OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
最新の記事
生物兵器
at 2018-07-14 12:56
まだ分蜂するつもりか?
at 2018-07-07 13:32
3度目の孫分蜂
at 2018-07-01 09:47
またも孫分蜂
at 2018-06-28 11:48
孫分蜂
at 2018-06-22 17:44
トレーニング用ローラー
at 2018-06-17 11:17
2018捕獲群 記録
at 2018-06-12 16:24
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

生物兵器

毎年、春の終わりが近付く頃には、前年の秋に採集してきた生物兵器(シッタカなど)が殆どいなくなって、水槽内面にコケが蔓延り始めるので例年5月の下旬から6月の上旬あたりにいつものホームグラウンド(若狭湾)に採集に行くんだけど、今年はなかなか行く機会がなくて、生物兵器が数匹になるまで放置してしまっていたら・・・
e0359523_10263917.jpg
泳いでる魚の魚種も判らない様な酷い状況に・・・笑

これ以上放置するわけにもいかないので、無理やり時間を作って生物兵器の採集に行ってきた。
e0359523_10305122.jpg
数えていないけど、200兵くらいは捕れたかな?

夜に帰って早速水槽に投入し、次の朝
e0359523_10332355.jpg
一夜のうちにここまで掃除が進んで何が泳いでるのか判断できるようになっている。
この調子だとあと3日もあればピカピカにしてくれるかな・・・?

いつ見ても、こいつらのパワーには脱帽します!!


[PR]

# by masax7790 | 2018-07-14 12:56 | Comments(0)

まだ分蜂するつもりか?

先週、3度目の孫分蜂をして一週間が経ったので、どの程度蜂数が増えたか内検してみると・・・
e0359523_13300851.jpg
蜂数は順調に増えているけれども
ちょっと待てよ
左下あたりに見えてるのは・・・?
王台じゃないの?

まだやる気か

[PR]

# by masax7790 | 2018-07-07 13:32 | 日本ミツバチ | Comments(0)

3度目の孫分蜂

今回は朝7時頃
巣箱を見に行くと、巣箱に近づくまではどちらかと言うと出入りが少ない様に見えてたけど、巣箱の近くまで行って出入りを見ていると突然、機関銃のように蜂が出てき始めた!!

まさか
前回の孫分蜂から3日目。

また孫分蜂かよ・・・

今回はわりと早く群が動き始めたので、飛んで行った方向は確認できたけど、出勤前だったので追いかける事はできず、またどこかへ消えていった(笑)

今回もまた雄蜂は一匹も見かけなかったけど、新女王は交尾できるのかなぁ・・・

[PR]

# by masax7790 | 2018-07-01 09:47 | 日本ミツバチ | Comments(0)

またも孫分蜂

今朝、起きて顔を洗いに洗面所に行く途中、巣箱の様子を見ると、いつもより少し多くの出入りが見えた。
単に活発に見えただけだったので気にせず顔を洗って洗面所から出て、ふと巣箱の方向を見ると・・・

顔を洗ってる5分ほどの間に、一変して大騒ぎになっていた。

また孫分蜂が始まったようだ!!

どこに集結しようとしてるのかしばらく見ていたけど、30分経っても行き先が決まらない様子で騒いだままだった。
今日は出掛ける予定があったので、いつまでも見ている時間が無く、仕方なしにそのまま放置して出掛けた。

2時間ほどで帰ったけど、どこにも蜂球は見当たらず、どこかへ消えていったようだ。
ま、これでまた地域に蜂群を増やす事ができたという事なので、出て行った群がどこかで駆除される事なく無事に住処を見つける事を祈っておこう・・・

e0359523_11410082.jpg
その後の内検では、先週の孫分蜂後から少し減ったかな?という感じ。
今回も雄蜂の姿は一匹も見ていないけど、孫分蜂の時って雄蜂が出ないのかな?
でも、そうだとしたら孫分蜂で出て行った姉女王は交尾できないよな・・・
どうなってるんだろう・・・?

ここに残った新妹女王も交尾できるんだろうか!

[PR]

# by masax7790 | 2018-06-28 11:48 | 日本ミツバチ | Comments(0)

孫分蜂

昨日、仕事が終わって家に帰ると
妻が「今日、いつもと違う時間に騒いでたよ」
「その後1時間ほど経ってから見てみたら、なんとなく巣門の前の蜂の数が妙に減ってた」
なんて言うから内検してみると
e0359523_17215897.jpg
ごっそりと蜂の数が少なくなってる
↓これが一週間前の様子
e0359523_15183097.jpg
孫分蜂したようだ!!昨日まで雄蜂は一匹も見なかったけど、孫分蜂だとこんなパターンがあるんだろうか?こうしてごっそりと減るんならやっぱり継ぎ箱しなくて良かったのかも知れないなぁ・・・
[PR]

# by masax7790 | 2018-06-22 17:44 | 日本ミツバチ | Comments(0)

トレーニング用ローラー

つい最近、縁があってレーサー(競技用の車椅子)に乗る練習をしている。

一般の車椅子なら、今までのように近くの道路で練習できるので、毎日の通勤をそのままトレーニングとする事もできるんだけど、レーサーとなると通勤に使う事もできないし、うまく乗れるようになれば一般道路でも走れるかもしれないけど、そのままコンビニすら入る事もできないので正直なところ一般の道路で練習する事はできないと考えた方が良さそうだ。

じゃぁ、一般道路で練習できないならどこで練習するの・・・?
って事になるんだけど、私が今、練習に使っているのは近く(あんまり近くないけど)の陸上競技場のトラックで、実際の競技の予定が入っていない日(要するに誰も使わない空いてる日)なら非常に安い使用料でトラックを使わせてもらえる。
私は基本的に休日が平日なので、殆どの場合、陸上競技場が空いている。

ただし、使い易い競技場はあんまり近くになくて(車で約1時間)、近い競技場(車で10分)は駐車代が高かったり、駐車場からレーサーを競技場に入れるのがやり難かったり非常に使い難いので、どうしても休日にしか練習できないのが現状。

やり始める前は普段から一般車椅子で練習してるので、そんなに練習の事を心配する必要はないだろうと気軽に考えてたんだけど、いざレーサーに乗ってみると漕ぎ方が全く違って、しっかり1から漕ぎ方を練習しないと全く走ってくれない!!
よくトップレーサーの自伝なんかを見ると、はじめてレーサーに乗ったときのスピードに魅了されて本気でレーサーに乗る事を決意したというような事を書いてあるのを見るけど、私の場合は「レーサーって、見かけによらず走らないんだ」って、他の人とまったく逆の感想だった・・・笑

こうなると、休日だけじゃなくて普段から、特に「漕ぐ練習」をみっちりとやらないとレーサーなのに一般車椅子より遅いという恥ずかしい事になりそうなので、家でトレーニングできるようにトレーニングマシン(ローラー台)を買おうか?と調べてみると、やはり予想通り、びっくりするほど高い!!(一番安いので11万円)
自転車用だと、3~4万円も出せば良いのが手に入るけど、やはり車椅子の世界は違う・・・笑

こうなってくると私が考えるのは・・・

自作

材料をモノタロウで調べてみるとベルトコンベア用のローラーが使えそうなので、まぁまぁ1.5万円くらいでできるかな・・・?

漕ぎ方の基本になる「キャッチ」の瞬間を体に覚え込ませたいだけだから、乗ってタイヤが回せれば良いだけで性能云々は期待しなくて良いはずだし(空回りだと練習にならない気がするけど)
とりあえず作ってみる事にする。
自転車用だと結構自作されてるサイトを見るので、まぁまぁ使えるものが作れるんだろう、なんて考えながら作ってみた。

作る前は「軽過ぎてトレーニングにならないかも?」なんて考えてたけど、意外に結構抵抗がある。ただし、実際に走ってるときの様な慣性が出せないので、手を離すとすぐに回転が止まる。
実際に走るのとはちょっと感覚が違うけどトレーニングにはなりそうな気がするのと、グローブを作っていくに当たっての微調整をするのに、走っていて気になるところが見つかれば家に帰って改良し、また次に走りに行ったときに良くなったかどうかを確認して、という繰り返しだったので、週に一度しか走りに行けないと一箇所改良するのに一週間掛かってしまう事になり、グローブを合わせるのに非常に時間が掛かったんだけど、自宅にローラーが有れば、改良してすぐに確認できるのでグローブを合わせる時間が飛躍的に短縮できる!!

実際に走ってるつもりで漕いでみると、3kmほどの距離で13分ほどだったので、一般車椅子を漕いでるのと同じような感覚なのかな?
これだと良い感じのトレーニングになりそうだ。

ただ、転がした時の音がかなり大きい(騒音と呼べるレベル)・・・笑



[PR]

# by masax7790 | 2018-06-17 11:17 | 車椅子 | Comments(0)

2018捕獲群 記録

4月14日捕獲

4月21日
e0359523_21560870.jpg
5月13日
e0359523_17312435.jpg
5月22日
e0359523_17164899.jpg
6月2日
e0359523_09120245.jpg
6月15日(1段継箱追加で4段)
e0359523_15183097.jpg
6月22日(1度目の孫分蜂後)
e0359523_17215897.jpg
6月28日(2度目の孫分蜂後)
e0359523_11410082.jpg
7月3日(3度目の孫分蜂後)
e0359523_08070806.jpg
7月7日(順調に増えてるけど左下に王台が見える)
e0359523_13300851.jpg
7月12日(もう一度分蜂しそうだったけどしていない)
e0359523_13274553.jpg

[PR]

# by masax7790 | 2018-06-12 16:24 | 日本ミツバチ | Comments(0)

継ぎ箱って、どんどんするべきなのか?

自宅群の蜂数がどんどん増えてきて、ベースの上に3段乗せている重箱の3段目まで巣板も伸びて来ている様だ。

このままだとすぐにスペースが足りなくなるので、下に1段継ぎ箱をするのが普通なんだけど・・・
この頃なんとなく
「巣が大きくなってきたら継ぎ箱をするのが正しい方法なんだろうか・・・?」
なんて疑問をもっている。

なぜか?

まず一番に思うのが、自然界では蜂数が増えたり、巣板が大きくなったりしても、だからと言ってスペースが大きくなってくれる事は決してないし、蜂達が自分たちでスペースを広げる事もできない!!
もし、もっと大きなスペースが必要だったのなら、探索蜂がもっと大きなスペースを探してきたはずだし、この巣箱を選んで飛来したという事は元々この巣箱のスペースで十分にやっていけると蜂達は判断したはず。
逆に、蜂達にとっては、この巣箱の最初のスペース一杯の巣になるのが理想なんじゃなかろうか・・・?


残りのスペースが小さくなってきたからと言って飼い主である人間が、どんどん箱を追加してスペースを作ってやるのが本当に良い事なんだろうか・・・?
もし、この巣箱の中で働いている巣作りをする働き蜂が私だったらどう思うだろう?
たぶん
「もう少しで完成やったのに、またスペースができてやがる!!」
「もうそろそろ終わりかと思ったのに、まだまだ働かなあかんやんけ・・・怒」
働いても働いても仕事が終わらない。

また巣番をしている働き蜂だったら・・・
「もうこんな広いスペース、1日で見回れへん」
「スムシが入ってきても知らんぞぉ」

女王蜂だったら・・・
「あんたら、私にいくら卵産ませたら気が済むのぉ」

その他いろいろ・・・

なんとなく、こんな感じで、スペースを大きくしてやれば、それだけ大きな巣になるだろうけど、自分たちで大きな巣を管理しきれなくなって、最終的には大きなスキができる事でスムシなんかにやられてしまうんじゃなかろうか?
そのあたりを考えると、巣板が元の巣箱一杯になった時点で完成としてやるのが健康な群に育てるには一番良いんじゃなかろうか・・・?

そんな事をこの頃考えている。

[PR]

# by masax7790 | 2018-06-03 12:21 | 日本ミツバチ | Comments(0)

爆増中

やはり近所の蜂群が減ったんだろうか・・・?
持って帰ってくる花粉の量が非常に多いように感じるし
きっとこの周辺の蜜源を独り占めしてるんだろうな・・・笑

e0359523_09120245.jpg
蜂数も爆増中のようで、蜂が多くて巣板が見えなくなった。

この群をこの先の蜜源枯渇期にどう維持していくかが問題かもしれないなぁ・・・

[PR]

# by masax7790 | 2018-06-02 09:22 | 日本ミツバチ | Comments(0)

内検

日本蜜蜂を捕獲してから2度目の内検、

e0359523_17164899.jpg
新働き蜂が誕生し始めたであろう日から約週間になるけど、あまり昼間に自宅に居る機会が少なかったので、はじめて時騒ぎを確認し、内検してみた。
順調に蜂数は増えてきており、花粉を持って帰る働き蜂の数も非常に多い。
e0359523_17312435.jpg
↑9日ほど前の状態がこれ

今まで飼ってきた群と比べても、持ち帰る花粉の量が明らかに多いのは、ひょっとして周辺の自然群の数が減った事で、蜜源を独り占めにできてるんだろうか?

そのあたりはよく分からないけど、これからの群の成長を見ていく事にしよう。


それからあと、この群にアカリンダニ対策のためのメントールを処方するべきなのかどうかを検討している。

普通に考えればアカリンダニが世間に蔓延してる訳だから、そのアカリンダニを抑えるためにメントールを処方するのが正解なんだろうけど、もしこの群がこの地域でアカリンダニの襲撃に対して生き残った(耐性を持った)群だったとすればもうメントールの必要はないだろうし、逆に耐性は無いけど偶然に生き残った群だったとすれば、あえてメントールを処方せずに、もしも万一アカリンダニが入ってきたときには早いうちに消滅させた方が良い。なぜなら、下手にアカリンダニに弱い群を長生きさせると、それだけ地域にアカリンダニに弱い群を増やす事になり、蜜蜂の進化(耐性を持つ事)にブレーキをかける事になる。
なので、あえてメントールを使わず、もし強い群ならそのまま増やして分封させて地域に強い群を増やした方が良いだろうし、逆に弱い群だとすれば早いうちに地域から消滅させて強い軍だけを残す方向で進めていったほうが良いのかもしれないというところで検討している。
地球上の生物はすべてこうして進化し、生き残ってきているので、人の手でこの蜜蜂の進化にブレーキをかけるような事をするべきだろうか?、というところ・・・

また、この群がアカリンダニの耐性を持った群なのかどうかの確認も必要だろうし、あえて使わないでおこうかな・・・?

シーズン前に、メントールを処方できる様に巣箱を改良してたんだけど、もうしばらくゆっくり考える事にしよう。

[PR]

# by masax7790 | 2018-05-22 13:49 | 日本ミツバチ | Comments(0)