OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
最新の記事
最速と言われたタイヤ
at 2018-04-17 16:59
一群捕獲
at 2018-04-15 07:57
パナレーサー RaceA E..
at 2018-04-06 19:24
決戦用タイヤ
at 2018-04-03 23:39
分蜂シーズン
at 2018-03-29 19:17
キャンバーを戻す
at 2018-03-27 22:05
サイドスリップテスター
at 2018-03-25 14:34
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

小径ハンドリムに換えて良かった事

そもそもハンドリムを小径化したのは、ギヤ比を上げる事で平坦地や下り坂のあまりトルクを必要としないコースで、できるだけスピードを上げる事ができるようにしたもので、パラリンピックなどに出る本格的なレーサータイプだとはじめから当たり前になっている。

私の車椅子はレーサーではなくて一般生活用の車椅子だけれども、ハンドリムを小径化することで目的通りに平坦地や下り坂では以前よりもスピードが出せるようになった。
ただ、ギヤ比が高くなったので、当然ながらトルクを必要とする上り坂ではそれだけ大きな力が必要となるので良い事ばかりではない。
ま、でも私の目的は、とにかく速く走らせる事なのでハンドリムの小径化による目的は十分に果たせている。

そして、このハンドリムの小径化には、改造する時にはまったく気付かなかった事だけれども、実際に改造していろんなところを走り始めて気付いた非常に大きなメリットがあった。
それは下り坂などでのブレーキの時に、ハンドリムが小さくて邪魔にならないので、手のひらでハンドリムではなくてホイールのリムを直接押さえてブレーキを掛ける事ができるようになった事。(普通のハンドリムだとハンドリムが邪魔になるので、リムを直接押さえる事ができない)
これは、非常に便利な事で、ハンドリムが滑らないようにゴムコーティングをしているような車椅子だと、スピードが出ていて、しかも大きな力が必要な下り坂などだと以前のようにハンドリムを押さえてブレーキを掛けると大きな摩擦で、ハンドリムのゴムコーティングもグローブのゴムもすぐに磨耗するし、グローブを付けない素手だとそれこそ摩擦熱で火傷になったり手の皮が剥けたり大変な事になるんですが、ホイールのリムを直接押さえる事ができると適度に滑ってくれるのでグローブのゴムも殆ど磨耗しないし、ハンドリムのゴムは触れないので当然磨耗しない。また、ブレーキの効かせ具合も非常に滑らかなにできる上に、素手でもあまり熱くならないので火傷する事もない。
それからもう一つ、道路の水溜りなんかの上を通った時、ノーマルのハンドリムだとタイヤだけではなくてハンドリムまで塗れてしまう場合が多くて、水溜りを通った後、手が滑ってしまう事が多かったけど、ハンドリムを小径化する事で水溜りを通ってもハンドリムが濡れる事がほぼ無くなったので、あまり水溜りを気にせず走れるようになった。

ハンドリムを小径化するとスピードは出せるけど、その他は不便な事が多くなるだろう?、と予想してたけど
急な上り坂で強い力が必要になる他は、意外に便利な事が多かった。
こんな事なら、レース用じゃない生活用の車椅子でもハンドリムを小径化した方が便利なんじゃないかな?、なんて思う今日この頃です。


[PR]

by masax7790 | 2018-03-03 10:22 | 車椅子 | Comments(0)
<< スナップ漕法 フレーム補強後 >>