OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
◆musashiさん ..
by masaX at 12:43
大変ご無沙汰です おめ..
by musashi at 11:31
◆ミニミニさん あ..
by masaX at 22:13
おめでとうございました。..
by ミニミニ at 20:52
◆王英さん こんにちは..
by masaX at 13:44
ほほえみの裏はギラギラだ..
by 王英 at 23:38
◆はわいさん だは..
by masaX at 15:27
最新の記事
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

<   2010年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧


サンゴの白化・・・ではなくて

e0359523_12474744.jpg





このサンゴは入海して1000日を越えたところですが

入海当初、ライブロックの端っこに着いてた肉片から成長してきたものですが



入海当初から土台のライブロックにシオグサが生え始めて そのシオグサを囲むようにサンゴが成長してきて サンゴとシオグサのせめぎ合いを続けておりました



まるでサンゴの真ん中からシオグサが生えてきたように・・・・・


そのシオグサがトロロの消滅の後 勢力を落とし始め サンゴの真ん中にあったシオグサも とうとう殆ど無くなってしまって まるでサンゴの真ん中に穴が空いてしまった様に・・・


このシオグサも 消えてきた理由がはっきり判りませんが 時々ヒフキアイゴが 突っついてるのは確かな事です(でも はっきり食べる瞬間を見た事はない)

トロロが無くなったから 仕方なしにシオグサも食べてるのか?



それとも シオグサのスイッチも切れたのか??


このサンゴのところだけではなくて まるで芝生のようにライブロックを覆い尽くしてたシオグサも消滅してきている


なぜか、少し前まで成長しなかった 同じシオグサ科のホソジュズモだけが スイッチONとなって大繁殖しはじめておりますが シオグサ科の藻類が欲する成分をホソジュズモが独占体制に入ったのか??


よく分からないけど 良い事なんだろうか??!!


 


[PR]

by masax7790 | 2010-08-31 23:52 | Comments(0)

ブリードタンクの水温

ニュースによると 猛暑日の継続記録を更新中だとか・・・・



先週末も焼け付くような強い日差しがブリードタンクに射し込んで サンゴがギラギラと輝いておりましたが 



そう言えば 昼間の太陽光ブリードタンクの昼間の最高水温が気になりながらも 確認した事が無かった



妻から28℃だとか、29℃くらい だとか噂には聞いておりましたが 自分で確認した事が無かったので 見てみた



丁度、お昼過ぎで 外はガンガンに暑い(気温は37℃とか) 



きっと最高温度を記録するだろう、という時間帯に・・・・


確認したところ
29.5℃



本水槽のクーラーの設定温度は26.5℃(繋がってる)で本水槽はきっちりと26.5℃で抑えているけど 温度差が3℃(2℃程度はあるだろうと予想してましたが)



太陽光の熱ってのは凄いもんです メタハラの比じゃない!!



昼間は29.5℃ですが 日が沈むと設定温度の26.5℃まで落ちるので 1日の温度差がこの3℃という事になる 



でも、サンゴはみんな平気な顔してる



平気な顔というより 本水槽よりも顔色が良い



もちろん、メタハラと太陽光の光の質の違いがありますが 1日の温度変化もプラスになってるのでは?、と本気で思い始めてきている


涼しくなる前に 早くサーモスタットを完成させないと・・・・・






[PR]

by masax7790 | 2010-08-30 23:25 | Comments(0)

給餌器 作成

お盆明けから 群の勢力が上向きになってきているところですが



夏分蜂のお陰で 群が一回り小さくなってしまったので



このままでは 秋の採蜜期に満タンにならない気がしてきた


そこで 早いうちから給餌で 増強スイッチを入れてやる事にした


普通だと 巣箱の中で給餌するようですが 巣箱内での給餌だと内検などもし難くなるし



この周辺では 外での給餌でも そんなにライバルもいないし 内部ではなくて 巣箱前で給餌する事にした



ただ 巣箱前での給餌には 少し問題があって 



それは 「アリ」



ミツバチの餌は砂糖水なので あっと言う間に「アリ」が上がってくる


それから 給餌は普通、器に砂糖水を入れて 蜂が溺れないように水面に割り箸などを浮かべておくのですが それでも結構 溺れる蜂がいる



水だと 少々溺れても 浮かんでる割り箸につかまって這い上がれば それで助かるのですが 濃い砂糖水のせいで 羽がくっ付いてしまうのか 一度水に浸かった蜂は すぐに飛べなくなるようだ


そこで 蜂が砂糖水を安全に吸い易く しかも なるべく効率良く巣箱に持ち帰れる様に
それと合わせて アリが上がって来ないように工夫する必要もある


そんなところで 給餌器を作ってみた



e0359523_12474627.jpg



これをプラケースに入れて



e0359523_12474665.jpg



これに砂糖水を入れると 水面に浮かんで 「いかだ」の様になる訳です

蜂はこの「いかだ」に乗って安全に餌を吸う事ができる

このケースごと 少し大きくて浅くて広い容器に入れて その容器に水を張っておく事で アリがケースに入って来れないようにもできる



蜂が溺れる事もなく 一度に多数の蜂が同時に餌を吸う事ができる



それから 4本立ってる割り箸も 蜂の体力をなるべく消耗させずに仕事の効率を上げるのが目的です


この給餌器は いきなり出来上がったものではなくて 水面に浮かべる割り箸から始まって



蜂が餌を吸う様子、巣箱から来る様子、巣箱へ帰る様子 そんな所を観察しながら いろいろと改良を重ねて 出来上がったものです


こんなのを作る時にも 「秘密の樹脂」が役に立ちます(使い易くて早い)


これが実際の給餌の様子





給餌器から立ち上がる柱は巣箱に くっ付けずに 蜂が背伸びしたら届く程度、離しておく



これは 巣箱からアリが伝って来ないようにですが 蜂は殆ど飛ばなくても 移れるので 体力の消耗を抑えてやる事ができる



非常に効率良く 巣箱の往復ができている



これで毎朝、決めた量を給餌器に入れてから仕事に出れば良い



この給餌器が出来上がるまでに いろいろ観察しながら給餌してたのですが
使った砂糖水が ほぼ1リットル
これを吸い尽くすのに2時間も掛からなかった

いったいどれくらいの給餌量が適量なんだろう??



こんな勢いで運んで行くとは思っていなかった



あんまり やり過ぎないようにだけ注意しておく事にする


これで 早めに群の勢力を増強できれば 良いんだが!!



とりあえず しばらく500ccのペットボトル半分を朝の給餌量として 様子を見ながら進めていく事にする





  


[PR]

by masax7790 | 2010-08-29 19:04 | 日本ミツバチ | Comments(0)

ついに出たか!!  デニボール

ついに復活か!!



生分解プラスチックの大御所 デニボール



http://e-lss.jugem.jp/?eid=165



LSSさんから発売されたようです



昔のデニボールとは成分が違う、となってますが どうなんだろう??


懐かしいなぁ!!

昔、嫌気還元を追い掛けていた頃 嫌気還元の命とも思ってた商品ですが 販売中止になり
その後も いろいろ代用できる生分解プラスチックを探したものですが デニボールに勝る商品は見付かりませんでした



今は嫌気還元に見切りを付けて BPシステムで進めてますが もし あの時、デニボールが販売中止になってなかったら 今のシステムは無かったかも知れないし 今も嫌気還元を追い続けてたかも知れない



そんな意味では 販売中止になったお陰で 今のシステムがある、とも言えるので 良かったのか悪かったのかは なんとも言えませんが 何かと思い入れのあった商品です


当時は あくまでも嫌気還元の為の炭素源、という使い方しかしてませんでしたが これは ひょっとすると好気域でのBPシステムの炭素源になるかも知れないし 是非とも一度は使ってみたい、と思うところです



昔のデニボールと何が違うのか分からないけど 使い方によって きっと面白い商品だと思います

機会があったら また使ってみたいところです


LSSさんなら これでZEOが回せないか、まずはやってみて欲しいところです






  




[PR]

by masax7790 | 2010-08-27 20:45 | Comments(0)

カクレの寝床



これは 1年ほど前にあやのさんから送って頂いた 「コフキ」だったかな??



ウミアザミですが太陽光ブリードタンクで元気に適当に そこいらで育っていて



半年ほど前から ブリードタンクに入れてやった独り者のカクレが 気に入ったようで



ずっと住処にしている

入れた時は ウミアザミがこんなに大きくなくて 隣のハナガササンゴに入りそうになってたのですが ウミアザミが大きくなるにつれて ウミアザミを完全に寝床にしはじめた



ハナガササンゴだと サンゴの方が弱ってしまうけど ウミアザミは全くダメージを受けないようだ



これ いいかも??



このカクレは 家でブリードした子ですが本水槽で親のペアと 子供が3匹だったのですが



そのうち子供の中でペアができてしまって 1匹だけ のけ者に


それで1匹だけ ビップルームのブリードタンクで 悠々自適に暮らしております


他の株が もう少し大きくなったら 本水槽でゆらゆらさせるために投入する予定!!


 


[PR]

by masax7790 | 2010-08-26 22:30 | Comments(0)

ウェーブコントローラー作成 終盤

現在進行中のウェーブコントローラー作成も終盤に差し掛かってきた



今回のポンプはACポンプですが



ポンプのドライバーになるSSR、電源になるACアダプターも 届いたので



ドライバーのテストを含めて



最終テストに入りました





ビカビカ光ってるのは ポンプの代わりにテストで繋いでるLED



見てられん・・・・・目がチカチカしてきた(笑)





当然ですが 無事に稼働している



あとは 使い勝手の部分を煮詰めていきます


性能だけではなくて 使い勝手もメーカー品に負ける訳にはいきませんので



完成には まだ もう少し時間が掛かります






[PR]

by masax7790 | 2010-08-26 00:03 | WaveBox(造波装置)作製(自作) | Comments(0)

勢力 上向きに

盆が明けて しばらく縮小傾向にあった群が ここに来て 勢力を復活しはじめたようだ



↓8月23日



e0359523_12474427.jpg



↓8月25日



e0359523_12474480.jpg



全然涼しくならないけど 勢力は上向きに転じてきたようだ



時騒ぎらしき動きがあったと妻も言っておりましたので これからまた増えていってくれるのか?



画像右上の空洞部分にも 新しく巣を作り始めてきた



ここからが勝負か!!



あと2ヶ月ほどになるのかな
頑張ってくれ!!


今年、蜜採らせてくれよ~~~~!!


[PR]

by masax7790 | 2010-08-25 18:10 | 日本ミツバチ | Comments(0)

ちーちーぱっぱ

突然、妻が歌い出した



「ちーちーぱっぱ、ちーぱっぱ」
「スズメの学校の先生は~~~~」



ときたところで・・・・



「あれ、この先の歌詞って 何やったぁ??」


子供に聞いても
「知らん」

私も分かりませんでしたが
今時、そんな事はググれば すぐに出てくる




答は言いませんが 昔の童謡って怖いですねぇ~



児童虐待??




それだけ~~っ




[PR]

by masax7790 | 2010-08-25 10:07 | Comments(0)

やっと見つけた

見つけたんじゃなくて 見つけてもらったんです



15年越しで探してきたブツですが



地元沖縄の海ボーズさんに送って頂きました


探してたのとは 本当はちょっと違うはずですが ほぼこれです



e0359523_12474336.jpg



簡単に言うと シークワサーのジュースです


これは もう15年ほど前に 妻とダイビングで沖縄の座間味へ行った時に 地元のスーパーで見つけて飲んでみたジュースですが 当時、お店の人は座間味にしか売ってません、と言ってました



気に入ったので その後、何度か座間味ではない沖縄へ行った時には その度に土産物屋さんで探したものですが 見付からず よく似たものも無かった



シークワサーの濃縮果汁はどこにでも売ってるのですが こういうのは見付からず


それで ひょっとして海ボーズさんなら御存知かも?、と ふと思って聞いてみると


聞いてみるもんですねぇ



座間味のとは違うでしょうけど 要は同じもので これを教えてくださいました


今まで 土産物店で探してたから見付からなかった様で 沖縄では有名な物だった様です



座間味でも地元のスーパーマーケットに売ってたものですから 土産物として販売されてるものではなくて 地元の方が消費する為に製造されてた様ですね


別に どって事ないような物ですが 15年以上、探してきた物が手に入ると嬉しいものです


夏にはピッタリの飲み物です



今年初めて この残暑を嬉しく思いましたね(笑)


炭酸で割るとシークワサーソーダ!!
最高に美味い!!







 


[PR]

by masax7790 | 2010-08-24 23:57 | Comments(0)

単なる記録(BB & EM)10/08/24

ドライリアクターV2に改良(8/24~)
換水200リッター(8/24)
リアクターのCO2を1秒1泡強に強める(6/16~)
リアクターの排水 KH28(以前は20) 水槽水は7~8 
リアクターのメディアをPurely Aragonite Large に マグネシウムメディアの使用開始(5/26~)
スキマー間欠運転設定変更(5/24~)昼間1.5時間ON、3.5時間OFF,夜間1時間ON、2時間OFF
培養添加を再開(5/15~)
培養添加を中断(4/11~)
スキマー間欠運転設定変更(4/11~)常時1時間ON、5時間OFF,昼間は常時OFF(1日3時間稼働)
スキマー間欠運転設定変更(3/23~)常時1時間ON、4時間OFF
スキマー間欠運転設定変更(3/20~)常時1時間ON、3時間OFF
スキマー間欠運転設定変更(3/18~)常時2時間ON、OFF
BP培養添加をV1に戻す(3/18~)
BP培養添加V2開始(1/20~)
エキスXしばらく中止(11/07~)
培養添加にEM3を追加(11/06~)
スキマー間欠運転設定変更(11/07~)
換水200リッター(12/20)
炭素源を培養添加法V1に戻す(11/03~)
純米酢を炭素源に追加(10/24~)
木酢液使用再開(10/17~)
エタノール使用開始(9/24~)
鉄釘タンク再稼働(9/13~)
スキマー設定変更(10/2~)
スキマー、ダウンドラフトに変更(9/22~)
BBシステム設定変更(9/13~)
炭素源、添加量変更(9/07~)



EM糖蜜、ハチミツ、とぎ汁 培養液作成(3/20~)
EMハチミツ培養液追加
EM再開海水培養(7/31~)
BBシステム始動(09/07/31~)



みりん・1.0cc、黒酢・1.0cc、純米酢・1cc、リポ1cc、エタノール1cc、木酢液1cc、与那国1ccのうち気まぐれで2種類+EM10cc+EM3(原液)0.5cc+納豆菌5cc(朝夕2回)、培養添加V1方式に戻してみる



KH6からスタート(8/24~)
硝酸塩・?ppm弱(05/17)↑
リン酸塩・完0ppm(01/03)→



天然海水40リッター投入(9/21)
ライブマッド投入(9/21)
バフンウニ投入(7/20)
換水200L(3/18)



BBシステム設定
・4時間OFF、2時間ON、ドライボールあり 流量10L/分



リアクター排水・0.12cc/sec
スキマー、常時(2時間ON・3時間OFF)(6/12~)
スキマー、ベケドラフトに変更
オゾナイザーをスキマーに同調(8/10~)
本水槽の回転数、2.5回転



※リアクターをV2に改良 流量10時間、CO2・1滴/sec、換水後KH6からスタート
排水のKH38


[PR]

by masax7790 | 2010-08-24 21:39 | バクテリオプランクトンシステム(単なる記録) | Comments(0)