OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
最新の記事
仕上げ(改良)
at 2017-07-18 14:39
もう一度ツインウィールキャスター
at 2017-07-16 23:05
良さそうな6インチのキャスター
at 2017-07-12 13:16
ツインウィールキャスター
at 2017-06-25 21:06
プーケット
at 2017-06-23 20:29
実走テスト
at 2017-06-11 12:46
キャスターを取り換えてみる
at 2017-06-07 11:20
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

<   2011年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


水合わせタンク作成

先日 この水合わせタンクの外郭になる 



レフジュームタンク(餌付けタンク)は完成しましたので



次は中に入れる 水合わせタンクの作製



この水合わせタンクのコンセプトは



「冬でも平気で10時間以上の水合わせが 寝ながらできる」

です


以前から 魚を買ったショップの水槽で薬を使っていない事を確認した場合は



メインタンクにケースを浮かべて かけ流しの状態で水合わせをするので



10時間の水合わせでも寝ながらできたのですが 



ショップの水槽で薬を使った事のある水の場合は



メインタンクに流す訳にはいかず 仕方無しにバルコニーでやる必要があったので 



冬や真夏には水温が急変するために 長時間はできなかった



でも 今回は たとえ薬を使った事のある水が入ってた場合でも



メインタンクの上で 温度合わせと水合わせを同時に しかも手放しで行えるタンクを



作る事にしました


構造はごくごく簡単な物ですが



e0359523_12580802.jpg





e0359523_12580874.jpg



まだ水は入れてませんが 仕組みも簡単で



メインタンクの水が循環するレフジュームタンクに水合わせタンクを浮かべ



メインタンクから点滴で水を入れ 水合わせタンクの水位が 決めたラインを超えると



ホースでバルコニーへ排出される、という仕組み


これで 薬を使った事のある水であっても 温度の心配が無いので 



サンプの水が限度を切るまで水を流し続ける事ができるので



最大100リッターくらいの水を流す事ができる




これで いつでもクイーンを受け入れる体制が整った!!


[PR]

by masax7790 | 2011-12-30 17:34 | Comments(0)

レフジュームタンク(餌付けタンク)作成 第一段階

新しい水槽も すっかり立ち上がったので



そろそろ クイーンエンゼルを探そうか、と思ったところで


そう言えば 水槽を新しくして 水槽の上に乗せてたレフジュームタンク(餌付けタンク)が



無くなってる

以前使ってたタンクは残っているけれども 水槽の奥行きを1センチだけ小さくしたので



メインタンクの上に乗せられなくなったんです


先日、アクリルの切断のテストのため レフジュームタンクの台だけは 



加工しておいたので 次は上に乗せるレフジュームタンクを作る



最近はアクリルの加工にも慣れてきたので オーダーではなくて



自分で作る事にした


小さいのばっかりですが 水槽自体を作るのは 



太陽光ブリードタンク、ナノリーフタンクに次いで これで3作目になるので

ここにきて ようやく ちょっとはマシな接着ができるようになってきた!!



なんとか人に見せても格好悪くない水槽になってきた気がする(笑)



とは言っても やっぱり接着剤が垂れてしまったところが何ヶ所か有って



まだまだ商売にはなりません!!





形としては サイドフローで 排水はメイン水槽にそのまま落とす形



e0359523_12580761.jpg



このレフジュームタンク



実は レフジュームである事よりも 餌付けと水合わせ



特に魚の水合わせに使う事を重視していて



餌付けに使わない間は レフジュームにでもしておこうか、という程度の存在ですが

そのあたりの細工は まだこれから


今日は ここまで!


[PR]

by masax7790 | 2011-12-27 23:39 | Comments(0)

冷却ファン

ACポンプインバーター1作目で コラリア4を2台同時に回すテストをしていたところですが



トランスを換えて スムーズに2台駆動できるようになって長時間テストをしていて



これも難なくクリア、かと思われたのですが



ここまでのテストでは ケースのカバーを外してのテストだったのを



カバーを閉めて 最終テストに入ったところ 



稼動して数時間後に ポンプが不安定になり始めた


見ると LCDの色も何か変な感じになっていて ケースを触ってみると 



デジタルアンプの周辺の温度がやたらと高くなっている



ケースを被せた事で 温度が逃げずに高温になってしまうようで



それが原因で アンプの出力が安定しなくなってるのが原因のようだ 



要するにオーバーヒートの状態!!


これを解決するのに まずケースに通気するための穴を周囲に開けてみた



e0359523_12580607.jpg



これで どうかと、かなり長時間回してみたところ 前回よりは長く持ったけれども



やはり何時間か後に不安定になった


小さいと思ってたポンプですが なかなか電気も食うようで



負荷も大きいのか2つ回すとかなり発熱するようだ



もっとたくさんの穴をケースに開ければ解決するかも知れないけれども



強力にするために アンプに冷却ファンを付ける事にした



e0359523_12580637.jpg



↓ケースにも一つ!



e0359523_12580692.jpg



これで 2台のポンプでも長時間安定するようになった



しかし



今まで コラリアマグナム8(20W)で ずっとテストしてきた1作目が



公称わずか13Wのコラリア4を2台回しただけで こんなに苦しくなるのも変だ!!


先日 想定していたよりも大きな電流を食っている事は分かったのですが



もう一度 ポンプをACインバーターを繋がずに



単独で商用電源に繋いで電流を測ってみると



コラリアマグナム8が230mAだったので23W(公称20W)



これは ほぼ想定内ですが これに対して



コラリア4を測ってみると300mA



と言う事は30W(公称13W)



えっ???



そんなはずは無い



マグナムより大きいはずは無い



間違ったか、と思って何度も測り方も変えて測定してみたけど 間違いない



なんと、コラリアマグナム8よりもコラリア4の方が消費電力が大きい



流量はコラリアマグナム8の方が3倍ほど大きいし 実際に感じるパワーも



3倍くらい大きいのに・・・・・・なんで??


コラリアマグナム8を2台繋ぐより大きい事になるんだから

ACインバーターが音を上げて オーバーヒートするのも当たり前でした



計算が合わない筈だ!!



だから前バージョンは販売中止になったのかも知れないなぁ




逆に考えると コラリアマグナムは非常に効率が良いポンプだと言える!!


ま、でも これで長時間テストに入って 耐えられるかどうかを見て



大丈夫なら コラリアマグナム8を2台でも回せる事になるので(笑)



それはそれで 良し、とする


[PR]

by masax7790 | 2011-12-26 08:50 | ACポンプコントローラー(正弦波インバーター)作製(自作) | Comments(0)

アクリルの切断

水槽を入れ替えた時に その古い水槽を2Fの部屋から階段を通って 



下へ降ろす事ができなくて その時は



仕方が無いので 手元に有った丸ノコで切ってから降ろした事があったのですが



その時に思ったのが 普通の木工用の丸ノコで 



わりと奇麗に切れる!!



って事



これは いつか試しに使ってみよう、と思ってたのですが



その機会がありました



e0359523_12580490.jpg



これは 元々、メインタンクの上に置いてたレフジュームタンクの台にしてた物ですが



メインタンクの奥行きを1センチ短くした事で 収まらなくなってたので



これを切断して加工しようか、と



こんなの手ノコで切ってたんじゃ 切断面が出せないし 再接着がうまくいかなくなるので



切れ味をテストするのも兼ねて 丸ノコで切ってみる事にした



使った丸のこ歯は 普通にホムセンで売ってる 安物の歯です



e0359523_12580478.jpg



しかも あくまでも木工用


これで切ってみると



e0359523_12580473.jpg



左が 「はざい屋」で仕上げ無しの荒切り



右が 今回の丸のこで切った切り口



画像では分かり難いですが 切り口の仕上がりは同等です



e0359523_12580511.jpg



1センチだけ短く切って



もう一度 切ったところで接着



e0359523_12580537.jpg



切断面が奇麗なので 接着剤も きれいに走ってくれる



これなら 真っ直ぐに切るための丸ノコ定規さえ使えば



「はざい屋」さんでカットしてもらわなくても充分に使える


はっきり言って



前の 捨てた水槽の切り口より綺麗に切れてます(笑)


丸のこでは アクリルが割れるか あるいは溶けてモロモロになるか



そんな事だろう、と思ってましたが 意外や意外


使える!!


[PR]

by masax7790 | 2011-12-25 14:43 | Comments(0)

環境が合ってきた

e0359523_12575864.jpg



これは 8月に赤穂さんから ヒゲゴケ除去実験のために送られてきた



ウスコモンです


このサンゴは ヒフキアイゴのいる本水槽ではなくて



ヒゲゴケが出ない要素がヒフキアイゴだけなのかどうかを 確認するために



ず~~っと 太陽光ブリードタンクで暮らしてきた


結果としては ヒフキアイゴがいないブリードタンクでも ヒゲゴケは消えていった



記憶の中では 1ヶ月後には ほぼ消えていたように思う


捕食者の存在の影響も大きいけれども それより何より基本的な環境によって



良いか悪いかは別として 藻類の繁殖は決まってくるのが分かる



このサンゴも 入った当初



あんまり 家の水槽に馴染めないような顔をしてたのですが



なんとか馴染んだような顔になってきましたね!!


[PR]

by masax7790 | 2011-12-23 21:34 | Comments(0)

コラリア4を2発

少し前の記事で 中間サイズのコラリア4で



ACポンプコントローラーのテストをやってた事は書きましたが


今回、海ボーズさんから 同じコラリア4をもう一台 送って頂いて



1台のACポンプコントローラーで 同時に2台のポンプを駆動するテストも行いました


1台でのテストは 問題無く回す事ができたのですが



なぜか 2台を同時に回すと安定しない


公表されてる消費電力で考えると 1台が13Wとなってるので



2台合わせても26W



コラリアマグナム8は公表20Wでしたが 実際は25Wでしたので



26W程度なら 問題は無いとの思いだったのですが


実際の電流から測ってみると 2台同時に回した場合



およそ50mAの電流がポンプに流れる



という事は およそ50W



1台でも25Wほど 



となると マグナム8と さほど変わりない事になる(パワーは全く違うのに)


電圧も測ってみると 2台同時に繋ぐと 65V程度まで下がってしまう


公表されてる消費電力など アテにしてはいけなかった、という事か??


そんな事で 今回テストに使ったのは デジタルアンプを使った1作目ですが



早速、最終出力のトランスを30VA程度のトランスから 



少し大きな50VAのトロイダルに取り換えて 再テストしてみた



あっさり解決!!




トランスが小さいと 「焼ける」心配があるだけじゃなくて



出力インピーダンスが上がってしまう、という事にもなるのが よく分かった!!




あとは微調整を ゆっくりやっていく!! 


[PR]

by masax7790 | 2011-12-22 08:47 | ACポンプコントローラー(正弦波インバーター)作製(自作) | Comments(0)

独り言・・・・

今日は 久しぶりに 独り言・・・・・・・





海水魚やサンゴの飼育 いわゆるマリンアクアリュームを始めて



まず誰もが思うのが どうしたら長期維持できるようになるのか?



というところでしょうが 実はこれは今の時代では 



昔と違って そんなに難しい事ではなくなってきている



昔のようにPCなどが普及していなかった頃は 



街にも海水魚を扱ってるショップはごく少数でしたが



その少ないショップへ通って



ショップで教えて貰うか あるいは 少ない雑誌(TMAなど)などを読んで勉強するか等



海水魚に関する知識をつけるには そんな方法しか無かった上に



その当時の情報は ショップで聞く情報も 雑誌に載ってる情報も 今から考えると



当然ですが正しくない情報が多かったので ショップで聞いたり 



雑誌で読んだりした情報を鵜呑みにせずに どれだけ自分でいろんな事を経験して 



自分の情報として蓄えていくか、



本当に正しい事は何か、という事を見つけていく必要があった





でも たくさんの情報が簡単に入手できるようになった現在では



多くの人から教えてもらう事もできるの上に



間違った情報も昔と比べて少なくなってきたので



経験を積めば ほとんどの人が ある程度の長期維持ができるようになってきました



でも だからといって 今は長期維持している人が それだけ増えたか?



と聞かれると そんなに増えていないような気がする



なぜ??


飼育に関する知識は 今なら どこからでも入手できるし 



デタラメな情報も一時と比べると減ってきた



最近では 実際に海水魚飼育を始めたばかりのビギナーが 



サンゴの飼育まで ある程度できるようになるのに 



5年も10年も掛かってるのは見た事が無いし



多くのビギナーが1~2年もすれば 



ベテラン勢と肩を並べて綺麗にサンゴを育てている気がする



それなのに なぜ長期維持(10年以上)できてる人がそんなに増えないのか?


単なるニモブームで一気に 一時的に海水魚ファンが増えてたのが原因か



とも思ったけれども いやいや それだけでは無いような気がする


では なぜ


ここからは 私の勝手な想像で・・・・・・独り言


生体の飼育は 上でも書いたように そんなにも難しくは無くなったのと



うまく飼えずに いろいろやってるときは ひょっとすると一番楽しい時かもしれない


何か一つ 機材を買って追加してうまくいったら嬉しくなって



もっと良くしたくなるのも当たり前で



小遣いができたら また新しく別の機材を買ったり 同じ物でも上級品に買い換える


すると また 少し状態が良くなる!!



当然、また嬉しくなる



嬉しくなると また次を買う!!(お金を出せば 良い物はいくらでもある)



こんなのは 誰でも当たり前の事で



もし私が 今の時代に始めてたら 私自身が 丸っきり それだったと思うし



きっと破産してたと思う(笑)



これは 機材と言うよりも システムそのものでも同じで



ウェットろ過だったのを ドライにすれば良くなった



ドライをフルドライにすれば もっと良くなった



濾材を前部抜いてベルリンにすれば ミドリイシまで飼えるようになった



ベルリンでは飽き足らずに ZEOvitにしたら サンゴがピカピカになった!!



こんな流れでしょうか・・・・



こうやって 素晴らしい機材やシステムが揃う事になると



生体を維持するのも 簡単になってくる



それまで 維持するのが難しいと思ってた生体が飼えるようになると



それはそれで 当然ですが楽しい



でもでも・・・・・



飼育が簡単になればなるほど 飼育する事の面白さは徐々に感じなくなってくる



上手く飼えてる事の喜びが無くなってくる



そのうち少しずつ飽きてくる・・・・



どんな趣味でもそうですが なかなか うまくいかないから面白い部分もたくさん有って



これがうまくできるようになると だんだん面白さがなくなってくる



でも 飽きてきたからと言っても 水槽の中では可愛い生体が元気で生きてるので



やめるわけにはいかず維持していく事になる


しかし それまでに揃えてきた機材やシステムは維持するだけでも それなりに



手間も掛かるし 当然 費用も掛かる



非常に分かり易いところで ZEOvitなどで考えてみると



本気でやれば 推奨されている飼育法をやっていくだけでも 



相当な量と種類の添加物や試薬が必要で



当然、費用も手間もそれなりに掛かってくる



私のような貧乏性には初めから とても手を出す気になれないけど



でも これが まだ 自分自身が上手くサンゴを飼いきれていない時なら 



たくさん使う添加剤を買うのも楽しいもので 小遣いを全部使っても苦にならないだろうし



状態が良くなりさえすれば 逆により多くを使うほうが楽しさも倍増するかもしれない



掛かる手間も 当然楽しい!!



でも でも


そのうち 簡単に飼えるようになって 維持する事に飽きてきても 



その手間や出費を 楽しく続けられるだろうか?



と考えた時に 



おそらく私なら 続かないだろう、と思う


生き物を飼い始めた人なのだから 多かれ少なかれ生き物に対する愛情は



あるだろうけれども 維持していく事(出費や手間)が 



楽しみではなくて義務感へと徐々に変わってくれば どうだろう??



言い方を換えると 生体を維持するのは非常に簡単で 



すばらしいシステムではあるけれども



同時にキーパー自身の小遣いや気持ちを長期維持するのが大変なシステムだと思える



要は、飼い主(キーパー)を維持するのが難しいシステムだと考えられないか?



そうなんです



私の様な変態は 手を出してはいけないシステムなんです(笑)




昔は 新しく良い機材を買いたくても それ自体が無かったので



生体を買う以外は そんなにも費用は掛からなかったし



いつまでやっても なかなか上手く飼えるようにならなかったので



いつまでも楽しかった



楽しかったというよりも 



「いつか必ず飼ってやる」



という意地の方が強かったかもしれない(笑) 



そうなんですよ



今の時代、このマリンアクアリュームを長期維持するには



生体を長期維持する事よりも キーパーである自分自身を長期維持していく事が



一番大切で 難しい事なんですね


初期投資は良いけれども 単に維持していく事が負担になるようだと続かないので



続けても苦痛にならないように できるだけ手間と費用がが掛からない



シンプルなシステムを作る事が大切だなぁ、と 特に最近 強く感じるところで



それを目指してます!!


要は自分自身を 簡単に長期維持できるようにシステムも含めて組み立てていく事です

お前は長すぎる、なんて言ってるのは誰??(笑)





元気に生きてる魚やサンゴといつまでも楽しく向き合えるシステムがいいです!!






[PR]

by masax7790 | 2011-12-20 22:34 | Comments(0)

メガバイト

とうとう最前列に突撃してくるようになったパープルクイーン



最初に餌付いた乾燥餌が メディフィッシュ



その次に気に入って食べるようになったのが シュアー



その途中で いろんな餌を混ぜて粉末にしたのも食べてますが



混ざってるので 何が好きになったのかは不明



で、最終的には 家のメイン餌として長年使ってるメガバイトを食べるようになって



今は一番好きな餌が メガバイトグリーンS



次がシュアー



それから メディフィッシュ


餌付いたのと順番が逆になった!!


こんな感じで 最終的には メインになる餌は やっぱりメガバイトグリーンになるようです




餌付け当初は メディフィッシュの浮力に惹かれて



次はシュアーの香り



最後は メガバイトの粒の大きさじゃないかな?


痩せてた体も だいぶん肉が付いてきて



家の極悪軍団にも 無事に入団できそうです!!


[PR]

by masax7790 | 2011-12-19 22:44 | Comments(0)

偶にはメンテナンスを

ほとんどメンテナンスの必要がないドライリアクターですが



偶の偶には メンテナンスもしておこう



内部で水が流れるスピードが 非常に遅い



遅いと言うより ほとんど流れていないので



一般のリアクターのように 泥状になったメディアが詰まったりする事は少ないですが



e0359523_12575687.jpg



こんな風に メディアの上に ゴミのようなコケのようなものが次第に堆積してくる



別に放っておいても問題は無いですが 見た目に良くないので



メンテナンスしておく


本当ならサンプから取り出して 風呂場でメンテナンスするのが一番ですが



大きい方のリアクターは容積も大きいので サンプから出すのが一苦労になる



なので 今回はその手間を省くために



サンプに入ったまんまで リアクターの蓋を開けてホースを突っ込んで



海水を注入して ゴミをすすぎ出す事にした



e0359523_12575634.jpg





こうすると ゴミが舞い上がって 溢れた水といっしょに サンプに溢れ出る



サンプに出てきたゴミは あえて吸いだす必要も無いし そのまま放置しておく



メディアは上まで舞い上がらないので 溢れ出ずに ゴミだけを除去する事ができる



これだけ!!


これで



e0359523_12575755.jpg




リアクターは綺麗になった



が・・・・・




e0359523_12575776.jpg



だはは



水槽、真っ白!!




メディアが半分くらいに減ってるので また近いうちに追加しないと・・・・・


[PR]

by masax7790 | 2011-12-18 18:48 | Comments(0)

これは いいかも?

アメリカのTAKAさんが翻訳されてる Reef Builders Japaneseで
面白い商品が紹介されていた

http://jp.reefbuilders.com/2011/12/15/ghl-proflux%e3%81%ae%e6%b0%b4%e6%bc%8f%e3%82%8c%e6%84%9f%e7%9f%a5%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc/



水漏れ検地センサーのようですが
画像から勝手に判断すると 
剣山のように出ている針が きっと電極でセンサーになってるんだと思う



これなら 海水相手なら 作るのも難しくないし
今まで 数え切れないほど 家で洪水を経験した私としては
あると非常に便利なものかと思います





気が向いたら 作るかも!!


[PR]

by masax7790 | 2011-12-17 21:10 | Comments(0)