OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
◆musashiさん ..
by masaX at 12:43
大変ご無沙汰です おめ..
by musashi at 11:31
◆ミニミニさん あ..
by masaX at 22:13
おめでとうございました。..
by ミニミニ at 20:52
◆王英さん こんにちは..
by masaX at 13:44
ほほえみの裏はギラギラだ..
by 王英 at 23:38
◆はわいさん だは..
by masaX at 15:27
最新の記事
キャスターフォークを作り直す
at 2017-10-22 18:52
8インチ キャスター
at 2017-10-16 13:20
もう一度キャスターについて考える
at 2017-10-06 00:34
今回のレースで気付いた改良点
at 2017-09-27 22:43
レース本番 優勝
at 2017-09-24 17:49
軽量化
at 2017-09-11 11:36
タイヤ交換
at 2017-09-06 08:23
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

<   2017年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


今回のレースで気付いた改良点

今年の全国車椅子マラソンは満足過ぎる結果を出す事ができた。
しかし、今回のレースで他の選手を見ながら走って少し不思議に感じた事があった。
それは、普段ほとんど他の車椅子と一緒に走る事などないので気にする事もなかったんだけど
他の車椅子と一緒に走って感じたのが、どう見ても周りの他の選手と比べて私の運動量が多い事。
運動量が多いだけじゃなくて、使ってる力も強いような気がした。
要するに無駄な力を使ってる気がした!!

結果としてはシニアで優勝できたけれども、走るために使ったエネルギーは他の選手の倍ほどのエネルギーを使いながら走っているように感じていた。もっと簡単に言うと、人より1割速く走るために人の2倍のエネルギーを使っていたように感じるし、人の1.5倍のエネルギーを使わないと人と同じスピードで走る事ができなかったように感じながら走っていた。
偶々、レースの最後まで自分のスタミナが持ったので優勝する事ができたけれども、使ったエネルギーの多くが無駄に汗に変わって消えていたように思う。
すでに公開されているYoutubeの映像なんかを見ても、どうも自分だけ運動量が大きいように見える(爆)

結局のところ、今まで改造してきた部分は決して悪い訳ではなく、しっかり良い方向へ改良できているけれども
まだまだ他の選手の車椅子と比べて根本的な性能が低いように感じたし
今回の成績は車椅子の性能ではなく、単に体力的な部分で勝負した成績のような気がしてならない(笑)

いったいこの原因は何だろう??
どこで無駄にエネルギーが使われてるんだろう?
他の選手の車椅子と何が違うんだろう?

このあたりをじっくりと考え直してみて、まず浮かんできたのはフレームの剛性。
他の選手がレースで使う車椅子の多くは「リジットタイプ」と言って折りたたむ事ができないけれども、私のマシンは「折り畳み式」。正直なところ上位のタイムを出している選手に「折り畳み式」の車椅子を使ってた選手は見当たらない(笑)
考えてみれば当たり前かもしれない。折り畳める車椅子のフレームは当然の事ながらふにゃふにゃで、「剛性」など無いに等しいし、使った力が逃げていく可能性のあるところはいくらでも有る。

それからもう一つ、これは他の選手がどうなのか全く確認できていないけど、私のマシンのホイールは「ワンタッチ着脱式」。
車に積んだりするときに便利な機能だけど、簡単に取り外しができるようにしてあるので遊びがあって、取り付けた状態で多少グラグラする部分がある。
これで力が逃げるかどうかは分からないけれども気になる部分ではある。

そしてもう一つ、これは一般車椅子の選手を見て思った事ではなくて、レーサータイプの車椅子と並んで走って感じたのが
やはりレーサータイプはよく「転がる」。何度か力を入れた後に一服しても、しばらくスピードを維持して走ってられる様だ。
私のマシンだと手を休めたら即、失速するので一服している暇が無いけど、レーサーは手を休めてもしばらくそのまま走っている。
この違いの一番大きな原因は前輪の大きさだと思うけど、後輪の性能の違いもやはり大きいような気がする。

この上記の3点についてじっくりと考えた上で来年に向けて改良していこうと思う。

思ってもみなかった好成績だったせいか、妻はあっさりしたもので
「来年も出るんやったら、もっと高性能な車椅子買ったら」
なんて景気の良い事を言うので、他の選手が乗ってる車椅子が私のマシンの3倍以上の価格なのを教えたら
「ええよ買っても、どうせあんたの金やし・・・」

おいおい
いかに安物のマシンを改造して高価なマシンと勝利するか、というところで私が楽しんでる事を
まだ妻は理解していないようだけど、これである程度の出費は免除してくれるだろう(笑)



そんな事してると、またあっという間に1年が過ぎてしまうんだろうなぁ・・・

[PR]

by masax7790 | 2017-09-27 22:43 | 車椅子 | Comments(0)

レース本番 優勝

今日、今年のレース、全国車椅子マラソンに出走してきた。

今までのトレーニング、それから車椅子の改造
それらの効果が本番でどれだけ出せるのか?というところが楽しみで走ってきたけど

結果としては

e0359523_17140664.jpg
ハーフマラソンを1時間48分49秒
一般車椅子シニア(おじい)の部で優勝できました!!
年齢関係なしの一般車椅子総合でも3位。

このレース、基本的にレース用の車椅子がメインだからだと思うけど、3ヶ所ある関門の制限タイムが非常に厳しくて、
第1関門が6.8km地点で1時間。
そして第2関門が13.3km地点で1時間20分。
第1関門は平均時速6.8km/hで走れればクリアできるのでどって事ないし、
第2関門も平均時速9.975km/hで走れればクリアできるので楽ちんとは言えないけど、
ま、どって事はない。
でも問題なのは第3関門で
第3関門は18.2km地点で1時間40分。
これは平均時速10.92km/h以上で走らないとクリアできない。
このスピードはハーフマラソンを1時間55分でゴールできるスピードですので、実のところは入賞する事以前に、私が使ってるような生活用車椅子では、まず完走する事自体が難しい大変なレースだと思って臨んだので、自分としては満足過ぎる結果を出すことができました。


頑張ってトレーニングや改造してきた甲斐があった。(結構、小遣いも使ったけどね)

また来年に向けて頑張ろう!!




[PR]

by masax7790 | 2017-09-24 17:49 | 車椅子 | Comments(4)

軽量化

ハンドリムの小径化は成功だったけれども、まずとりあえず「小径化したら走りがどうなるのか?」というところを確かめるのが第一だったので、ハンドリムの取付金物なども軽量化なども考えずにとりあえずごく簡単に作ったために必要以上にゴツい大きな金物になった。
e0359523_21035061.jpg
でも、これでハンドリムの小径化が有効だと判断できたので、取付金物もしっかり軽量化して「よそ行き」の仕上げにする事にした。

金物の余分な肉を削り落とし
e0359523_11033275.jpg
↑上が元の金物、下が贅肉を切り落とした金物

元の金物と新しい金物の重量を比較してみると

↓元の金物が
e0359523_11061524.jpg
全部で250グラムほどで
↓新しい金物が
e0359523_11065327.jpg
全部で150グラムほどだったので、およそ100グラムの軽量化になった。
たかが100グラムだけどボディーじゃなくてホイールの外周の100グラムなので、きっと効果は大きいだろうと思う。
e0359523_11104688.jpg
見た目も、少し格好良くなった気がするんだけど・・・笑





[PR]

by masax7790 | 2017-09-11 11:36 | 車椅子 | Comments(0)

タイヤ交換

現在使っているタイヤの磨耗が進んできているのと合わせて、レース本戦が近づいてきているのもあって、ここでタイヤを入れ替えてみる事にした。

タイヤを少しくらい良いのに換えたからってタイムが変わるものでは無いだろうけど、せっかくレース前に換えるなら、という事で高性能なタイヤを入れてみる事にした。

今回入れたのは「シュワルベワン」というタイヤで、車椅子のレース用でチューブラーじゃないタイヤの中ではおそらく最高級なタイヤで、普通に買ったら目ん玉が飛び出るほど高価なタイヤです。(笑)
e0359523_08075841.jpg

フォールディングタイヤと言って、ビートの部分にワイヤーじゃなくてケブラーが入ってるらしくて普通のタイヤと違って折りたたむ事ができる。
e0359523_08083641.jpg

普通に買うとおそろしく高いので、セカイモンで輸入したんだけど、普通、国内でこの車椅子用の「シュワルベワン」を買うとサイズは24-540なんだけど、イギリスから取り寄せたからか、23-540が届いた。(国内のデータではシュワルベに23-540は見当たらない)
この23-540は24-540に比べると細いサイズなんだけど、実際に車椅子にはめるて見ると確かに非常に細く見える。
e0359523_08091341.jpg
まったくトレッドがないスリックタイヤなので雨の日は滑るのかな?

タイヤは空気圧が同じなら幅が太いほうが転がり抵抗は小さくなるので、できれば太いサイズの方が良かったんだけど、これで走りがどうなるか?
e0359523_08100183.jpg
色が付いたタイヤより、真っ黒のタイヤのほうが精悍に見えて格好良いな!!

とりあえず走ってみよう。

[PR]

by masax7790 | 2017-09-06 08:23 | 車椅子 | Comments(0)

ぶっ壊れた

レースの日も近くなってきたのでトレーニングを週末だけじゃなくて毎日10キロの走り込みを始めて1週間、いきなりフレームのクロスメンバーが折れた!!
e0359523_11594251.jpg
見た目はアクティブ系の車椅子だけど、あくまでも見た目だけで、ホントにアクティブな使い方をするとすぐに壊れてしまう(笑)
ついこの間、キャスターフォークのシャフトが折れたところだし、1年少し前にはフレームにヒビ割れが入ったし、主要構造部分が私の使用法では持たないようだ。

すぐにメーカーに部品の取り寄せをお願いしたら、なんとクロスメンバーは受注生産品だとの事で、納期が3週間だとか!!
ほんじゃ、それまでトレーニングもできない事になる。
レースまで日がないのに、どうしよう・・・

仕方なしに、以前フレームにヒビ割れが入ったときにTIG溶接で修理してもらったTAYASUさんに連絡して修理可能か聞いてみた。
すると、さすがプロの金属加工屋さん、すぐに修理可能と返事をくださり、持って行けば3時間ほどあればできると言ってくださり、また日曜日でも可能だと言ってくださった。
家からは少し遠くて片道3時間半くらいの距離だけど、当日に直してもらえるなら行く価値があるので早速日曜日に車を飛ばして行ってきた。
現地に到着して折れたクロスメンバーを渡し、「作業が終わったら連絡します。おそらく1時間くらいでできると思います」と言われたので、加工所の近所のファミレスへ昼食を食べに行き、昼食を食べ終わって一息ついたところでちょうど「できました!!」と連絡が入ったのですぐに取りに行った。

家からは少し遠いけれども、わずか1時間でこの修理をやってくれるんだから素晴らしい!!

e0359523_13101873.jpg
こういうお店を知っておくと、これからも安心です。

これで またトレーニングが再開できる!
良かったぁ・・・


[PR]

by masax7790 | 2017-09-04 13:23 | 車椅子 | Comments(0)