はもっと白かった)

e0359523_12325699.jpg























★現在

e0359523_12330485.jpg

これは最近で一番色が変わったサンゴで入って80日くらいのサンゴ



品種は不明
こんなパステル調のサンゴが家で飼えるだろうか?という事で、ある意味チャレンジャーという事で買ったサンゴですが これが思った以上に丈夫なサンゴです 無敵のコエダミドリイシが調子を崩してる時でもコイツは知らん顔してましたね
全然チャレンジになっていなかった様です



ショップはアキュリさんです
良いサンゴを分けて頂きました!!



ショップさんでは深場系だと聞きましたが 雪風さんに見てもらったところ 特に深場系では無いそうです



というか 深場系じゃないサンゴが偶々深場に生息していたのを捕ってきたのか?



それを光が強めの特等席にレイアウトしたから色が出てきたとか



こんな感じで 薄いピンク色だったのが どちらかと言うとパープルっぽい濃い色に変わってきた
元気だけれども成長速度は非常に遅い気がする



これを色上がりと言うのか 色下がりと言うのか



個人的には綺麗な色になってきたので色上がりと言う事にしときます


[PR]

by masax7790 | 2008-12-20 06:00

単なる記録 2008/12/20

・記録・



嫌気タンク・完全ストップ(10/26より)
オゾナイザー・OFF
サージバケット稼動
ウェーブマシン(夜だけ停止に変更)
スキマー強度・強 水面最上(インジェクター改良)12/17エアの詰まり修理
リアクター・CO2 1滴/秒 排水 3滴/秒(12/7メンテナンス)
水温・25℃
鉄釘・約50本(スキマーの釘は取り出す)
添加剤・なし
吸着剤・なし
陽光ランプ・集光に変更
換水・12/13 200リッター
硝酸塩・2.5ppm
リン酸塩・?
KH・?
比重・1.025
バイオスコール・(12/13・・250cc添加)



スキマーの汚水が少なくなってきたので点検するとエアこコックが詰まっていた
コエダミドリイシの調子が少し落ち気味だったのはこれのせい
掃除してみると 汚水の出方も戻って コエダの夜のポリプの出も戻った
スキマーの重要性を改めて感じた



スギブルー・ブルー ほんの少しだけポリプが出ているところがあるけれどブルーはどんどん落ちてくる
照明の強化が必要



ハナガササンゴ・変わらず駄目な感じ


[PR]

by masax7790 | 2008-12-20 05:59 | 単なる記録

水槽の躍動感



ウェーブマシンも完成して何か生体に変化が出るかと思いましたが今のところ 生体には特に変化はありません



まあ、これはいいとして すごく水槽が自然な感じになってきたと鑑賞面では非常に満足できる仕上がりになりました



本当はできればポンプとボックスを使ったTUNZE式のウェーブボックスを作りたかったところですが 使えるポンプは全てバカほど高い BOX丸ごと買えるじゃん!!って感じで
TUNZEを買った人がポンプが壊れたらどうするんでしょうね?



で、しょうがなしに今回作ったドルフィン式(トワさんが名付け親)ですが 嬉しい誤算で この方式はボックス式と違って水面にも乱れた波が立つんです
この波が良いもので メタハラの光がギラギラ揺らぐのと 水面の波の動きで水槽に躍動感がでました



今までもPHで少しは水面に波を立ててましたし メタハラのギラギラもありましたがレベルが違います
今まで波の無い水槽に慣れていたので何とも思いませんでしたが 波を止めてみると 死んだような水槽に見えてしまいます



生体にとっては どうなのか これからの事ですが作って良かったと感じてます
これも手放せない機材ですね


[PR]

by masax7790 | 2008-12-19 07:00 | WaveBox(造波装置)作製(自作)

銅の錆(緑青、青錆)について

私が古い人間だからだろうか、銅にできる青錆(緑青)は猛毒だと思ってたし そう教えられてきた



アクアに使う硫酸銅も猛毒だし 当然かと思ってましたが ふとした事で青錆について検索してみると 青錆が毒だと言われたのは昔の事で 今では殆ど害は無いとされているそうです



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E9%9D%92
http://www2.ginzado.ne.jp/shayo/dou/dou.htm
http://www.house-art.jp/blog/2006/12/post_15.html



これがサンゴにも無毒かと言われれば?ですが 今までは ホースの金属クランプに青錆がついたりするとそこから水滴が落ちたりしないようにとか 絶対に水に浸けてはいけない、とか思って水滴が付かない場所にホースを移動したり 取り替えたり かなり神経質になってました



また水槽システムの中で特にホースなどの整理をするのに よく銅線(ビニールの被った電線)を使ってどこかに引っ掛けたり という使い方をしてましたが結構気を使って そこから水滴が水槽に落ちたりしないようにとか電線の切り口をゲル状の瞬間接着剤で塞いだり かなり無理をして使ってたケースが多かったですが そこまで気を使わなくて良さそうな感じです



これで銅線(電線)が使いやすくなった!!



未だに銅の緑青は猛毒だと思ってたのは私だけか?


[PR]

by masax7790 | 2008-12-18 07:00

ハタゴイソギンチャクの分割法を考える

ハタゴの分割ブリード2回目も ダメだった



少しやり方を変えないといけないだろうという事で次のやり方を考えてみる



普通に分割するなら 水槽から取り出して口のところから分割すれば上手くいく筈ですが それでは小さなハタゴは作れないし面白味がない
目的はミニチュアを作る事ですから・・・・



で、2度の肉体切り離しに耐えたハタゴ本体を見て考えた方法ですが 
この2度の切り離しで本体には何箇所も切り口ができていて(要はズタズタ)部分的に触手が小さく縮んでいる部分がある この部分をピンセットで引っ張ってみると 本体とは そんなに大きく繋がっていない部分で 千切れそうになってる部分なんです



この部分は切り離してしまった肉片と違って縮んではいるものの溶けたり腐ったりしてこない



★ きっと、これだ!!



e0359523_12324317.jpg



ハタゴの肉を一度に切り離すのではなく 一部分繋がった状態である程度切り口が回復するまで放置してから繋がっている部分を切り離せばどうだろう?
傷口も小さくて上手くいくのではという考えです



今のところハタゴ本体も元気ですがズタズタなので傷が回復すれば 改めて挑戦してみたいと思います


[PR]

by masax7790 | 2008-12-17 07:00