OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
◆musashiさん ..
by masaX at 12:43
大変ご無沙汰です おめ..
by musashi at 11:31
◆ミニミニさん あ..
by masaX at 22:13
おめでとうございました。..
by ミニミニ at 20:52
◆王英さん こんにちは..
by masaX at 13:44
ほほえみの裏はギラギラだ..
by 王英 at 23:38
◆はわいさん だは..
by masaX at 15:27
最新の記事
キャスターフォークを作り直す
at 2017-10-22 18:52
8インチ キャスター
at 2017-10-16 13:20
もう一度キャスターについて考える
at 2017-10-06 00:34
今回のレースで気付いた改良点
at 2017-09-27 22:43
レース本番 優勝
at 2017-09-24 17:49
軽量化
at 2017-09-11 11:36
タイヤ交換
at 2017-09-06 08:23
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

<   2014年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧


WMP13000を ON,OFFモードから強弱モードへ切り替え

フォルスWMP13000を使ったウェーブボックスを実際に水槽にセットして、テスト稼動の状態でしたが、順調に能力を発揮してくれているので、このポンプの選択は間違っていなかった気がする。


ただ、もう一つ大切なのは耐久性


ポンプの元の耐久性は、まだまだ長期的に使用された例もないので判断のしようがないけれども、確かに元の耐久性は大切ですが、使い方も非常に大切な事で、使い方一つで長持ちさせる事はできる。


ウェーブボックスでは、決まった短い周期(1~2秒程度)でポンプをON,OFFさせるのが基本的な使い方ではあるけれども、本当にON、OFFを繰り返すとポンプの負担が大きくて、ポンプが長持ちしない。(付属のコントローラーではON,OFF動作になっているが・・)


ポンプを長持ちさせるには、ON、OFFを繰り返すのではなく、ポンプを止めきらずに強、弱を繰り返す使い方をするとポンプの負担を小さく出来るので少しでも長持ちさせる事ができる。(短い周期のON,OFFは特に負担が大きい)


ただ、低回転で安定して回らないポンプの場合は、それだけ低い回転数が使えなくなるので、強弱の差が小さくなって、結果として作れる波も小さくなってしまう。


そこで大切なのが、どこまで低い回転数で安定して回せるか?、というところなので、そこを試してみた。


このポンプのコントローラーは付属されているコントローラーではなく、自分で作ったマイコン制御のコントローラーなので、どうにで思ったように回す事ができるので、OFF時に普通にポンプを止める事もできるし、低回転で回したままにする事もできる。また低回転時の回転数も自由に調整できるように作ってあるので、どこまで低回転まで回るのか、普通に回ってる状態から徐々に回転数を落としていく事もできる。


なので、普通に回してる状態からどこまで回転数を落としていけるかを試してみたところ、このポンプは、なかなか優れたポンプで、殆ど止まる寸前まで制御可能だったのと、その低回転時でも非常に安定している。


これなら、ON、OFF制御から、ほとんど波を弱らせる事なく、ポンプを強弱制御に切り換える事ができるので、早速、切り替えてみた。


うねりの大きさは殆ど変わらないので、このままで、しばらく使い続けてみる事にする。


このまま2年間、故障しなければ、非常に良いポンプだと評価する事にしよう。


[PR]

by masax7790 | 2014-04-17 11:39 | WaveBox(造波装置)作製(自作) | Comments(0)

ウェーブセンサー

 水槽に波(うねり)を立てるのにポンプが必要なのは当たり前だけれども、ポンプと同等に必要なものがある。


それは、波が立つ周期を知る事!!

その水槽(サイズや内容物)によってそれぞれ決まった周期が存在するけれども、どんなに強いポンプを使っても、この周期を合さなければ大きな波は立てられないし


逆に、周期さえ合っていれば非常に弱いポンプでも、ある程度の波が立つ。


ここで言う「波」というのは、水面に立つ、細かいさざ波の事ではなく、水槽水全体がドンブラコ、と揺すられるうねりの事を言っている。


この水槽それぞれの周期を簡単に知るには、片手にストップウォッチを持ちながら、もう片方の手で水槽に手を入れて左右に揺すってみる。そして水槽の水の動きを手に感じながら、その水の動きに同調させるように手を動かしてやって、ぴたりと同調させる事ができたときにどんぶらこ、と非常に大きなうねりが立つ。子供の頃にお風呂で波を立てて遊んだ経験のある人もいるんじゃないか?、と想像しますが・・・・。その大きなうねりが出せたときに、左か右かどちらか一杯に水が寄った瞬間にストップウォッチをスタートさせて、そのまま続けてどんぶらこの回数を数えていく、そして適当に10回程度数えた頃に、水が左一杯のときにストップウォッチをスタートしてたなら左一杯に寄った瞬間、右一杯の時にスタートしてたなら右一杯になった瞬間にストップウォッチを止めて、単純にそのタイムを回数で割ってやれば周期を知る事ができる。このストップウォッチで計測している途中で水の動きと手の動きが合わなくなったような時は初めからやり直しで、計測中はしっかりと水の動きに手の動きを合わせていく事に神経を集中する。


そして、こうして割り出した周期でポンプが動くように設定できれば ただそれだけの簡単な事で、一度、周期を見つければ、レイアウトを変えたり、サンゴが大きく成長したりしなければ大きく変わる事もないので、そんなに何度も周期を測定する必要もない。


でも、掃除機が勝手に動いて掃除をしてくれる今の時代に、ものすごく原始的な手法である事も間違いない(笑)


そんな事して周期など計測しなくても、機械が勝手に波の周期を見付けてポンプを制御する機械があっても不思議ではない時代だと思うのは私だけでは無い気がしてきた。


せっかく、こちょこちょ、と覚えてきたマイコンを使って、なんとかこれができないか?、なんて事を、時々考えてしまう原始人がここに存在する・・・・・・


でも、そうは言っても、そんなに言うほどの必要性がある物でもないので、かなり以前から考えてはいたけれども、手が空いた一時に考えるだけだったので、具体的にはまったく案が進まなかった。まずは何を使って、水の動きを読み取るか?(どんなセンサーを使えば良いのか?)、なんてところからですが、そこが全く案が浮かんでこなかった。(主に水面の高さを検出して水面の上下動を掴む事ばかりを考えていた)


そんな中、気が向いたので秋月のサイトで各種センサーを順番に、何をするセンサーなのかを見ている中で、なんとなく使えそうなセンサーを見つけた。


http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-04912/


「ジャイロセンサー」とかいうセンサーで、ロボットの姿勢を検知したり、カメラの手ブレを検知したりするのに使うセンサーで、要するに回転加速度を検知するらしい。マニュアルを見ると、このセンサーからの情報で実際の角度や方向を求めるのは非常にややっこしい計算が必要な感じがするけれども、振る舞いとしては回転加速度によって出力電圧が変化するだけの非常に簡単なモジュールなので、波の周期を検出するだけなら難しくないかもしれない気がしてきた。


また、このセンサーを上手に働かせる事ができれば、ポンプを決まった周期で動かすのではなくて、このセンサーからの情報でポンプのON、OFFの制御をする自動ウェーブボックスを作る事も可能かも知れない。


まだまだ、このセンサーをどう使うかは、頭の中で大雑把にしかまとまっていないけれども、とりあえず取り寄せてみて、どんな振る舞いをするセンサーなのかを見たくなったので、注文しておいた。


届いたのがこれ↓


e0359523_13121996.jpg


むっちゃ、小さい


こんな物で回転加速度が検出できるんだから恐ろしい時代になりました!!


しかも 2方向の回転が掴めるとか・・・・・・・




どう使うかは、その振る舞いを見てから考える事にするので


今日は ここまで・・・・・・・

http://masax.blog.eonet.jp/default/2014/04/post-d103.html
に続く


 


[PR]

by masax7790 | 2014-04-15 23:54 | WaveBox(造波装置)作製(自作) | Comments(0)

おそらく第一分蜂は終わった

まだだと思ってたけれども・・・・


今朝まで気付かなかったけれども、家を出掛ける時に母親の車を見て


蜂の糞がいっぱい落ちている事に気づいた。


この糞の落ち方は、分蜂時に落としていく糞に間違いない!!


先週の火曜日だけ車で出かけていた私の車には糞が落ちていないので


おそらく留守にしていて暖かかった先週の火曜日の事だろう。


昨年は自宅群の分蜂はすべて、巣箱のすぐ前のキンリョウヘンに集結したけれども、今年はどこへ行ったのか分からない。


毎年、同じようにいくわけじゃないようなので、今年の分蜂もじっくりと観察する事にしよう。


今日は、少し暖かくなってきたので、そのせいか家の蜂が騒がしくなってきている、と 妻から連絡が入った。


[PR]

by masax7790 | 2014-04-14 14:29 | 日本ミツバチ | Comments(0)

サンゴ入出海

今日は東京方面に、エダコモンが出海したのと同時に


沖縄方面から入海したサンゴもある。


入海したのはこちら


e0359523_13121729.jpg


e0359523_13121754.jpg
 
どれも小さな枝先ですが、このサイズが好きなんですよね!!


そして、ぱっと見はただの茶色いサンゴに見えるかもしれませんが


私の予想では、どれもすごく素質のあるサンゴです。


まずは じっくりと太陽光で体力を付けさせます!!。


 


[PR]

by masax7790 | 2014-04-13 20:30 | Comments(0)

分蜂予測

もう 各地で分蜂が始まっている様子で


こちらでも、つい先日、かなり活発に動き出し、分蜂が始まりそうな雰囲気だったのですが


偵察蜂は来るものの、一気に気温が下がったせいか、蜂達の分蜂熱も、ちょっと冷めた感じになっていた。


でも、週間天気予報を見ると、来週の火~水曜日に最高気温が23℃あたりになるようで


予報通りに気温が上がれば、次の火曜日か水曜日に分蜂が始まるはず!!


e0359523_13121789.jpg

これは昨年の自宅群の初の分蜂が起こった4月14日の3日前からの気温の変化を記録したグラフですが


このままいくと、同じような気温の変化になりそう。


予測が当たるかどうか??


[PR]

by masax7790 | 2014-04-12 16:03 | 日本ミツバチ | Comments(0)

なぜかコケが消えた

coke-systemがしっかり立ち上がってから 苔タンク表面には苔が生えない、という面白い現象が起こっている。


e0359523_13121411.jpg


e0359523_13121494.jpg
 
中の苔床にはしっかりと苔が生えてるけれども、タンクの内面に生えていた苔は綺麗に無くなってきている。


しっかりと立ち上がるまでは タンクの内面にも苔が生えていた



e0359523_13121529.jpg
 
このタンクにはシッタカなどの苔の捕食者はいないのに なぜか苔が消えてしまった。


直射日光当たる苔にとっては最高の環境なのに、消えてしまったのはなぜなのか?


これに対して、シッタカが大幅に減ったメインタンクには


e0359523_13121611.jpg
 
こってり苔が発生する・・・・・


コケタンクでは苔を食べる動物性プランクトンでも発生しているのか?、


メインタンクではそのプランクトンは魚に食われて生存できないけれども


苔タンク内には捕食者がいないので繁殖できているのか?


そうだとすると面白いけど!


これも、この先どうなるのか?


じっくりと観察する事にしよう。


 



[PR]

by masax7790 | 2014-04-10 23:46 | Comments(0)

分蜂が近い

急に暖かい季節になって、蜂の動きも活発になってきた。


自宅群の雄蜂もたくさん産まれてきた様子で、自宅群の向かい合わせに設置した待ち箱には、自然群らしき偵察蜂もたくさん来ている。


まだ偵察蜂の動きに慌ただしさが見られないので、すぐに来る訳ではないだろうけど、もう近々、自然の分蜂群がやってくるだろう。





例年より早い気がするけど


楽しい季節がやってきた!!


[PR]

by masax7790 | 2014-04-10 11:32 | 日本ミツバチ | Comments(0)

アクリル用接着剤の使い方、裏ワザの一つ

以前は、アクリルよりも塩ビ管の加工の方が得意分野で、どちらかと言うとアクリル板を使うのは苦手でした(笑)


ここ最近、塩ビの加工よりも アクリル板を使った工作の方が増えてきている。


どうしてアクリル板を使うのが苦手だったのか?、というと


どうも、あの接着剤が使い難くて・・・・・


厄介なのは、接着剤の流し始めの瞬間と、流し終わりの瞬間に、接着剤を余計なところへ飛ばしてしまう事で、見た目が大事な工作物のときに、最後の一発の接着のときに、これをやってしまった時には超ガッカリとなったものでした(笑)


接着剤がサラサラ過ぎる事と揮発性が強い事が大きな原因で、注入器を下へ向けた瞬間に、まだ接着面に針先を当てていないのに注入器の内部で揮発する圧力によって接着剤が飛び出す事になるが。流し終わりのときも、注入器を摘まなくても内部の圧力で出続けるので接着面から針先を離してるのに接着剤が出る。


要するに、自分が出したい瞬間に出す事ができず、また止めたい瞬間に止める事ができなかった。


これをなるべく解決するのに、接着面を水平ではなく、できる限り立ててやる事で、注入器を下向きではなくて、できる限り横向きに使い、不意に接着剤が飛び散らせたり、余分に出し過ぎたりするのを防ぐようにしてたのですが、中にどうしても接着面を立てずに寝かしたい場合がある。それは、厚めのアクリル板を使った水槽の底面なんかの場合で、接着面を立てて流したのではしっかり奥まで入り込んでくれないので、接着面を寝かしてたっぷりと接着剤を流し、接着面に少し貯めてから染み込ませるような使い方をしたい時なんかがそうなる。


付属の注入器ではなくて小さな注射器なんかも使ってみたけれども、余計に難しかった。


でも、そんな事をいろいろ試してる中で、ふと、これを解決する手法を突き止めた。



e0359523_13121398.jpg


ただ、こうして針を曲げて使うだけ・・・・・


これで真下の接着面に対して針先を当てても、注入器の底を持ち上げるまで接着剤が出て来ないし、注入器の底を下げれば止められる。


これだけで、かなりの無駄で汚い接着剤の垂れを防ぐ事ができるようになった。


 


[PR]

by masax7790 | 2014-04-09 12:42 | Comments(0)

塩を変える

ひょっとすると濡れ衣を着せていたかもしない、との事で、それを確認するために、再度使い始めていた人工海水のリーフパワーソルト


これに変えてから2度目の換水(合計400L使用)が終わって3週間が過ぎた。


これまでの2回の換水で、どちらも換水の後に水槽環境のバロメーターにしているスギ系のポリプの開きが悪くなっている。換水の後だけの一時だけじゃなくて、その後ずっとその状態が続いている。要するに1回目の換水でポリプの伸びが少し悪くなり、2度目の換水でもっと悪くなり、今もその状態をキープしている。


換水は1回に200リットルで総水量は560リットル程度なので、1回目の換水で35%程度がリーフパワーソルトに変わり、2回目の換水で58%程度がリーフパワーソルトに変わった事になる。


以前にこの塩が合わないのかも知れない、と判断したときは、塩以外にもいろんな部分を触っていたので、塩に原因が有るかどうかを判断するのは難しかったけれども、今回は塩以外の部分は殆ど触っていないにも関わらず、はっきりと状態に違いが出たので


私のシステムに合わない塩だったのは間違いでは無かったのかも知れない。


最終判断の為に 再度、塩をライブシーソルトに戻してみる事にする。


現在、ライブシーソルトの含有率は100%−58%=42%


同じ様にライブシーソルトを200リットルで


換水、1回で62%、2回で76%程度に戻せる


 


 


 


[PR]

by masax7790 | 2014-04-06 17:34 | Comments(0)

ウェーブボックス(WMP13000仕様)、完成

http://masax.blog.eonet.jp/default/2014/04/wmp13000-c0a9.html
からの続き


ボックスの加工はできたので、いよいよメインタンクへセットし、大きくしたボックス内の水面をどれだけ動かす事ができるのか?


とにかく動かしてみる。


比較のために、先に改造前の小型のボックスから





そして、改良した大型のボックス





上の動画を同時に再生して比較すると分かり易いけれども


大きなボックスだと、水面の上下動が遅くて小さい。


これは、当たり前の事で、予測していた事だけれども、予想以上に遅くて小さいように感じた。


予想外だったのは、結果としてできるうねりが、大きなボックスよりも、元の小さなボックスの方が 僅かではあるけれども大きかった事!!


面白いのが、ポンプがOFFでボックス内の水面が上がる様子ですが


改良前の小さなボックスの時は、ボックス内の水面が、水槽の水面を追い越して最上位では一瞬ではありますが水槽水面より高い位置まで上がっているけれども、改造した大きなボックスでは、水槽水面のスピードに追い付くことができず、最上位でもボックス内の水面は水槽水面よりも一段下の位置までしか上がらない。


これは非常に面白い事で、水面が下がる時はポンプが回ってるので、ボックス内の水面が水槽水面の方が先行して追い越すのは当然だけれども、水面が上がるときはポンプは止まっていて、水槽水面とボックス内の水面の落差による圧力の違いによってボックス内の水面が動くので、普通に考えると、ボックス内の水面が水槽水面を追い越して高くなる事は有り得ないのに、改造前の小さなボックスだと、水槽水面を追い越してボックス内の水面が高くなる瞬間がある。


これは、自動車のマフラー(排気管)や吸気チャンバーなどの原理とよく似たところかな、と思うところで


例えば自動車のマフラーを太くすれば単純に排気抵抗が下がるのは誰でも解る。でも、だからと言ってマフラーを ただ単に太くすれば排気効率が上がってパワーが出るかと言うと、車を少しでも触った経験がある人ならすぐに理解できるかと思いますが、まったくダメで多くの場合、パワーダウンする(この事を聞きかじりのあまちゃんチューナー達は抜け過ぎるからだと表現したけれども それは間違い)。これは、確かに空気抵抗は下がるけれども、通り道が太くなる事で流速が落ち、その事で先に出て行った排気が後から来る排気を引っ張っていく勢いが弱くなるからで、これと同じような事が、今回のウェーブボックス内で起きている。



e0359523_13121384.jpg


 


画像の様に、同じ時間ポンプが回って止まった瞬間、小さなボックスほど低い位置まで水面が下がるのは当然の事で、この水面位置から上がり始めるので、落差が大きい小さなボックスの方が水面が上がる加速度が大きくなる。


ボックス内の水面が上がっていけば、落差が小さくなってくるので、次第に上がるスピードが落ちるのが普通だけれども、小さなボックスの場合は動き始めの勢いがある上に通路が細いのでよりスピードが増し、落差が小さくなってもスピードがあまり落ちないままで、水槽水面を追い越してしまう。これに対して大きなボックスの場合は、動き始めの落差が小さいので始めの加速度が小さい上に、通路が太いのでスピードが上がらず勢いが無いために、落差が小さくなると共にスピードも落ち、結果としては水槽水面に追いつく事ができない。


ボックスは、大きくすれば良いという物ではなく、また小さくすれば良いというものでもない


ちょうど良い大きさ(太さ)がある、という事。


まさに、チューニングと呼べる領域。


面白い結果が出た!!


ウェーブボックスは以前にダブルで稼動させていた時があったので、同じ物が2つあり、そのうち一つを改造しただけなので、ウェーブボックスは改造する前の小さなボックスに戻しておいた(笑)。


これで完成です!!


 


 


[PR]

by masax7790 | 2014-04-05 10:18 | WaveBox(造波装置)作製(自作) | Comments(0)