OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
◆赤穂さん あけまして..
by masaX at 09:11
新年あけましておめでとう..
by 赤穂浪士 at 00:51
◆通りすがりさん こん..
by masaX at 16:10
FreeWeelってご存..
by 通りすがり at 22:29
◆デトリタスさん ..
by masaX at 09:58
こんばんは!こちらは。。..
by デトリタス at 23:42
◆デトリタスさん ..
by masaX at 13:29
最新の記事
新年の挨拶
at 2019-01-05 17:48
スポークホイールに戻してみる
at 2019-01-02 16:10
2018捕獲群 記録
at 2019-01-01 16:24
ヒラメ ポンプヘッド
at 2018-12-22 19:42
内検
at 2018-11-29 17:40
改造完了
at 2018-10-23 10:15
レーサー、改造
at 2018-10-07 13:35
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

新年の挨拶

新年あけましておめでとうございます。

と、皆様に挨拶するのと共に
e0359523_17391644.jpg
我が家の日本蜜蜂達にも挨拶しておこう

元の巣板がそんなに大きくなかったからか?、そんなにたくさんの巣かじりを行っていない様子で、底板に薄くかじった粉が落ちていただけだったけど、蜂数はしっかりしていて、綺麗に真ん丸にまとまっていて、まずまず冬越しの心配は要らない感じ。

本年もどうぞよろしくお願いします。




# by masax7790 | 2019-01-05 17:48 | 日本ミツバチ | Comments(2)

スポークホイールに戻してみる

レーサーのホイールをカーボンディスクホイールに取り換える少し前から右肘を痛め始めていて、症状から考えると恐らく俗に言う「野球ひじ」。
決して野球をした訳では無いけど、漕ぎ方が悪いのか?あるいはトレーニング過剰か?
どちらにしても全力で漕げなくなってスピードが出せなくなっていた。

カーボンディスクホイールに取り換える前に肘を痛めてしまったので、カーボンディスクホイールが良く走るのかどうか確認できないままに時が過ぎてしまったんだけど、もう肘を痛め始めた頃から一ケ月ほどになって、痛みがだいぶんマシになってきて全力とは言えないまでも、かなり力を入れる事ができるようになってきたんだけど、どうも走らなくて、肘を痛める前のスピードが出せない。

まさかとは思うけど、スポークホイールの方が走るんじゃ無かろうな?

実はホイール自体の重さでは、スポークホイールの方が片側で400グラムほど軽い。
e0359523_15515927.jpg
e0359523_15541764.jpg


e0359523_15543730.jpg
e0359523_15544808.jpg
でも聞いた話では、スポークの空気抵抗が大きいので、実際に走らせると空気抵抗が小さくなるカーボンディスクホイールの方が速いと聞いてたのと、実際のレースでスポークホイールを使う選手がほとんど存在しないので、それを信じて疑う事は無かったんだけど、それを確信に変えるために、実走では無いけどスポークホイールに戻してみてトレーニング用ローラーで漕いでみたところ、なぜかスポークホイールの方が良く転がってくれる。
ローラーでも実走でもスポークの空気抵抗は変わらないはずだ・・・

これは実走で確かめずにいられないので、もう一度スポークホイールに戻してみる事にしよう。

その前に、古いホイールでかなりの「振れ」が出てしまっているので、スポークの張りを調整して「振れ取り」をしておこう!!
e0359523_15563984.jpg





# by masax7790 | 2019-01-02 16:10 | 車椅子 | Comments(0)

2018捕獲群 記録

4月14日捕獲

4月21日
e0359523_21560870.jpg
5月13日
e0359523_17312435.jpg
5月22日
e0359523_17164899.jpg
6月2日
e0359523_09120245.jpg
6月15日(1段継箱追加で4段)
e0359523_15183097.jpg
6月22日(1度目の孫分蜂後)
e0359523_17215897.jpg
6月28日(2度目の孫分蜂後)
e0359523_11410082.jpg
7月3日(3度目の孫分蜂後)
e0359523_08070806.jpg
7月7日(順調に増えてるけど左下に王台が見える)
e0359523_13300851.jpg
7月12日(もう一度分蜂しそうだったけどしていない)
e0359523_13274553.jpg
7月19日
e0359523_23303257.jpg
7月26日
e0359523_13511579.jpg
8月3日(順調に増えてきている、交尾は成功した様だ)
e0359523_19500420.jpg
8月14日(蜂数が減っている、孫分蜂したんだろうか?)
e0359523_10074591.jpg
9月14日蜂は増えてきたけど、少し気が荒かった
e0359523_21040445.jpg
11月29日 しっかりした蜂数で綺麗にまとまっている
e0359523_15362807.jpg
1月5日 非常に良い状態
e0359523_17391644.jpg


# by masax7790 | 2019-01-01 16:24 | 日本ミツバチ | Comments(0)

ヒラメ ポンプヘッド

つい最近まで練習で使っていたレーサーのホイールは一般的な自転車のようなスポークホイールだったんだけど、新しくオーダーしたレーサーのホイールはカーボンディスクホイールで注文したので、レーサーが出来上がる予定は来年の5月頃なんだけど、ホイールだけ先に受け取らせてもらえる事になり、入手する事ができて、練習用のレーサーのホイールをカーボンディスクホイールに取り替える事ができた。
e0359523_12222370.jpg
古いタイプのレーサーなんだけど、少しは今風になったかな(笑)ただ、このカーボンディスクホイール、格好は良いけど少し問題があって、それは空気入れの問題で、
e0359523_12282859.jpg
空気を入れるバルブのところがこんな風にディスクに穴が開けてあるんだけど、普通の空気入れだとこの穴が狭くてバルブにポンプヘッドを挿す事ができなくて空気を入れる事ができない。
そのせいか?このホイールが届いたときに付属品として空気を入れるためのアダプターが入っていた。
e0359523_12243200.jpg
これは助かる!!
と思って早速空気を入れてみたんだけど、このアダプターにはロックする機能は付いていなくて、おそらく内部の空気圧によってパッキンが膨れる力でも利用してるんだろうと思うけど、バルブに差し込むだけで空気を入れられるようになっている。
これは手軽で良い!!
なんて思ったんだけど、何度か空気を入れてると少しアダプターが動いただけでシュ~と空気が抜けるようになったり、プシュッと抜けて飛んでしまったりで、どうも手で押さえながら空気を入れないと上手く空気が入らない場合が多い。
当然片手で押さえながら空気を入れるとポンプを押すのが片手になるので高い空気圧まで入れる事ができないので、結局のところバルブが抜けない事を祈りながらアダプターからは手を離し両手でポンプを押す事になる。
確立で言うと、3回に1回は抜けて飛ぶので、こんな事ではそのうちイライラしてきて練習前の大事なタイミングに精神的に良くない(笑)

そんなところで、有る事は知ってたけど、ポンプより高い商品だったので買う事は考えていなかったポンプヘッドを取り寄せた。
e0359523_12252431.jpg
その名も「ヒラメ」
自転車界なんかではかなり有名な品物で「名品」らしい。
たかがポンプヘッドだけど、作りを見ると確かに名品の風格を漂わせている製品だ。

普通は使ってるポンプ(空気入れ)のホースを切って元のポンプヘッドを取り外して、このヒラメに付け替えて使う様だけど、それだと仏式のバルブしか使えなくて、生活用の車いすに空気を入れる事ができなくなるので、ここはあえてポンプヘッドを取り替えるのではなくて、このヒラメをアダプターとして使えないかやってみる。

まずは何の加工もせずにヒラメを今までのポンプヘッドに食い付かせる事ができないか?
このヒラメの吸入側の菅の太さは7ミリほどなので、米式バルブだと思えば使えるはずと思って試しにやってみたけど、トピークのポンプヘッドもパナレーサーのワンタッチポンプヘッドもどちらもスカスカで噛み付いてくれない

そこで6mmのホースジョイントとトピーク用の交換用ホースを取り寄せた。

このホースとジョイントをヒラメにホースバンドで絞めつけて
e0359523_18391827.jpg
完成したのが、ディスクホイール用のアダプター。実際に空気を入れてみると、当たり前だけど普通に空気が入れられる。
こんな使い方はいろんなサイトを検索した中からは出てこなかったけど、この使い方も「アリ」なんじゃない!!
e0359523_19405479.jpg
e0359523_19405466.jpg
これでカーボンディスクホイールにもストレスなく空気を入れる事ができるようになった!!


# by masax7790 | 2018-12-22 19:42 | 車椅子 | Comments(0)

内検

e0359523_15362807.jpg
前回の内検が9月14日だったので、かなり久しぶりの内検になる。
まだ巣かじりは始まっていない様子だけれども、結構な蜂数を維持していて巣板がほとんど見えない。
これだとまず越冬を心配する必要はないだろう。

今シーズンは捕獲前からアカリンダニの防御のためのメントールを準備していて、巣箱もメントールをセットできるように改造しておいたけれども、アカリンダニに対する耐性を確認するために、今回の群にはあえてメントールを使用せずに様子を観てきた。最終的にアカリンダニに侵される事は無かったようで、結局メントールも使用しなかった。
途中で気が変わって、もしアカリンダニが出てもアカリンダニが出て崩壊するような群なら滅びた方が良いし、アカリンダニに負けない群だけが生き残るべきだと考えが変わって、人為的にアカリンダニをやっつけるような手法を使うのは自然の蜂群を弱体化させる事になり決して良い事ではないと考えたので、どちらにしてもメントールは使わないつもりだったけど。

この群から最低でも3群は孫分蜂で出て行ったので、その出て行った群が近所で無事に生存できていれば、また近所の蜂郡数が増えた事になる。しかもアカリンダニに強い群が!!

来シーズンはまた以前の様に、たくさんの群が捕獲できるかもしれないし、そうなる事を祈っておこう!!


# by masax7790 | 2018-11-29 17:40 | 日本ミツバチ | Comments(0)

改造完了

先週に福井県の溶接屋さんに預けていたレーサーを取りに行ってきた。

このレーサーを持って行ったときに溶接屋さんに聞かれたのが
「これ、アルミじゃない様に見えるけど・・・」
「チタンじゃない?」
確かにアルミの様に白っぽくなくて、少し黄色っぽい気はしていたけど
チタンだとしたら超高級品だろうし、そんな物を
「好きに改造していいから」
なんて気軽に貸してもらえるとは思わなかったので
疑う事なくアルミだと思ってたけど
やっぱりチタンだったらしい・・・

それなら超高級品じゃん!!

チタンでも問題なく改造できると聞いてたから心配はしていなかったけど
しっかりと仕上がっていた。
e0359523_10150719.jpg
取りに行った工場で試しに乗ってみると、当然の事なのですが、普通にまっすぐ座ろうとしても、お尻が入るところの幅が狭くなってるのでお尻が入らなくて、腰を斜めに傾けながら無理やり力ずくで押し込む感じになる。
お尻を押し込むのは結構大変だけど、押し込んでさえしまえばフィット感がある。

持って帰って、すぐにローラーで漕いでみたけど
腕の付け根がフェンダーに当たる事もなくなって、なんとも気持ち良く漕ぐ事ができるようになった!!

さて、これで実際に走るとどうなのか・・・?


# by masax7790 | 2018-10-23 10:15 | 車椅子 | Comments(3)

レーサー、改造

今年の5月から、縁があって本格的な陸上競技用の車いすでのトレーニングもやっている。
この陸上競技専用の車椅子を「レーサー」と呼ぶんだけど、今乗ってるレーサーは先輩に借りているもので
たぶん25年以上前に製造されたレーサーのようで、最近見るレーサーとは少し形も違う。
ただ、基本的な部分である直径が700ミリ程度の大きな駆動輪(後輪)が2つと、直径が500ミリ程度の前輪が1つ付いた3輪である事は変わりない。

e0359523_14420996.jpg

ただ、座る部分(ゲージと呼ぶらしい)の上横に付いてる左右のフェンダーの間隔が少し広過ぎて、駆動輪を下まで漕いだ時に上腕の内側がフェンダーに当たってしまい、完全に下まで漕ぐ事がやり辛く、どうしても全力で漕ぐ事ができない為、それだけスピードも出せない。
理想としてはフェンダーがちょうど脇の下に入るくらいの間隔だと完全に下まで漕ぐ事ができるので、それだけスピードも出す事ができるはず。
e0359523_13253665.jpg
実は、もう既に自分の体に合わせてオーダーメイドのレーサーをメーカーに注文したんだけど、2020年に行われる予定の東京パラリンピックへの影響で、メーカーに車いすの注文が殺到しているらしくて、普通なら注文してから3~4ヶ月で作れるはずのレーサーが、今だと、ほぼ1年掛かるんだとか。もし来年のレースで走るとすればオーダーした新しいレーサーは完成が間に合わない。
そうなると、来年のレースでしっかり走りたければ、今借りている古いレーサーを自分の体に合わせて加工するしかない。

でも、ゲージの幅などはオーダーで作ってもらう時に指定して作ってもらうもので、完成したものは溶接で固まっていて、基本的には後で調整する事はできなくて、どうしても調整したい場合は、ゲージの骨格を切断して組みなおす(溶接し直す)しかない。
新しいレーサーを注文したメーカー(OX)では、買った後での改造も受けてくれるので、この古いレーサーのメーカー(NICK)に問い合わせてみたところ、あっさりと
「改造する事はできません」
と・・・(このメーカーはやってくれないらしい)
なるほど、メーカーによってこのあたりの姿勢は違うんだ!!

でも、フレームの組み方をじっくり見ると、切断と溶接さえできれば、そんなに難しい作業ではないはずだし、もし自分でTIG溶接ができたなら、間違いなく自分で組み換える事をやってたはず。
でも、悲しいかなTIG溶接の技術も道具も持ち合わせていないし、金属加工の専門家に相談してみる事にした。

相談したのは、福井県の金属加工屋さん
ここは、以前にもフレームに亀裂が走ったのを溶接で直してもらったり、レース本番前にクロスメンバーが折れたのを直してもらったりした事があったので、腕は信用している。
そこで、なるべく分かり易いように画像などを送って相談してみたところ、快くやってくれるとの事。

このレーサーは借り物なんだけど、「好きに改造して構わないから」と言われてたので、遠慮なく改造する事にした。


予定では今週にその工場に持ち込んで、来週に引き取りに行く予定。

費用は結構掛かるけど、速く走るために惜しむ訳にはいかないところだし・・・


# by masax7790 | 2018-10-07 13:35 | 車椅子 | Comments(0)

ほぼ完全放置

ここ数ヶ月の間、ほぼ全ての空き時間をトレーニングに費やしてきたので、水槽に関しては、ほぼ完全放置の状態だった。

添加剤の添加から炭素源の添加、スキマーなどの機材の手入れ、掃除などは全く手を付けず
換水でさえ、普通なら4週間に一度のペースだったのが、2ヶ月に一度くらいのペースになってしまってた・・・笑

そこまで放置すると、踏んでも死なないサンゴ達でも流石にくたびれてくる。
丈夫なウスコモンでさえ、グリーンだったのがほぼベージュに色落ちし、その他のサンゴもほぼ成長していなかった。


ま、でも車いすマラソンも中止になって少し時間が取れるようになったので、久しぶりに換水をやっておいたのと
スキマーの掃除をしておいた。
そして、炭素源の添加とヨウ素、ストロンチウムの添加は再開していく事にする。


# by masax7790 | 2018-10-06 14:05 | Comments(4)

マラソン中止、残念

台風24号の接近によって、今年の全国車椅子マラソンが中止になった。
昨年のレースが終わってから、このレースのために1年間トレーニングを重ねてきて
自分で目標としていた良い状態に仕上がってきていたので、すごく楽しみにしてたんだけど、残念!!

ま、でもこれでまた1年間トレーニングできる期間が増えたという考え方をすれば良いのかもしれないし
どうせなら、これからの1年で、今のパワーを衰退させずに、より強いパワーを付ける事ができるものなのか?
歳をとってもトレーニングすればパワーアップできるものなのか、そのあたりを自分の体で実験してみるこれからの1年にする事にしよう!!


それにしても、台風や大雨がくると、こんな事になる上に、仕事も大変になるし
台風も雨もやっぱり大嫌いだわ!!


# by masax7790 | 2018-09-28 17:58 | 車椅子 | Comments(0)

少し軽量化

車いすでレースを始めて3年ほどになるのかな?
ホント、ありとあらゆるところを改造してきたので、もう殆ど元の姿を残していない。

特に大きく改造してきたのがキャスター(前輪)まわりだけど、外径も太さも材質も違うたくさんのキャスターを試してきたので、いろんなサイズのキャスターに対応できるようにホルダーなどの金物を調整できる形で作ってきたんだけど、ここにきてようやく使うべきキャスターのサイズも決まってきたので、もう広い範囲で調整できる必要もないので、サイズが決まった事で無駄になる調整機能を取り除いて構造をシンプルにし、軽量化してみた。

軽量化前のマシン↓

e0359523_19331177.jpg
これを軽量化して↓
e0359523_23112806.jpg
外した部材がこちら↓
e0359523_23122083.jpg
代わりに取り付けた部材がこれ↓
e0359523_23121366.jpg
新しく取り付けたパーツと取り除いたパーツの重量差は、およそ100グラム。
100グラムの軽量化ができた。(100グラム程度の軽量化でタイムが変わる訳じゃないけどね・・・笑)


# by masax7790 | 2018-08-19 23:15 | 車椅子 | Comments(0)