OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
最新の記事
軽量化
at 2017-09-11 11:36
タイヤ交換
at 2017-09-06 08:23
ぶっ壊れた
at 2017-09-04 13:23
再度タイムアタック
at 2017-08-26 11:53
タイムアタック
at 2017-08-12 14:26
ハンドリムの小径化
at 2017-08-02 11:51
レースに向けて改造
at 2017-08-01 10:42
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

<   2013年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧


LEDが面白くなってくるかも

世間の注目がLEDかT5か、と二分されてきている中 私は未だに脇目もふらずに水槽の照明はハイワットのメタルハライドランプ以外に考えられない原始人ですが!



リーフビルダーを見ると 面白いLED素子が紹介されている



http://jp.reefbuilders.com/2013/05/28/100w-lumia-5-1%e3%81%af%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%81%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%abled%e7%b4%a0%e5%ad%90/



いよいよ出てきたか!!



一つの素子でフルスペクトルらしくて しかも5チャンネルなので 自分で好きな色合いを出すこともできるだろう。



UVは入っていないらしいが UVなど150Wのメタでも補助で入れてやれば LED界で言う偽物のUVではなく 本物のUVがぶち込める(有害なUVも入るかも知れないが それは自然界も同じ)ので そんなに気にする必要もない。 


まだ日本では買えないだろうけど 検索してみると日本円で2万円程度になるのかな



一つで100W程度らしいので 例えば250Wのメタハラと張り合うなら 2つで200W、4万円。



これはあくまでも LED素子だけの価格なので 当然、回路を作る費用が掛かるけれども 決して10万円も掛かるものでは無く おそらく数万円あれば作れるだろう。



自作は初めての作品の場合、必ずと言ってよいほど費用が予算を大きく上回る事になるので
市販のメタハラ250Wの価格を切るレベルにならないと自作する気はしないが もう少しで 試作してみようか、と考えてしまう素子が出てきそうな気がしてきた。


その時の為に 回路の設計でもやりはじめようか

マイコンを使えば 朝夕の不自然な青くて暗い朝焼け、夕焼けではなく 自然な朝焼け、夕焼けを再現するのも難しくは無いはず(笑)



とは言っても 本当に使いたくなる素子が出るのは1年以上先だろうな!(笑)



でも ようやくLEDが面白くなりそうな気がしてきたので 3年先にはメタハラをやめてるかも?




[PR]

by masax7790 | 2013-05-30 20:33 | Comments(0)

温度変化が原因か?

少し前に、クイーンデカが突然死をし 次はクイーンチビチビが私の管理ミスで亡くなったところでしたが そんな中 今度はクイーンデカチビの様子が変になった。




様子としては ボケた様子で覇気を感じないし まったく餌に興味を示さなくなった。



また あまり前にも出て来なくなった。


この様子は クイーンデカが死ぬ前の様子とそっくりなのと 昨年に亡くなったクイーン初代チビの死ぬ前の様子もよく似ている。またどれも前日まで全く普通の様子だったのに突然次の日にボケた様になっている。 



そして この症状が出たのが過去のデータを調べてみると 全て5月だった事と 症状が見られたのが朝からだという事。


何か 全てに共通する事は無いか? 過去のデータも合わせて洗ってみたところ



ひょっとすると 水温の変化かも知れない。



家の水槽の温度は 変温サーモスタット「変温くん」を使って管理しており わざと温度変化を付けているけれども この温度変化が一番大きくなるのが5月頃になる。その事から温度データを調べてみると 現在のデカチビが不調になった前日から当日までの温度データを調べてみると それまでの日と比べて 最高温はクーラーが効いてるので約29℃でしっかり抑えているけれども 最低温度はヒーターで管理していないので天候に任せているけれども この日は24℃近くまで下がっており、約5℃程度の温度変化が有った様だ。





e0359523_13073047.jpg



  



クイーンチビの様子が変になった前日から当日の朝にかけても5℃程度の下がりの温度変化があったのと 先代のクイーンチビが亡くなった前日の温度データは残っていないけれども私の記憶でクイーンチビを入れていた太陽光ブリードタンク(水量40リットル程度)に汲んで来た天然海水を20リットル、ドバっとぶち込んだので そこで一気に水温が下がった事が考えられる。



このあたりの事から クイーンエンゼルは温度変化に弱い。4℃程度までの温度変化に関しては なんとも無いけれども 5℃を超える下がり側の温度変化で ボケたようになってしまう。


こんな仮説を立ててみた。



そして 最高温度に設定していた29℃を27.5℃まで落としてみた。


すると クイーンデカチビは徐々に餌を食べるようになり 4日間ほど掛かったけれども 以前と同様に元気になった!!



もう少しで クイーンエンゼル全滅になるところだったけれども なんとか回復してくれたので ほっとしているところ・・・・・



因みに 他の魚に関しては今まで様子が変になった魚はいない。



今まで続けてきた温度変化のテストと、今回のこれらの事から 一日の最適な温度変化は3℃程度ではないか、という答えを 今のところは出しておく事にします。




これで 我が家でのクイーンエンゼル、突然死の原因が掴めたなら良いですが・・・・・ 



  


  


[PR]

by masax7790 | 2013-05-29 00:05 | Comments(0)

炭素源の添加量を減らす

昨年の春から水槽の調子を落とし 1年掛かりのリカバリーを行なってきたところですが



調子を崩した当初の高いリン酸塩を抑え込む為に 炭素源の添加量をそれまでの2倍量に増量し 一日当たりの添加量を16cc(1日2回添加で1回8cc)にしており 今もその添加量を続けてきたけれども 炭素源を増量したところでリン酸塩に関しては0.1ppm壁になっており それ以下には落ちない。しかし 逆に添加量を減らしたからと言って リン酸塩値が上昇する訳では無い。



それなら 無駄に炭素源を大量に添加する必要は無いので サンゴにパワーが有った頃の添加量に戻してみる事にする。


サンゴのパワーも戻ってきた感じなので もう 無理してリン酸塩、0ppmを求める必要は無い気がしてきた!!




当時の添加量は1日あたり8cc(1回4cc)だったので その量に戻してみて しばらく様子を見る事にする。



スキマーの汚水の利用は まだしばらく続けてみる!!









 


[PR]

by masax7790 | 2013-05-27 20:27 | Comments(0)

継箱、追加

自宅群の巣箱を持ち上げるウインチは昨年中に組み立てておいたので 今日は朝から 継箱の組み立てと 巣箱のベースを少し低い形に作り替える事にした。



継箱の箱自体はすでに組み立ててあるので その箱にハンドルや巣落ち防止を取り付ける作業と ベースは底板を止めるクリップの取り付けや イレクターパイプを使った足の取付等。



このあたりの下準備の作業を終えて 実際の継箱を入れる作業を開始で まずはウインチでしっかりと安全に持ち上げられるか?、というところで まずは持ち上げるだけのテストをやってみると 当然と言えば当然ですが 簡単に落ち上がるので そのまま継箱、一段分持ち上げて
 ベースの取替えと継箱を一段追加してウインチを下ろして作業完了。



e0359523_13072307.jpg



これで ベース+5段積み



これで足りなくなったら どうしよう?????


自宅群の作業を終えて 次は継箱を車に積んで丹波町へ行く



丹波町の巣箱は普通に地面に置いているので 人力で持ち上げられる。


e0359523_13072406.jpg



 こちらの巣箱は 断面積が自宅群の1.5倍なので ベース+4段にしている。


今年、捕獲した群の内検もしておくと



今年最初の捕獲群で 自宅群からの分蜂群は↓



e0359523_13072417.jpg



順調に造巣が進んでる。



もう一つが 2つ目の捕獲軍で こちらは自然群↓



e0359523_13072962.jpg



調子は悪くないが 巣の作り方が ちょっと不細工になっている(笑)



たくさん古い巣が残っている巣箱を使ったからかな??


ま、とりあえず順調そうだから 良しとしておこう!!



[PR]

by masax7790 | 2013-05-26 19:35 | 日本ミツバチ | Comments(0)

巣箱用ウインチ

急速に造巣が進んでる自宅群の様子を見てみると



e0359523_13071725.jpg



前回の内検では蜂で巣が隠れて見えなかったけれども 巣が完全にベース部分まで伸びてきている!!



これは ゆっくりしていられない。



ウインチは買ったけれども これだけでは機能しないので 骨組みを組んでいく必要がある。



まだ、全体像の設計はしていなかったので 慌てて設計をまとめて ホムセンへGO!!


買ってきたのは 主にイレクターパイプとロープ



これを急遽、組み立てて完成したのが


e0359523_13071711.jpg



e0359523_13072343.jpg



e0359523_13072393.jpg

こんな感じ!!


もう夜なので 継箱は明日に





More
[PR]

by masax7790 | 2013-05-26 00:18 | 日本ミツバチ | Comments(0)

しくじった

やってしまった!


あんまり細かく書く気にはなれないけれども



餌付けタンクへ送る水を以前はメインタンクから取っていたのを サンプから取るラインに換えていたのを忘れていた!!



なのに一気にサンプに足し水をしてしまった失敗で 餌付け中のクイーンエンゼルのタンクの塩分濃度を一気に落としてしまって しかも その事にしばらく気付かなかった!!


気付いたのが数時間後・・・・・・



まだ なんとか生きてはいるけど ショック状態でかなりのダメージを受けている  




うかつだった!!


[PR]

by masax7790 | 2013-05-23 21:30 | Comments(0)

自宅飼育群の分蜂後

今シーズン、5~6回の分蜂を終えて落ち着いた自宅飼育群を久しぶりに内検。



e0359523_13071502.jpg



なんてこった



バリバリに蜂が増えている!!


1回目の分蜂の寸前に見たのがこれ↓



e0359523_13071688.jpg



5~6回の分蜂群を放出したのに 重箱、一段分の蜂が増えている!!



いったいどれだけの蜂が産まれてきたんだろう、凄すぎる!!



聞くところによると 日本蜜蜂の女王は産まれてすぐに交尾飛行に飛び立ち 一回の交尾飛行で複数の雄蜂と交尾して帰ってくるけれども 一生のうちで交尾するのは その1回だけ



その1回だけの交尾で 何年間か続けて卵を産み続ける。



いったいどれだけの卵を産むのか知らないけれども 最盛期には1日で300個からの卵を産むらしいので 冬と夏を差し引いた150日間としても 1年間で 4万5千個の卵を産む事になる。もしも3年間生きれば13万5千個。少なくとも最低これだけの精子が1回の交尾飛行で女王の体内に入り しかもそれが体内で何年間も生きている事になるけど 考えてみれば凄い事ですね!!



現在、ベースも合わせて5段分の重箱になってるけれども もう 一番下のベースのところまで来ている。



もう一段、足すと窓より高くなってしまって 採蜜が困難になるのと 巣箱の重さとしては おそらく30㎏程度のもので そんなに重いものでは無いんですが 置いてる場所の関係で継箱を入れる為に巣箱を持ち上げるのに良い体勢が作れなくて 力が出せない。



昨年の採蜜時には 妻が窓に乗り うんこ座りで巣箱を持ち上げたのですが 



e0359523_13071673.jpg

何せ2階の窓ですから



危なくて見ていられないので!!



 


さて どうしよう??


ウィンチでも作るか?




そんなところで 取り寄せたのが これ





e0359523_13071648.jpg




この商品はジェットスキーなんかの積み込みで使う事が多いのかな?







 
このウィンチとイレクターパイプでも組み合わせて 巣箱用のウィンチを作る事にしよう!!



 




[PR]

by masax7790 | 2013-05-22 22:57 | 日本ミツバチ | Comments(0)

餌を新調

今まで家の魚の餌は クイーンエンゼルに限らず 焼き海苔が主体でした。



クマノミもハタタテダイもスズメダイもハナダイもホンソメすらも 焼き海苔をバクバク食べます(笑)


その焼き海苔をメインにして そこへプラスαで メガバイトグリーンを追加、というパターンで、その他の動物性の餌は 偶~~~に メディフィッシュかシュアーを気まぐれで与える事がある程度ですが

今回、口の小さいクイーンチビチビに海苔を餌付けるのに 海苔を刻むのが面倒臭いので適当なのが無いか通販で探していたところ 細かく砕かれた焼き海苔粉を見つけたのと同時に 面白い餌(決して餌ではなく 人間様の食料)が見つかったので いっしょに取り寄せてみた。





e0359523_13071526.jpg





「糸のり」と書いてあるけれども「青のり」とも書いてあるので アオノリの一種なんだろうか?



手で引きちぎってみると 結構、繊維は強い



でも アオノリの仲間に筒状のタイプ(ボウアオノリ)は有ったけど、糸状のは無かったように思うので 青い「海苔」だから 「青のり」と書いてるだけなのか?



もう一度、調べてみたけれども 糸状のアオノリは見つからない(笑)



見た感じは トロロ(シオグサ)を乾燥させたように見えるけれども トロロが美味い訳もない(笑)


ま、それは どうでも良いとして 実際に食べてみると 



ん、なかなか美味い。



磯の香りが効いているけれども 青のりの香りとは違う。


これを 魚が好んで食べるかどうか、とりあえず クイーンチビチビに餌付けてみたところ



もう海苔には餌付いてるので すぐに食べる。


この「糸のり」と「焼き海苔粉」の他に 「青のり」も取り寄せておいた。





e0359523_13071530.jpg



青のりが一番香りがいいね!!





アクア用品とちがって 単品では どれも数百円なので ついつい買ってしまった。





  
 


[PR]

by masax7790 | 2013-05-21 20:21 | Comments(0)

高度処理

今は下水処理の世界で一般的になりつつ有るのかな? 



高度処理と言われる処理方法ですが この方法に興味を持ち始めたのが もう17~18年前の事で その頃から水槽システムに嫌気域を積極的に使うようになり その後、嫌気と好気を組み合わせる事を考えて、と 使い方もいろいろ試してきて ある程度の結果も出せたと思うけれども まだまだ満足のいくシステムに辿り着いていない。



最初に始めた嫌気タンクから始まり、後にこの嫌気タンクに好気槽を連結させて循環し好気嫌気を繰り返すシステムにし、その後 ZEOvitからヒントを得て始めたBB(バクテリアベッド)システムもその一つだけれども まだ満足できる物ではない。



また ミニミニさんがやり始めたZENINAIYOシステムなんかも その一つかと思うので非常に興味がある。



今も、この下水処理界で使われる高度処理を趣味のアクアの分野で なんとか使い物にならないか、という事を常々考えているけれども もう一度、高度処理システムの基本的な部分を見直してみている中で ふと、分かっていながら使ってみた事が無い(気付いていない)部分が有った事に気付いた。嫌気と好気にばかり気を取られていて もっと大切な 汚泥の使い方を見落としていた。



高度処理の中で 一番大切なものは 好気域でも嫌気域でもなく汚泥なんじゃないか?



如何に汚泥を無駄なく使うか?



アクアの世界ではベルリンシステムならスキマーから汚水が発生するが このスキマーの汚水は 下水処理で言う汚泥と考えて良いのではないか?(サンプに沈殿するデトリタスはまた違う) 
アクアの世界なら 当然の事ですが この発生した汚泥は全て捨てるのが基本です。



でも 下水処理では この汚泥を一部、再利用してより高い栄養塩の処理能力を稼ぎ出している。



今まで汚水は その名の通り「汚い水」だという意識があったけれども 考え直してみれば 水を綺麗にするために仕事をしてくれた(活躍した)バクテリア達の塊じゃないのか? 下水処理の世界では このバクテリアの塊を全て捨てるのは勿体無いから再利用して より急速に水処理をできるシステムにしてるんじゃないか?



水槽の状態が回復してくると また遊びたくなるのが悪い癖ですが・・・・・・・ 



さてと・・・・・・


[PR]

by masax7790 | 2013-05-20 23:33 | Comments(0)

ぶどうの摘房

農作業や蜜蜂の捕獲、桃の手入れなどなどで なかなか手を付けられなかったブドウの手入れをしておかないといけない。


もう開花寸前なので 来週では間に合わない!!



今回の手入れは 「摘房」という作業と 房の整形



これは 房を間引く事で 残した実に栄養を集中させ 美味しい実を成らすのが目的です。


摘房は およそ2本の枝(つる)に対して 1房だけ残すレベルの間引きをした上で 房の整形をしますが 殆どの蕾を落すような形になる。



これで 美味しい実が成ってくれると良いですが



ブドウはなぜか、木が大きくなるほど美味しい実を成らすのが難しくて



苗を植えて最初の2~3年までは 放っておいても美味しい実ができるのですが



こんな作業をしていても 木が大きくなってくると剪定や施肥などの樹勢の調整がシビアになってきて



実振るいを起こしたり、色や甘味が乗らなかったりする実が多くなる。


今まで 春に芽が出る頃から実が成熟するまでの間に施肥は しなかったのですが



畑ではなくて小さな花壇に植えていて 根が拡がる範囲が非常に狭いので 今年は試しに 開花頃から液肥による施肥をやってみる事にした。



樹勢が強くなって より悪い方向へ向かうかも知れないけれども やってみないと答えは出ないので とりあえずやってみる。


さて どうなる事か?



 




[PR]

by masax7790 | 2013-05-19 22:48 | Comments(0)