OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
◆はわいさん だは..
by masaX at 15:27
こんにちは~。 シッタ..
by はわい at 14:37
◆王英さん スッキ..
by masaX at 19:26
水槽が、活魚生簀かのよう..
by 王英 at 16:26
◆デトリタスさん ..
by masaX at 08:19
ありがとーございます‼ ..
by デトリタス at 21:29
◆デトリタスさん ..
by masaX at 19:08
最新の記事
次の探索蜂
at 2017-05-26 19:40
熱い探索蜂が来たが
at 2017-05-10 11:51
探索蜂の観察
at 2017-04-29 20:23
オゾナイザー稼動
at 2017-04-24 15:00
リヤキャンバーは無くても良い..
at 2017-04-21 13:02
正弦波インバーター再作製 その4
at 2017-04-17 10:47
今年初の探索蜂
at 2017-04-15 17:22
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

<   2013年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧


行方不明

ここ4~5日、クイーンエンゼルのデカの顔を見ていない。



ミツバチや農作業が忙しくて あんまり水槽には構っていられない季節ですが それにしても顔を見ないのは可笑しい??



調子が悪い様子は何も見えなかったけれど、またも突然死か??



本当に消えていたら ミニミニさんが紹介してるマリンギフトにでも探しに行こうかな!


[PR]

by masax7790 | 2013-04-30 21:17 | Comments(0)

農作業

世間はゴールデンウィークですが 私は今年も農作業になってしまいました。



なんとなく毎年の事になりそうな予感がします・・・・・ 





田植えの準備で こちらでは「田すき」と呼ぶ作業で 要するに田を耕うん機で耕してから 表面を均す作業です。



おそらく 田植えはゴールデンウィーク後半になるでしょう(笑)


この農作業のついでに 昨日捕獲して移動させておいた日本蜜蜂の自宅飼育群からの第5分蜂群の様子を見てきた。







見た感じは順調に見えるので おそらく定着する事ができたでしょう。



農作業を終えて家に帰ってみると、昨日分蜂しそうな様子を見せていた自宅飼育群になんとなく分蜂を終えたような雰囲気が漂っている。



確信は無いけれども なんとなく・・・・・・



もし本当に分蜂したとすれば 6回目の分蜂になるので さぞかし蜂の数も少なくなっただろう?、と久しぶりに内検してみると



e0359523_13065484.jpg



減っているどころか、逆に増えている!!



今まで続けてあれだけの蜂を放出していながら それでも増えている 恐ろしいまでの出産能力を持つ女王だったようだ。



まだ分蜂するのかな?





More
[PR]

by masax7790 | 2013-04-29 18:10 | 日本ミツバチ | Comments(0)

5度目の分蜂

一昨日、4度目の分蜂をした自宅飼育群が 昨日、5度目の分蜂をした。



いったいこの巣箱から どれだけのミツバチが出てくるのか?



第一分蜂が始まって10日間ほどの間に5回の分蜂!!



パワーの有る群だとは思っていたけれども 思った以上にパワーがある。


この5度目の分蜂は5メートルほど離れたべランダにキンリョウヘンを2鉢置いていたせいで 元巣前のキンリョウヘンと ベランダのキンリョウヘンと蜂球が2ヶ所に分かれてしまったけれども 女王はベランダ側に入った様で最終的にはベランダに集結した。



また、巣箱に取り込んで妻の実家へ移動するつもりだった第4分蜂群は巣門を締め切れていなかった為にたくさんの蜂が外に出ていたので もう一度巣門の栓を外しておいて もしも夜まで飛び立たなかったら栓をし直して移動させようと思っていたら 見事に飛び立ってしまったので捕獲失敗(笑)



仕方が無いので 今度はこの第5分蜂群を取り込んで今日、丹波町へ持って行った。



自分自身の分としては1群目の捕獲になるので あと1群だけ捕獲するつもり。


[PR]

by masax7790 | 2013-04-27 22:12 | 日本ミツバチ | Comments(0)

4回目の分蜂

一昨日、第2分蜂待機群が入居先が見つかった様で巣立ちして6日目にしてようやく飛び立ったところでしたが、また今度は第3分蜂待機群が飛び立つ前に第4分蜂が始まってしまった。



今回もまた 元巣のすぐ前に集結させる事ができるかどうか 30センチのところにキンリョウヘンを2鉢置いてすぐ横に重箱の木枠を立てておいたところ 狙い通り集結させる事ができた。



e0359523_13065446.jpg



分蜂の回数を重ねるにつれて 飛び出す蜂の数は減ってくるものだと思っていたけれども この飼育群の場合は回を重ねるにつれて蜂球が大きくなってきている。

前記事でも書きましたが こんな事なら せっかく作った全自動分蜂捕獲器など全く無用になる(笑)



また、私がミツバチの飼育を始めた頃に少し心配だったのが分蜂時の御近所からの苦情で、その中でも特に心配だったのが入ってくる分蜂ではなくて 出て行く分蜂で飼育群からの分蜂群が御近所様の玄関先だったり庭だったりに蜂球を作ってしまうのを一番心配してたのですが この手法を使えば分蜂捕獲をしない場合でも 狙ったところに集結させる事ができるので分蜂群が御近所の家に蜂球を作りに行ったりする事を防ぐ事ができる。


これは使える!!



と、この分蜂の数時間後 妻からの連絡で 今度は第3分蜂待機群が動き始めて 何処かへ飛び去って行ったとか・・・・



今回もベランダの待ち箱には入居しなかった(笑)

蜂群の待機はすぐ近くにでもさせることができるけれども 入居させるのは難しいのかも知れない?、自然の摂理を考えると当たり前かも知れませんね。 



さて、この第4分蜂の蜂球は もう少し蜂球の動きを観察するために置いておくか それとも そろそろ捕獲するか?


そう言えば 先日捕獲した群は依頼されていた分だったので 自分自身の分はまだ1群も捕獲していないんでした(笑)


せっかく大きな蜂球ができたので 今回は捕獲する事にして 巣箱に入って頂いた。



e0359523_13065427.jpg



この群は 丹波町で転飼いの予定ですが ちょっと遠いので 一旦、妻の自家へ持っていく事にする。


[PR]

by masax7790 | 2013-04-25 21:05 | 日本ミツバチ | Comments(0)

リポビタン

サンゴにパワーが有った頃と サンゴにパワーを感じない現在との違いが リン酸塩の濃度では無かった、と判断しようとしてるところですが それじゃ、いったい何に違いがあるのかを できるだけ細かくチェックしてみた。



システムも機材も ほとんど以前のパターンに戻したし BPシステムの運用法も戻した。


添加剤などは以前から使っていないし 塩もライブシーソルトかリーフパワーソルト以外は使った事がない。



でも こうやって細かいところを考え直してみて 気付いたのが BPシステムの炭素源として使っていたリポビタン!!



e0359523_13065364.jpg



普通のリポビタンではなくて リポビタンアミノ



炭素源として使っていたのではなくて アミノ酸を添加するのが本当の目的でした。


以前から京都では売ってるのを見たことが無かったけれども なぜか名古屋へ行くと どこのコンビニでも置いていたので 昨年、名古屋へ行く機会があったときに 何軒かコンビニを見て回ったのですが なぜか名古屋のコンビニからリポビタンアミノが消えていた・・・・・・


その少し以前から リポビタンは切らして使っていなかったので ここは 万が一の可能性に賭けるために 通販で取り寄せてみた。



ひょっとして販売中止になったのか、とも思っていたけれども 通販でなら購入することができた。



さて これで環境が変わってくれるか?


[PR]

by masax7790 | 2013-04-23 23:34 | Comments(0)

第2分蜂待機群 6日目

今日も気温は20℃程度で結構暖かい。



妻は今日も田植えの準備の手伝いに行ってるので家にいないので また昼休みに様子を確認に帰ってみると、第2分蜂待機群の蜂球は消えていた。



ベランダの待ち箱を見ると そちらに入った様子は無いので どこか新居が見つかったのだろう、また自然界で元気に暮らしてくれる事を祈っておく。


かわって第3分蜂待機群は、と言うと なぜだか大きくなってる???



↓これが昨日の様子



e0359523_13065201.jpg



↓こちらが今日の様子



e0359523_13065379.jpg



ちょっと写真の角度が違うので 分かり辛いけれども 実際に見た感じでは どうみても昨日より大きくなっている。



ちょうどこの写真を撮ったときに すぐ横の元巣が時騒ぎをしていたけれども その時騒ぎをしている蜂の中から一部がこの蜂球に合同していくように見えたのは気の所為だろうか?



2分蜂群と第3分蜂群は 激しいバトルをやった形跡が残っていたけれども 今回はその形跡が無い。



分蜂で一度巣立つと その時点で巣立った蜂達は元巣の蜂とは敵対関係になる、と聞いていたけれども ひょっとすると違うのかも知れない。



第2分蜂群が巣立った日と第3分蜂群が巣立った日は4日間の較差が有ったけれども この第3分蜂群が巣立ったのは昨日で まだ1日だけしか経過していないので まだ元巣の連中は この第3分蜂群を敵だとは思わないのか?。もう少し時間が経過してはじめて敵だと認識するようになるんだろうか?



この蜂球はなかなかのサイズになってきたので 夜まで残っていれば放置せずに捕獲してしまおうかな?



 


[PR]

by masax7790 | 2013-04-23 13:29 | 日本ミツバチ | Comments(0)

2つの待機群

分蜂直後は2つの蜂球に分かれていたけれども 仕事を終えて家に帰って見てみると ベランダの蜂球は消えて 元巣のすぐ前の重箱の木枠に合同していた。



e0359523_13065298.jpg





これで 第2分蜂の待機群と 第3分蜂の待機群の2つの蜂球が30センチの距離で肩を並べて窓前で待機する事となった。



第2分蜂群は 第3分蜂群とのバトルで 蜂数が1/2以下に減ってしまったけれども今は落ち着いた様で もうバトルは無い様だ。



これで ややっこしくは無くなったけれども さてさて どちらかがベランダの待ち箱に入居する事になるのか?



これで 飼育群からの分蜂が3度目だけれども 3度とも元巣の目前のキンリョウヘンに集結した。また3度目は きっと同じ場所に集結するだろうと、設置しておいた重箱に狙い通りに集結させる事ができた。この方法だと飼育群からの分蜂捕獲も非常に楽にできる事になるし 昨年から作り始めていた全自動分蜂捕獲器も これだと出番は無い(笑)。




明日はもう少し暖かいらしいので 第2分蜂群も明日には動くだろうか!!



第2分蜂群は今日で巣立ちしてから5日目、条件が合わなけば5日間でも外で待機する事がこれで本当だと分かった。


[PR]

by masax7790 | 2013-04-22 21:02 | 日本ミツバチ | Comments(0)

ややっこしい事に・・・

今朝、天気予報を見ると やけに気温が低い事になってたので 今日も待機群は動かないだろう?、本隊の第3分蜂も先送りになるだろう、と思ってたのですが 昼頃になると天気も良くて実測は分からないけれども体感温度としては非常に温かくなってきた。ひょっとして動き出すかも?



でも、今日は妻が家にいないので ちょっと気になって昼休みに家に帰ってみた。


すると・・・・・


家の外からみると 蜂は落ち着いた動きで やっぱり動かなかったか?、と思わせる動きだったのですが 家に入って巣箱のある窓のところへ行くと



e0359523_13065131.jpg



あれま、本群の第3分蜂があったようで キンリョウヘンの横に立てておいた重箱にダンゴができていて すぐ横にある第2分蜂群のダンゴとの間に バトルの形跡が・・・・・・



e0359523_13065183.jpg



e0359523_13065111.jpg





ベランダの待ち箱はどうなってるだろう?、と見に行ってみると



e0359523_13065125.jpg





ベランダの内壁にも 蜂球が・・・・・・・


どちらかが無王なのか それとも2匹の女王が出たのか?


まだ 分蜂が始まって そんなに時間が経っていない様子だったので 仕事が終わって家に帰ったらどちらか一つになってるかも知れないけど なんか ややっこしい事になってきた(笑)







[PR]

by masax7790 | 2013-04-22 13:10 | 日本ミツバチ | Comments(0)

待機群 分蜂4日目

今日もまだ寒く 気象庁の発表で最高気温が14℃で 自宅群の外勤もいつもより少なく、その上、風も非常に強く とても分蜂に適した環境ではない1日だった。



そんな中、寒くても ある程度の探索行動は行なっているし ベランダの待ち箱への探索蜂もある程度来ている。この待ち箱へ来ている探索は ほぼこの待機群の探索蜂だろうと思うけれども 最終的にここへ移ってくれるのか?



e0359523_13065008.jpg





今日は 隣の飼育群が3度目の分蜂をしそうな騒ぎを見せたのですが ある程度騒いだ後、中止した様だったので 最高気温が20℃程度まで上がる明日、あるいは23℃程度まで上がる明後日には 待機群の移動と飼育群の第3分蜂のどちらも起こるような気がする。 明日は妻が自宅に居ないので様子は観察できないけれども どうなる事か?


[PR]

by masax7790 | 2013-04-21 23:49 | 日本ミツバチ | Comments(0)

3群目、待機中

昨日、自宅の飼育群から分蜂して 元巣の向かい1メートルの待ち箱に蜂球を作って待機している3群目



気象庁の発表通りに本日は一気に気温が下がって 発表では最高気温が15℃だとか



昨日と比べて10℃以上下がっている事になる。



気象庁の発表ではなく 実測した気温だと



e0359523_13064908.jpg



昨日の最高が30℃弱、今日の最高が20℃強


そんな中、妻からの連絡によると 昼間のまだ気温が高い間は少し活発に探索蜂が出ていたけれども 結局のところ移動はせず。また 少し活発だった時には 5メートル程度離れたところに設置してある待ち箱にくる探索蜂の数も増えているようで この待機群からの探索の可能性が高いと感じられる。


週間天気予報によると 来週の火曜日に最高気温が24℃に上がるけれども 他の日は少し気温が低いので この待機群は来週、火曜日までここに留まる事になるのか?、それとも寒くても出て行く事があるのか? 


それから この待機群は 重箱の最上段の1段を前にずらして中に待機させていて、それは ひょっとすると この巣箱に永住する可能性も考えての事でしたが 待機中の蜂の動きを出来る限り詳しく観察できる様に あえてこの巣箱に永住する可能性を捨てて 蜂がダンゴになっている最上段を完全に切り離して横向きに立て またしっかり外気温を感じる事ができるようにしておいた。 こうする事より自然に近い環境を作って本来の動きを観察できるようにしてみた。 



e0359523_13064952.jpg



e0359523_13065092.jpg



重箱の最上段なので このまま積み重ねれば捕獲完了、となりますが勉強の為に 今回あえて捕獲しません!!





  


[PR]

by masax7790 | 2013-04-19 22:37 | 日本ミツバチ | Comments(0)