OceanBlue


リーフタンクでクイーンエンゼルのペアリング
by masaX
最新のコメント
最新の記事
内検
at 2018-05-22 13:49
これからのサンゴ飼育
at 2018-05-18 14:28
西洋蜜蜂捕獲
at 2018-05-12 13:40
最速タイヤでタイムアタック
at 2018-04-26 11:58
第一群内検
at 2018-04-21 14:12
最速と言われたタイヤ
at 2018-04-17 16:59
一群捕獲
at 2018-04-15 07:57
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
検索
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2000年 01月

西洋蜜蜂捕獲

今シーズンは早い時期に一群捕獲できた後、すぐに一度だけ熱そうな探索蜂が来ていたものの捕獲はできず、その後、全く探索蜂を見かけなくなっており、1群捕獲はできたものの、やはり日本蜜蜂の自然群の群数はかなり減ってるんだな、と感じていたところですが

昨日、丹波へ田んぼの代掻きに行って夕方まだ明るい時間に家に帰ったところ、待ち箱に多くの探索蜂が出入りしている。


しかし、ぱっと見で色が違う・・・

どう見ても西洋蜜蜂だ!!
どうして住宅地で西洋蜜蜂の分蜂群が飛んでくるだろう?
そう言えば、昨年も日本蜜蜂の分蜂シーズン終了の頃に西洋蜜蜂の熱い探索が来て捕獲には失敗したんだけど、こんな住宅街に西洋蜜蜂の自然群が生息してるんだろうか?
もしかして住宅街でオオスズメバチもそんなに多く生息している訳ではないので、西洋蜜蜂が自然に生息できる環境なんだろうか?

また、西洋蜜蜂はキンリョウヘンに反応しないはずだけど、2年続けてどうやってこの巣箱を見付けてきたのか?
やはり探索蜂は新しい住処を探すために、匂いをアテにするんじゃなくて、あたり一面しらみ潰しに探し回って見つけて来るんだろうか?
日本蜜蜂でも一度試しに、キンリョウヘンやルアーを使わずに、巣箱だけでどの程度の確立で捕獲できるのか試してみたくなってきた!

そんな事を考えながら翌朝、巣箱を見ると早い時間帯からたくさんの探索蜂がきており
まさか、来るんじゃ無かろうな?
なんて思いながら仕事に出たんだけど、11時頃に妻から連絡が入り
「えらいこっちゃ、やっぱり来たでぇ・・・」
「とんでもない数や」
「日本蜜蜂の2倍はいると思うし、結構いつまでも飛び回ってて、今まで日本蜜蜂は高いところを飛び回るので分蜂群が来るのを通行人に気付かれた事は無かったけど、今回の(西洋蜜蜂)は低いところまで飛び回るから通行人も気付いてるわ」
「これは厄介かもよ!!」

てな事で、西洋蜜蜂を捕獲してしまった・・・(画像はないけど)

住宅街で洋蜂をやる訳にもいかないし、とりあえず夜に丹波へ持って行く事にして
これからどうするかは、ゆっくり考える事にしよう・・・笑




[PR]

by masax7790 | 2018-05-12 13:40 | 日本ミツバチ | Comments(4)
Commented by 王英 at 2018-05-13 16:41 x
>住宅街で洋蜂をやる訳にもいかないし

そんなにニホンミツバチと習性が違うのですか?
Commented by masaX at 2018-05-14 09:26 x
◆王英さん
こんにちは

まだ西洋蜜蜂を飼った事はないので詳しくは分かりませんが、よく言われてるのが、日本蜜蜂より「気が荒い」という事で人を刺す可能性が高いという事。
それと、今回私は直接見る事ができなかったのですが、分蜂群が飛来するのを見ていた妻の話では、日本蜜蜂の3倍くらいの数が飛んできて、飛び回る範囲もかなり広かったのと、かなり低いところまで飛び回ってた事。それから日本蜜蜂なら飛んで来はじめてから巣箱に入ってしまうのに15分から20分ほどの短時間で騒ぎは終わるのと高いところを飛び回るので、今まで通行人が分蜂群の飛来に気付かれた事は無かったのですが、今回の西洋は飛んで来はじめてから落ち着くのに1時間以上かかったと言ってました。
そんな事から、たくさんの蜂が低いところを長い時間飛び回ると、近所から苦情が出る可能性が非常に高くなるだろうし、下手をすると近所から役所などに通報される(飼ってる事を知らずに駆除の依頼で)可能性も高い気がしますので、住宅地で飼うのはかなり注意して飼う必要がありそうです。(分蜂を完全にコントロールする飼い方ができないとダメ)
Commented by 王英 at 2018-05-14 12:44 x
なるほどー
素人的には大して見た目も変わらないのに…
集蜜能力が高いってのは聞いたことありましたが、それ故のアクティブさが裏目にでちゃう感じなんですね。
畑?の方で上手く言ったらいいですね!
Commented by masaX at 2018-05-14 13:14 x
◆王英さん

>それ故のアクティブさが

そうなんですよ、とにかくパワフルな感じです・・・笑

とりあえず、日本の自然環境で生息できるのかどうかを確認したいので、畑に置いて完全放置でどうなるのかを見てみたいと思います。(2年続けて来たので、自然に生息しているのか、それとも分蜂をコントロールできない素人が近所で飼ってるのか?、そこを確認したいので)
<< これからのサンゴ飼育 最速タイヤでタイムアタック >>